18件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

高畠町議会 2017-09-05 2017-09-05 平成29年第502回定例会第1号 本文

これによります補正額は7,544万8,000円の追加となり、累計予算総額を31億6,385万4,000円とするものでございます。  初めに、歳入について申し上げます。  第3款国庫支出金第1項国庫負担金から1,229万1,000円の減額。  第4款第1項療養給付費等交付金から9,870万8,000円の減額。  第5款第1項前期高齢者交付金に2,853万4,000円の追加。  

高畠町議会 2014-12-16 2014-12-16 平成26年第485回定例会第3号 本文

本案は、現在工事を進めております高畠中学校の利便性のさらなる向上及び来年度予定のグラウンド工事の効率化を図るため、非常用電源設備、校内情報設備、グラウンド用電源配管工事などの一部変更を実施することとし、544万3,200円の増額の契約変更を行うため提案されたものであります。  次に、議第93号 高畠町立高畠中学校(仮称)校舎棟建設工事(機械設備工事請負契約の一部変更について申し上げます。  

山形市議会 2010-09-10 平成22年産業文教委員会( 9月10日 産業文教分科会・決算)

金額的なピークは19年度で,544万5,800円の交付となっており,20・21年度は減ってきている。なお,戸別所補償制度との関連については,時間的に見ても考えにくいのではないかと思う。 ○委員   認定農業者を中心とした担い手への利用集積により,貸し付けが増えていると思っていたが,ピーク時と比べ減っている理由をどのように分析しているのか。

山形市議会 2009-09-15 平成21年厚生委員会( 9月15日 厚生分科会・予算)

子育て推進部長   現在の定員数は2,944人であるが,今年度2園を整備しているので来年の4月には3,184人,平成22年度に3園整備するとすれば3,544人となる。なお,就学前児童数の36%を見るとなると約4,400人になり,約900人が不足になる。不足する分については,施設整備だけでなく幼稚園の2歳児受入の拡大とか,ソフト面を考えて対応していきたい。

高畠町議会 2002-09-05 2002-09-05 平成14年第402回定例会第1号 本文

これによりまして、補正額は 4,093万 3,000円の追加となり、当初予算からの累積予算総額は21億 4,544万 1,000円となるものでございます。  初めに、歳入の内容についてご説明申し上げます。  第7款繰入金第2項基金繰入金を 7,594万 8,000円の減額計上でございます。  第8款繰越金第1項繰越金に1億 1,688万 1,000円の追加計上でございます。  

高畠町議会 2000-09-05 2000-09-05 平成12年第384回定例会第1号 本文

実質収支に関する調書については各会計事項別明細書の次のページ、財産に関する調書544ページ以降となっております。決算審査意見書、主要施策の成果に関する調書は別冊になっております。なお、公立高畠病院特別会計決算書につきましても別冊になっておりますので、それぞれ説明の際ごらんになっていただきたいと存じます。  

高畠町議会 1999-07-09 1999-07-09 平成11年第376回臨時会 本文

店舗ほか231.84平方メートルを 4,939万 7,135円でそれぞれ山形おきたま農業協同組合から、高畠町大字安久津字鷺ノ森2069番1ほか2筆の土地 3055.39平方メートルを 1,993万 731円で武田広治から、高畠町大字安久津字鷺ノ森2067番2の土地 41.28平方メートルを26万 9,269円で武田銀之助から、高畠町大字安久津字鷺ノ森2082番1の土地928.54平方メートルを 1,544

高畠町議会 1999-03-03 1999-03-03 平成11年第373回定例会第1号 本文

これによりまして補正額は 2,448万 6,000円の追加となり、当初予算からの累計予算総額は 117億 544万 5,000円、前年同期対比 4.8%の伸びとなるものでございます。  初めに、歳入の内容についてご説明申し上げます。  第3款利子割交付金におきましては、第1項利子割交付金を74万 5,000円減額計上でございます。

山形市議会 1997-03-11 平成 9年予算委員会( 3月11日)

ですから,実際に今から皆さん田んぼに戻して下さいよと仮にお願いするものについては大体約544haぐらい,こういうふうになろうと思います。できるだけ103%というふうなことでなくて,できるだけ作ってもらうような指導も今後必要だろうと,こんなふうに思っているところでございます。 ○阿部喜之助委員長  高橋嘉一郎委員。

  • 1