2292件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

高畠町議会 2019-06-13 2019-06-13 令和元年第511回定例会第3号 本文

委員会は、去る6月6日午前10時から、第一委員会室において委員全員の出席と委員外議員全員並びに当局から町長を初め、副町長、教育長関係課長等の出席を得て開会し、付託案件について詳細にわたり説明を徴し、慎重に審査をいたしました。  本委員会に付託となりました案件は、条例案件2件、契約締結案件1件の計3件であります。  それでは、審査の概要を申し上げます。  

高畠町議会 2019-06-04 2019-06-04 令和元年第511回定例会第2号 本文

また、若年層に関する統計について情報提供させていただきますが、置賜定住自立圏共生ビジョンの中に示されているとおり、本町平成29年度の年少人口、いわゆるゼロ歳から14歳までの人口について、町の全体人口に占める割合が置賜管内において本町が一番高くなっています。今般の人口減少社会、高齢社会の中にあって、大変希望の持てる数値だと思っております。  

高畠町議会 2019-03-22 2019-03-22 平成31年第509回定例会第5号 本文

委員会は去る3月13日午前10時から、第一委員会室において委員全員の出席と委員外議員全員並びに当局から町長を初め、副町長、教育長関係課長等の出席を得て開会し、付託案件について詳細にわたり説明を徴し、慎重に審査をいたしました。  本委員会に付託となりました案件は、条例案件2件、その他の案件2件の計4件であります。  それでは、審査の概要を申し上げます。  

鶴岡市議会 2019-03-15 平成 31年  3月 定例会-03月15日−05号

なお、報道関係者から議場内でのテレビカメラ等による撮影の願いが出ており、議長においてこれを許可しておりますので、御了承願います。   本日の議事は、議事日程第5号によって進めます。   この際申し上げます。去る3月11日に開催されました厚生常任委員会における副委員長の互選の結果、11番加賀山 茂議員が選出されましたので、御報告申し上げます。

鶴岡市議会 2019-03-14 平成 31年  3月 予算特別委員会-03月14日−02号

その検討過程において本市では新規就農者、特に域外からの参入者が少ないという農業の課題に合致するほか、地方創生拠点整備交付金が活用でき、また若者にとって魅力的な長期滞在型研修施設へのリノベーションや地元農業者の研修スペースの確保等が可能でもあることから、研修拠点施設として活用する検討案が出され、庁内や関係者と協議し、最終的に決定した旨の答弁がありました。   

山形市議会 2019-03-11 平成31年環境建設委員会( 3月11日)

平成31年環境建設委員会( 3月11日) 環境建設委員会   日  時    3月11日(月) 10時00分〜14時13分 場  所    第5委員会室 出席委員    武田 聡、仁藤 俊、高橋公夫、長谷川幸司、折原政信、         加藤 孝、須貝太郎、尾形源二 欠席委員    なし 当局出席者   環境部長、まちづくり推進部長、上下水道部長関係課長 委員長席    武田 聡 審査事項    

山形市議会 2019-03-06 平成31年厚生委員会( 3月 6日 厚生分科会・予算)

市民生活部関係】 2 議第2号 平成31年度山形市一般会計予算  〇歳出 第2款総務費 第1項総務管理費(第8目・第10目)、第3項戸籍住民基本台帳費、第8項交通安全対策費      第3款民生費 第1項社会福祉費(第1目(国民健康保険関係)・第3目(国民健康保険関係)・第6目)      第4款衛生費 第1項保健衛生費(第1目・第2目・第3目・第4目・第6目)、第4項上水道費      第7

高畠町議会 2019-03-06 2019-03-06 平成31年第509回定例会第2号 本文

また、ふるさと回帰や移住定住に結びつくような取り組みを展開するため、「高畠ファン」をふやしていく取り組みの中で、高畠町に「関心」を持ち、また、「関与」していく「関係人口」の拡大を図ってまいります。さらに、観光資源のさらなる磨き上げを行い、「外から見た」町の魅力をクローズアップすることで、広域観光やインバウンドの観点から新たな観光誘客に取り組み、地域活性化を図ってまいります。  

高畠町議会 2019-03-05 2019-03-05 平成31年予算特別委員会 本文

この目的は、もちろんお金はもらう、それも目的ですけれども、やはり交流人口をふやしていきたいというのが一つの施策でもあるわけですから、金額的に予算600万円というのがずっとかけているわけですけれども、その辺の考え方どうなのか。  人数が一つの目標であれば、それは多分管理されていると思うので、その辺は目標管理上、達成されているのか、その辺の考え方をお聞きしたい。  

鶴岡市議会 2019-03-05 平成 31年  3月 定例会-03月05日−04号

次に、児童虐待に対応する職員数という御質問ございましたが、児童虐待対応業務につきましては昨日の一般質問、22番議員のほうにもお答えしておりますが、児童相談所を初め市内の関係機関団体などを構成メンバーとして市が設置している鶴岡市要保護児童対策地域議会がございます。この協議会の業務を進める中で、関係機関や庁内の各課と連携して児童虐待対応に当たっております。

鶴岡市議会 2019-03-04 平成 31年  3月 定例会-03月04日−03号

人口割合が、所轄の人口が130万人もいらっしゃるということでしたので、さらに今児童福祉法児童虐待防止法が改正の今議論をされているところのようでございます。さらに細かい単位で児童相談所を設置するということになっているようです。   そして、また法律児童虐待防止法が今改正の論議が始まったというところでございます。