運営者 Bitlet 姉妹サービス
135件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-27 鶴岡市議会 平成 30年  9月 決算特別委員会-09月27日−02号 次に、特別支援教育就学奨励費扶助費に関し、特別支援教育に該当する児童生徒にはIC機器を活用した授業が有効と考えるが、ICTを活用した授業は行われているのか、また行われているとすればどのような扶助が行われているのかとの質疑に対し、IC機器を使って文字を拡大する等、部分的な活用はしていると思うが、個別の児童生徒に対する支援には至っておらず、今後の検討課題である。 もっと読む
2018-09-12 天童市議会 平成30年  9月 決算特別委員会-09月12日−03号 ◎大内淳一教育次長[兼]教育総務課長 日新製薬からいただきました基金につきましては、昨年度、平成29年度ですけれども、新たに1,000万円いただいたわけでございますけれども、昨年、そちらのほうの基金から使わせていただきましたのは、寺津小学校へのICタブレット機器が約600万円、そのほかマールボロウ市に派遣しておりますのに100万円、その他新聞を使った学習のほうに100万円ぐらい使わせていただきまして もっと読む
2018-09-07 鶴岡市議会 平成 30年  9月 定例会-09月07日−02号 ドローンの形状はさまざまですが、通常はローターと言われる回転するヘリコプターのような翼を大体複数搭載なんですけど、大体4つついているものが多いと思うんですが、複数搭載しまして、安定した飛行が可能なマルチコプター型が主流となっておりまして、このドローンはIC技術との掛け算で非常に大きな可能性を秘めているというふうに考えております。 もっと読む
2018-06-15 鶴岡市議会 平成 30年  6月 定例会-06月15日−02号 平成29年度の調査によりますと、インターネットにつながるIC機器を所有している小中学生の割合は、本市においては75%でございます。その内訳といたしましては、中学生ですと91.5%、小学生ですと66.5%でございます。5年前の調査からおよそ15%増加しております。 もっと読む
2018-06-07 小国町議会 平成30年第5回定例会(第1日) 本文 2018-06-07 農業分野においても、農業者の高齢化や農業従事者の減少に伴い、労働力の確保や大規模経営に対応するため、情報通信技術(IC)や小型無線機、ドローン等を活用したスマート農業の実現に向けた技術革新が国、民間を挙げて取り組まれています。  そうした先端農業技術の一つであるドローンですが、今、技術開発が競われていますが、圃場の状況観察、種子・肥料・農薬散布への活用が期待されています。 もっと読む
2018-03-07 村山市議会 村山市議会 会議録 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月07日−04号 この状態から、水田の圃場の大型化、水稲の直播などの技術の確立、IC情報通信技術を利用したスマート農業等の対策も考案されております。  このスマート農業法とは、日本の技術を農業分野に活用して競争力を強化し、農業を魅力ある産業とするということになっております。   もっと読む
2018-03-06 小国町議会 平成30年第3回定例会(第1日) 本文 2018-03-06 各小中学校に整備を進めてきた電子黒板やタブレット等のIC機器を有効活用し、新学習指導要領で定める「情報活用能力の育成」「プログラミング教育」の実践を円滑に行うため、アドバイザーを招聘し、教員の技量向上を図ります。  小学校、中学校にそれぞれ教育相談員を配置するとともに、各校にスクールカウンセラーを派遣し、児童生徒、保護者、教員等の相談受け入れ体制を確保します。   もっと読む
2018-03-05 鶴岡市議会 平成 30年  3月 定例会-03月05日−03号 しかしながら、設備等を含む施設全体の老朽劣化が進んでいることは否めず、近年学校に求められるIC機器を活用した学習等にも対応していかなければならないなど、教育委員会といたしましても建てかえ等施設整備のスケジュールにおいては優先度は高いと考えております。 もっと読む
2018-03-02 鶴岡市議会 平成 30年  3月 定例会-03月02日−02号 地域コミュニティでは、住民同士が気遣い合うことが基本であり、住民の最低限の互助機能として、気がかりなことがあれば連絡をとり合うという関係性が日常生活圏をベースにして構築されることが大切であり、そして高齢者の居場所づくりやICシステムの活用、有償の配食、買い物サービスといったさまざまな動きが連携し合うことを含めた総合的なネットワークシステムが形成されることが期待されます。 もっと読む
2018-02-28 村山市議会 村山市議会 会議録 平成30年  3月 定例会(第1回)-02月28日−01号 また、今年度は、ホストタウン事業に関する株式会社明治北日本支社との協定や空き家対策に関する山形県宅地建物取引業協会村山及び公益社団法人全日本不動産協会山形県本部との協定、住宅取得に関する独立行政法人住宅金融支援機構との協定、IC利活用に関するPCIホールディングス株式会社との協定、認知症とともに生きる地域づくりに関するエーザイ株式会社、北村山地区及び村山市の医師会・歯科医師会、市社会福祉協議会との もっと読む
