30件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

天童市議会 2015-08-21 08月21日-02号

これまで3年間の補助金は約16億円で、利用者は1万1,000人、工事費は272億円で、波及効果は1.3倍の362億円、補助金に対する経済波及効果は22.62倍になっております。補助対象は、耐震改修工事向け、その他のリフォーム工事の2種類であります。耐震工事補助率は費用の25%、上限40万円、その他のリフォーム工事は費用の10%、20万円上限であります。

高畠町議会 2015-03-06 2015-03-06 平成27年第486回定例会第2号 本文

平成27年度の予算の総額は、歳入歳出それぞれ362万2,000円とするものであります。  初めに、歳入についてご説明を申し上げます。  第1款財産収入第1項財産運用収入に13万円、第2項財産売払収入に3,000円、合わせまして13万3,000円の計上。  第2款繰入金第1項基金繰入金に192万7,000円の計上。  第3款第1項繰越金に1万円の計上。  

高畠町議会 2014-09-11 2014-09-11 平成26年決算特別委員会 本文

24年度と比較するとその金額は倍となっており、362万1,403円となっておりますが、この内訳についてですが、不納欠損によるもので、回収の至らなかった金額となっております。水道料金の回収と至らなかった料金であります。なお、この件数については36件、34個人、2法人の不納欠損の総額がこちらの362万1,403円となっております。

高畠町議会 2014-09-05 2014-09-05 平成26年第483回定例会第1号 本文

また、特別利息は362万9,752円であります。  以上により、平成25年度は収支差し引きで6,059万5,233円収入が上回った決算となりました。  続きまして、4ページの資本的収支について申し上げます。  資本的収支の総額は1億8,430万5,000円でありました。内訳は、水道加入金などの工事負担金が430万5,000円、一般会計からの出資金が4,800万円であります。

高畠町議会 2013-09-06 2013-09-06 平成25年第478回定例会第1号 本文

以上、歳出合計予算現額110億5,688万円、支出済額103億7,569万13円、不用額2億8,362万6,987円、歳入歳出差引残額は4億9,742万7,433円で翌年度への繰越金となるものであります。  なお、一般会計歳入歳出決算における款別構成比や性質別の決算状況、事業費の状況などにつきましては、別冊の平成24年度主要施策の成果に関する調書をごらんいただきたいと存じます。  

高畠町議会 2012-12-04 2012-12-04 平成24年第473回定例会第1号 本文

第19款諸収入につきましては、第3項貸付金元利収入に37万5,000円、第5項雑入に362万6,000円をそれぞれ追加をし、合わせまして400万1,000円の追加計上でございます。  第20款第1項町債につきましては、1億3,440万円の減額計上でございます。  次に、歳出の内容についてご説明を申し上げます。  第1款第1項議会費につきましては、83万4,000円の減額計上でございます。  

高畠町議会 2011-03-10 2011-03-10 平成23年予算特別委員会 本文

362億円がダウンしております。実に39%、町内の工業製造品出荷額がダウンしたというところです。こうした世界同時不況の中で、企業誘致、非常に難しい一面がございます。また、既存の企業の基盤強化、そして、規模拡大等による雇用の創出、これを手がける企業については、最大限の支援をしていくというべきだろうというふうに思っております。  

山形市議会 2009-02-17 平成21年全員協議会( 2月17日)

市税については,県内外の経済情勢を勘案して,総額を362億2,613万4,000円と,前年度より15億5,849万6,000円,率にして4.1%の減を見込んでいる。内訳だが,個人市民税は前年度比3.5%の減,法人市民税は,企業収益の悪化から大幅な減収となる見込みであり,前年度比14.8%の減,固定資産税は,家屋の評価替に伴う減額を見込み,前年度比1.9%の減となっている。  

高畠町議会 2007-09-12 2007-09-12 平成19年第438回定例会第1号 本文

歳出につきましては、歳出合計予算現額18億 1,917万円に対して支出済額17億 5,947万 9,362円、不用額 5,788万 6,638円で、歳入歳出差引残額 6,318万 5,053円が翌年度への繰越金となるものであります。  なお、翌年度繰越額 180万 4,000円は、後期高齢者医療制度創設準備事業の繰越明許費であります。  48ページをお開き願います。  

  • 1
  • 2