119件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-11 高畠町議会 2018-09-11 平成30年決算特別委員会 本文 そういった部分があって、先ほどの説明でも申し上げましたが、ポスター掲示板のかかる大きな、特に一番置きにくく費用としてかかる部分については町長選挙の中で執行経費を見ながら対応をやったところ、結果として補欠選挙のほうも無投票のような形で進んだということで、このたびの決算の中でこういう形で提示させていただいたという形になってございます。 もっと読む
2018-07-05 庄内町議会 平成30年  7月 全員協議会-07月05日−01号 議会運営規程第47条で「議長、副議長及び一部事務組合議会議員の選挙は、投票により行う。ただし、全議員の賛同が得られる場合は、指名推選によることもできるものとする。」と規定されております。  したがいまして、議長選挙は投票により行ってはいかがかと考えております。  以上でございます。 ○副座長 これで説明を終わります。  質問はございませんか。       もっと読む
2018-06-06 高畠町議会 2018-06-06 平成30年第506回定例会第2号 本文 また、生きる力を基礎として、生きがいや希望を持って暮らすことができるよう、県、市町村、関係機関・団体、企業、県民が一丸となって取り組み、「誰も自殺に追い込まれることのない山形県」を目指すというものであります。  計画期間は平成34年度までの5年間で、現状や課題、自殺対策の基本的な方向性、具体的な取り組みと推進体制などを列記をいたしております。   もっと読む
2017-12-11 鶴岡市議会 平成 29年 12月 定例会-12月11日−04号 ◆20番(本間正芳議員) 庄内の人々も県民税を納めているのに、県立の、県営のスポーツ施設がない。酒田港湾の附帯施設のグラウンドとか、空港附帯の施設のグラウンドはありますけれども、実質は県立のものが庄内にはないというのはとても残念です。県の財政が箱物をつくれないというのもわかっております。   では、アイデアとしてこのようなことは考えられないでしょうか。 もっと読む
2017-09-27 村山市議会 村山市議会 会議録 平成29年  9月 定例会(第4回)-09月27日−02号 するために、市長はどう考えるか市長2 市政方針について1 一期目の公約と二期目に向けた公約の違いについて (1) 一期目の公約には、財政再建の一環として、市長報酬の50%削減を公約にしていたが、二期目はどのように考えるか (2) 幕井ランド計画について 2 東北中央自動車道の早期開通と、それに伴う関連事業の見通しについて53番 菊池大二郎 (一問一答)1 志布市政二期目の公約及び展望について1 無投票再選 もっと読む
2017-08-29 鶴岡市議会 平成 29年  9月 定例会-08月29日−01号 平成28年度は、政府による積極的な経済政策などにより、雇用、所得環境の改善傾向が続いたものの個人消費や民間投資は力強さを欠く状況にあり、加えて新興国経済の陰りや英国国民投票によるEU離脱、米国新政権の対外対応の動向など、世界経済の成長の減速や不透明感による日本経済への影響が懸念されています。 もっと読む
2016-12-01 酒田市議会 平成28年 12月 定例会(第6回) そんな中、安定輸送に直結するフル規格化を求める県民の声が大きくなっているという報道がなされました。 今の人口減少時代、庄内空港4便が山形新幹線庄内延伸によって減らされることを危惧する人も確かにいます。実際にそういう声を聞くこともあります。このことによる影響をどのように考えているでしょうか、お答えをいただきます。  もっと読む
2016-09-01 鶴岡市議会 平成 28年  9月 定例会-09月01日−02号 今般の山形県防災基本条例(仮称)につきましては、東日本大震災以降も平成26年の広島市の土砂災害、ことし4月の熊本地震など、大規模な災害が発生をしている現状におきまして、災害から県民の生命と財産を守るため、県民、事業者、自主防災組織、行政の役割を明らかにするとともに、取り組み事項につきまして法的裏づけを持って具体的に定め、県の責務等を明確化するとともに、県民の防災意識を高めまして、自助、共助、公助が一体 もっと読む
2016-09-01 酒田市議会 平成28年  9月 定例会(第5回) 18歳選挙権について、最初に18歳以上の投票率をどう見るかということでありました。投票率の結果は、18歳、19歳ともに県全体の投票率を下回り、県内市町村の中でも低い順位であったと、残念な結果でありました。 もっと読む