2018-02-28 天童市議会 平成30年  3月 定例会(第5回)-02月28日−01号 新たな子育て支援として、第3子以降の学校給食費無料化事業を開始し、教育面においても、IC機器の整備や英語教育の強化に取り組みました。  観光においては、満開の桜のもと行われた天童桜まつり、人間将棋には、過去最高の11万6,000人もの来場者を迎えることができ、将棋のまち天童を全国に広く発信しました。  新たな工業団地については、山口地区を選定し、早期分譲に向けて事業に着手したところです。   もっと読む
2017-12-21 鶴岡市議会 平成 29年 12月 定例会-12月21日−05号 主な内容としては、学校現場へのアドバイザー支援やIC環境の整備、これは新規でございます。   2番目、教職員以外の専門スタッフ、地域人材の活用ということで147億円。これは、前年比で32億円の増。内容としては、スクール・サポート・スタッフ配置、部活動指導員配置促進。これは、いずれも新規ということで上げております。   3つ目、学校指導、運営体制の効果的な強化、充実。 もっと読む
2017-12-05 村山市議会 村山市議会 会議録 平成29年 12月 定例会(第6回)-12月05日−02号 それで、ことしの11月に実施しております情報端末の使用状況の結果を使わせていただきたいのですが、小学校ではインターネットにつながるIC機器の所有率が74.5%、中学校ですと、これが90.9%というふうになっております。   もっと読む
2017-10-30 川西町議会 平成29年 10月 議員協議会(10月30日)-10月30日−01号 IC機器などの部分について書かれている主な施策展開のところでは、具体的に当時どういうふうにして進めていくかということで、システムエンジニアの配置についてという言葉が出ています。今回は大ざっぱなくくりになっているんですが、それを意識的に外されたというとあれですが、文言に入っていないというのは何か意識があったんですか。 もっと読む
2017-10-02 川西町議会 平成29年 10月 一般会計決算審査特別委員会(10月2日)-10月02日−02号 ちょっとそのあたりをかいつまんで教えていただいて、あわせて、予算のときに、行財政改革の取り組みの実績として、IC技術の活用−−成果報告書でいうと28ページです−−ここで7774万2000円、これが成果報告書に出ているんですけれども、これは当初の予算とまるっきり同じ額なんですね。 もっと読む
2017-09-27 村山市議会 村山市議会 会議録 平成29年  9月 定例会(第4回)-09月27日−02号 現在、環境整備のためというふうなことで、IC機器の導入を来年度小学校のほうに計画しております。加えて、教員側のほうの指導力を上げていかなければいけないというふうなことで、今年度、教員のプログラミング学習の研修を他市町に先駆けて実施しているところであります。  それから、英語検定についてのご質問がありました。  実績だけでありますが、申し上げますと、平成28年度の実績であります。 もっと読む
2017-09-12 川西町議会 平成29年  9月 公営企業会計決算審査特別委員会(9月12日)-09月12日−01号 再任用制度がありますから、再任用制度を何とかつなぎながら知識を伝承していくという部分が一つと、それと、非常に小さい話になって申しわけないんですけれども、実は、平成29年度、近隣では余りやっていない取り組みといたしまして、現場へ行く職員にウエアラブルカメラということで、ここにカメラを据えて現場の状況を映して、それをこちらでやりとりして、こちらのベテラン職員が指示しながら経験値を積ませるというような、IC もっと読む
2017-09-04 鶴岡市議会 平成 29年  9月 定例会-09月04日−04号 住民税なんか払うたってコンビニで払う時代、ましてやI、人工知能の時代、今庄内一つということで、そして観光行政なんていうものはこれから観光学科をつくるにおいても、広域行政組合議会でも何といっても庄内は観光都市を目指すというような宣言をやっぱりするべきです。これだけのほかの自治体にない、すばらしい観光資源があります。    もっと読む
2017-09-01 川西町議会 平成29年  9月 議会運営委員会(9月1日)-09月01日−01号 小中学校におけるプログラミングの授業というか教育が必修化になるということで、その支援を求める意見書を国のほうに上げていきたいというものでございまして、意見書(案)の中に示されていますように、インターネットの単なる普及に止まらず、インターネットを活用したIoT、いわゆるさまざまなものとインターネットをつなぐというような活用分野の拡大、自動車の自動運転をも可能とするAIの開発など、近年におけるI技術の もっと読む
2017-06-19 鶴岡市議会 平成 29年  6月 定例会-06月19日−04号 教員のIC活用力、リテラシーといいましょうか、向上への方策はどのようにしておられますでしょうか。   それから、3番目、何としてもやっぱりタブレットの数が足りないということではできませんので、設備やシステム整備面での課題はどのように捉えておられますでしょうか。   そして、2番目です。 もっと読む