141件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

小国町議会 2019-04-30 平成31年第3回臨時会(第1日) 本文 2019-04-30

これを受け、地方税制改正では、ふるさと納税制度の見直しや、住宅ローン控除の拡充を受けた個人住民税への控除対象の改正、個人住民税の非課税対象にひとり親を加えることとするなど、所要の措置が講じられました。  これに基づき、町税条例の改正を行うものであります。  それでは、主な改正内容について、御説明を申し上げます。  

天童市議会 2018-09-13 平成30年  9月 決算特別委員会-09月13日−04号

先ほどの私の答え、ちょっと誤りがありまして、5年間の契約でございます。大変失礼いたしました。  以上です。 ○山崎諭決算特別委員長 水戸委員。 ◆8番(水戸芳美委員) そのAEDをリースした業者の選定、要はいろいろなメーカーあると思いますけれども、どういう形で、どこのメーカーを選定したかお示しください。 ○山崎諭決算特別委員長 今田子育て支援課長。 ◎今田晃子育て支援課長 お答え申し上げます。  

庄内町議会 2018-09-05 平成30年  9月 定例会(第5回)-09月05日−02号

課税対象額が減少している中、徴収努力による徴収率の向上によるところが大きいものと思われます。  なお、町民税、それから固定資産税、軽自動車税、都市計画税を合わせまして419万4,000円の不納欠損処理をしておりまして、収入未済額につきましては8,301万8,000円となっております。  併せてカラー資料裏面の図5の町税収入額の推移をご覧いただきたいと思います。  

鶴岡市議会 2018-07-02 平成 30年  6月 定例会-07月02日−05号

日本年金機構がデータ入力を委託した株式会社SAY企画の入力漏れと入力誤りにより本年2月支払い時の源泉徴収額に誤りが発生した。しかも、当事業者は契約違反である再委託まで行っていた。日本年金機構は平成27年5月にもサイバー攻撃を受けて個人情報の流出問題を起こしている。   

庄内町議会 2017-12-12 平成29年 12月 定例会(第6回)-12月12日−01号

税金ということのお話もありましたが、あくまでも雪下ろしをするということが困難な世帯というふうに考えておりますので、これまで非課税世帯ですとかを承認してきたものはありましたが、そういうことではなくて、地域全体として皆で助け合うという仕組み作りのために、この補助金を設定するものです。  

鶴岡市議会 2017-12-07 平成 29年 12月 定例会-12月07日−02号

本市が実施しております福祉医療給付事業につきましては、重度心身障害(児)者の医療を確保し、社会福祉の増進を図ることを目的とする重度心身障害(児)者医療給付制度と、所得税が非課税という要件はございますが、18歳以下の子供を養育しているひとり親家庭の場合に、親と子の医療費自己負担分を助成することでひとり親家庭等の生活の安定と自立の促進を図り、社会福祉の推進を図ることを目的とするひとり親家庭等医療給付制度

村山市議会 2017-12-06 村山市議会 会議録 平成29年 12月 定例会(第6回)-12月06日−03号

したがいまして、誤りなくそういった事務ができるかどうか、さらにシステム的な面も対応できるかどうかといったところがありまして、相当の準備が必要だと思います。今後、そういったご提案に対して対応できるかどうかといったところは、検討はさせていただきたいと思います。 ○議長 1番 犬飼 司議員。 ◆(犬飼司議員) ありがとうございます。

鶴岡市議会 2017-09-20 平成 29年  9月 定例会-09月20日−06号

の廃止について   第14  議第62号 鶴岡市過疎地域固定資産税課税免除条例の一部改正について        第15  議第63号 鶴岡市産業集積の形成及び活性化のための固定資産税課税免除条例の一部改正           について                               第16  議第64号 財産の取得について(災害対応特殊救急自動車)             第17  議第

天童市議会 2017-09-11 平成29年  9月 予算特別委員会-09月11日−01号

届出保育施設等保育事業費補助金につきまして、受け入れ児童1人につき年額21万3,000円と申し上げましたが、21万3,500円の誤りでございました。おわびして訂正させていただきたく思います。  よろしくお願いします。 ○松田光也予算特別委員長 結城委員。 ◆15番(結城義巳委員) なぜこの3分の1にこだわっているかということですが、やはり事故が起きた場合のことを心配するわけです。

鶴岡市議会 2017-06-16 平成 29年  6月 定例会-06月16日−03号

以上が事の経過であり、質問の該当箇所である新しい保険証については、市役所にとめ置きされていたという事例では誤りであり、訂正したいと思います。   なお、経済的事由による手おくれ死亡事例の事実が市内で発生したことは胸の痛むことであり、誰もが健康で文化的な最低限度の生活を営めるよう、社会保障と福祉行政の裾野を広げる事が教訓であります。   では、通告しておりました2つの質問の最初、1番目に入ります。

鶴岡市議会 2017-03-07 平成 29年  3月 定例会-03月07日−04号

市といたしましても、高齢ドライバーによる交通事故の割合が増加をしていること、またその事故原因が前方不注意や運転の操作誤りなど、認知機能の低下によるものであるということなどに鑑みましても、高齢者の運転免許証の自主返納制度は事故を減らす有効な手段であり、また自主返納者への移動手段確保の支援策は自主返納の一つのきっかけになると考えております。   

庄内町議会 2016-12-13 平成28年 12月 定例会(第7回)-12月13日−01号

業者の積算見積もりの誤りではないですか。業者が札入れしたときの見積もりの誤りではないですか。ましてや先程、設計の金抜きの数量見積もりが仮にあったとしても、それの数量が違ったとしても町では責任持ちませんと言っているわけですから。それであればなおのこと、この追加の部分については町で出さなくで済んだのではないのですか。そういうふうになっていくんです。ひとつ、いま一度答弁をください。  

鶴岡市議会 2016-09-23 平成 28年  9月 予算特別委員会-09月23日−02号

次に、2款2項徴税費では、次に税のシステム改修を行うに当たっては、課税誤り等を防止するため、他の自治体の例を教訓化してやる必要があると思うが、どのような対応を考えているかとの質疑に対し、税のシステム改修は税制改正の都度行っている。納入業者である日本電気では、全国的な情報を把握し対応しており、また市においてもいろいろなテストケースによって確認作業を行っている。

鶴岡市議会 2016-06-30 平成 28年  6月 定例会-06月30日−05号

小野議員の「公式的な行事」という発言についてですが、式典を主催した鶴岡地区食品衛生協会は、公共的な団体であり、その記念式典は公式的な行事とも言え、誤りとは言えないと考えます。ただし、議会の行事ではないので、公務ではないというのが議長の見解であります。   次に、教育長より、6月20日の答弁に対して訂正の発言を求められておりますので、発言を許します。

高畠町議会 2016-06-06 2016-06-06 平成28年第494回定例会第2号 本文

公共施設の使用料金は、課税対象となることから、26年の4月より5%から8%へ増税された折、改定を計画しました。  しかし、最終消費税率が10%となることが既に決定されており、最終税率課税の際に改定することで、料金の見直しについては延期をいたしております。  

高畠町議会 2015-03-09 2015-03-09 平成27年第486回定例会第3号 本文

これは、一定以上の所得を有し、住民税が課税される世帯の入所者を対象としたものであり、低所得者に配慮する観点から、住民税が課税されない世帯の入所者は現行どおり補足給付を受けることにより現在の負担を増加させないものとなっております。  次に、要支援1と2のサービスを介護保険の給付から介護予防・日常生活支援総合事業に移行させる制度についてお答えをいたします。