2016-06-06 高畠町議会 2016-06-06 平成28年第494回定例会第2号 本文 次に、20代、30代の投票率についてのご質問にお答えをいたします。  平成26年12月14日に実施されました第47回衆議院議員総選挙における当町の第2投票区、町総合交流プラザ投票所におけるデータがありますので、報告をいたします。  当日の全体の投票率は63.22%でしたが、20歳代の投票率は42.7%、30歳代の投票率は48.50%でした。 もっと読む
2016-03-04 天童市議会 平成28年  3月 定例会(第7回)-03月04日−02号 投票率の向上が狙いで、夏の参議院選挙から適用したい考えのようです。  菅官房長官は、投票率が低下傾向にあり、有権者が投票しやすい環境を整備するのは極めて重要だと強調しております。選挙年齢が18歳以上への引き下げに触れた上で、大型ショッピングセンターでの共通投票所設置など、若者を含めた有権者の投票環境向上が図れるように取り組みたいと述べておられました。   もっと読む
2016-03-02 村山市議会 村山市議会 会議録 平成28年  3月 定例会(第1回)-03月02日−02号 このぐらいやはり県議会の中でも、一生懸命林業関係の予算を取って、そして全国と県民総参加の山形モデルを構築したいということを言っているわけです。森林(モリ)ノミクスは地方創生のかなめとなる成長戦略だと、今後は。そのためにも、やっぱり県民がこぞって参加して、山形を全国のモデル地区にしていきたいというふうにうたって、きょう出ております。   もっと読む
2015-08-27 天童市議会 平成27年  9月 決算特別委員会-08月27日−01号 寄附額の総額としましては457万9,000円でございまして、税金のほうの控除額といたしましては、市民税のほうで162万円、県民税のほうで108万円というふうな控除額になっているというふうなことで伺っております。  以上でございます。   (「わかりました」と呼ぶ者あり) ○山口桂子決算特別委員長 そのほか。  武田委員。 もっと読む
2015-03-23 鶴岡市議会 平成 27年  3月 予算特別委員会-03月23日−03号 現在、軽自動車税のコンビニ収納が可能となっているが、これに市・県民税、固定資産税、国民健康保険税の3税を拡充することになる旨の答弁がありました。   もっと読む
2014-12-09 庄内町議会 平成26年 12月 定例会(第8回)-12月09日−01号 ウ 「県民健康・栄養調査」の結果に基づく栄養指導の展開  県民の食生活や健康状態、現状の実態を把握し、組織や町民に対してより効果的な健康づくりにつなげるよう栄養指導を展開している。   もっと読む
2014-12-01 酒田市議会 平成26年 12月 定例会(第5回) スマイルプロジェクト」が行われ、大勢の県民が山形県にお越しいただいたお客様に感謝の気持ちを込めて列車に手を振るイベントを行い閉幕しました。また山形県おもてなし係長で活躍した山形DCのキャラクター「きてけろくん」は、閉幕後、おもてなしが認められまして、おもてなし課長(見習い)に昇任しております。 今回、DCではこのような県民総参加・全産業参加でのおもてなし行動が大きな取り組みでありました。 もっと読む
2014-09-11 庄内町議会 平成26年  9月 決算特別委員会-09月11日−03号 その中で年4回、当然、町と協力しながら春・夏・秋・冬の県民運動を皆さん統一して、ほとんどボランティアになると思いますが、各班長を中心にして活動を展開してございます。 もっと読む
2014-09-05 鶴岡市議会 平成 26年  9月 定例会-09月05日−03号 続きまして、中小企業振興基本条例制定に向けた取り組み状況についてでありますが、議員御承知のとおり、山形県では平成24年12月に中小企業の振興に関する施策を総合的に推進し、本県経済の発展、雇用の場の創出、県民生活の安定・向上に寄与することを目的とした中小企業振興基本条例を制定し、中小企業の支援戦略によって個別の施策を展開しているところであります。   もっと読む
2014-07-04 庄内町議会 平成26年  7月 全員協議会-07月04日−01号 運営規程第47条で『議長、副議長及び一部事務組合議会議員の選挙は、投票により行う。ただし、全議員の賛同が得られる場合は、指名推選によることもできるものとする。』と規定されております。したがいまして、議長選挙は投票により行ってはいかがかと考えております。以上でございます。 ○座長 これで説明を終わります。  質問はございませんか。       もっと読む
2014-03-06 川西町議会 平成26年  3月 一般会計予算審査特別委員会(3月6日)-03月06日−01号 この交付金は、利子税20%のうち5%の県民税利子割額のうち、徴税費相当分として1%を差し引いた残り99%の5分の3が県下市町へ配分されるもので、個人県民税の前3年間の平均収入額比率に案分して交付されるものであり、対前年度比510万円増を見込み、8670万円を計上いたしております。  次に、第4款、第1項、第1目 配当割交付金でございます。 もっと読む