10件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

鶴岡市議会 2018-09-07 平成 30年  9月 定例会-09月07日−02号

まず、荘内病院でございますが、昨日山形県から災害医療チームDMATの出動要請がございまして、医師1名、看護師3名、薬剤師1名の計5名が東胆振活動拠点本部の苫小牧市立病院に向け、昨日夕方出発したところであります。派遣期間については、現段階では未定であります。   次に、建設部でありますが、こちらも昨日山形県より応急危険判定士の派遣準備の依頼があったところでございます。

鶴岡市議会 2015-09-03 平成 27年  9月 定例会-09月03日−02号

この後スポーツを通じて健康でたくましい心と体をつくり、豊かで明るいまちを築くことを目的に昭和41年に全国で初めて北海道苫小牧市でスポーツ都市宣言を行っており、これ以降全国的に広がっていったものと思われます。  県内の制定状況につきましては、昭和63年に山形市がスポーツ都市宣言を、平成14年に上山市がスポーツ健康都市宣言を制定しております。

川西町議会 2014-03-07 平成26年  3月 一般会計予算審査特別委員会(3月7日)-03月07日−01号

◎美化推進課長(金渕信一郎) 市民トイレのネーミングライツにつきましてですけれども、公衆トイレにネーミングライツを導入するという動き、先ほどご紹介のあった横浜市を初め、東京の渋谷区でございますとか京都市、また北海道苫小牧市などでそういう実績があるというふうに聞いております。

鶴岡市議会 2013-06-11 平成 25年  6月 定例会-06月11日−01号

阿部英子氏は、昭和35年4月から教員となられ、苫小牧市立弥生中学校、立川中学校、鶴岡第三中学校、鶴岡養護学校に勤務され、平成9年3月に退職されております。人権擁護委員には平成10年9月から就任され、現在5期目となっており、弱者への支援や人権問題に精力的に取り組まれております。  

鶴岡市議会 2010-06-08 平成 22年  6月 定例会-06月08日−01号

阿部英子氏は、昭和35年3月日本体育大学女子短期大学を卒業後、同年4月から教員となられ、苫小牧市立弥生中学校、立川中学校、鶴岡第三中学校、鶴岡養護学校に勤務され、平成9年3月に退職されております。人権擁護委員には平成10年9月から就任され、現在4期目となっており、障害者の生活支援や相談活動にも尽力されております。   

天童市議会 2009-09-04 平成21年  9月 定例会(第4回)-09月04日−03号

ただ、私どもが提案をいたしましたスポーツ健康都市宣言でございますが、ネットで見てもらうと多分わかると思いますが、いわゆるスポーツ都市宣言というのが上尾市あるいは島根県浜田市、釧路市、苫小牧市等々、全国津々浦々まではいかないまでも相当の箇所に上ります。  さらに、健康スポーツ都市という宣言につきましても、新潟県燕市あるいは八潮市、会津若松市、こういったところも見受けられるところでございます。  

鶴岡市議会 2007-06-07 平成 19年  6月 定例会-06月07日−01号

阿部英子氏は、昭和35年3月、日本体育大学女子短期大学を卒業後、同年4月から教員となられ、苫小牧市立弥生中学校、立川中学校、鶴岡第三中学校、鶴岡養護学校に勤務され、平成9年3月に退職されております。その後、平成10年9月から人権擁護委員を務めておられるほか、平成13年4月からは障害者の生活支援や相談活動に尽力されております。   

山形市議会 2001-09-14 平成13年 9月定例会(第3号 9月14日)

私たち21クラブは9月4日に苫小牧市の新清掃工場を視察して来ました。平成10年度に稼動した新しい施設で苫小牧市人口17万人で処理能力日産210t(105t2基)では,余熱利用として発電2,000kW給湯,暖房と同施設にリサイクルプラザ苫小牧埋立処分場と施設の概要でした。  

山形市議会 2000-06-16 平成12年厚生委員会( 6月16日)

⑥ 行政視察の報告について   1班は豊川委員から5月17日~19日に苫小牧市と江別市を視察した報告が,2班は渡辺(ゆ)副委員長から5月22日~24日に赤穂市と尾道市を視察した報告があった。...

山形市議会 1999-09-06 平成11年 9月定例会(第2号 9月 6日)

なおやはり,蔵王といいますと,山形といいますと熊がしょっちゅう出てるということで,土地公社の方で苫小牧と千歳の市役所の方に行きました。冒頭に山形と言ったら「大変だったね。熊とバイクが衝突して熊が即死したということですね。蔵王という所は熊が多いんですか。」と聞かれまして,これも観光のマイナス要因の一つではないかと,このように思っております。

  • 1