運営者 Bitlet 姉妹サービス
257件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-10 鶴岡市議会 平成 30年  9月 定例会-09月10日−03号 腰痛など、筋力がない状態でリュックを背負っているということで、それが痛みとして出ているお子さんもいらっしゃるそうです。今後2020年からは新学習指導要領により、さらに教科書が厚くなることが懸念をされております。    もっと読む
2018-06-18 鶴岡市議会 平成 30年  6月 定例会-06月18日−03号 もちろん両親の苦しみやいら立ち、悲しみや痛みを聞き、家族支援も同時に行っています。また、関連機関と連携をし、1歩前進1歩後退しつつも慎重に接し進めていますが、1年たったいまだにまだ解決には至っておりません。ひきこもりを学校に通学または就労に結びつけるためには多大なる時間と労力、医療機関や教育委員会、健康課や福祉課など多くの関連機関との連携が大切だと常々感じています。ひきこもりは現在進行形です。 もっと読む
2018-03-20 鶴岡市議会 平成 30年  3月 予算特別委員会-03月20日−03号 従来の地域振興事業の10倍の予算化で基金を活用し、地域再生へのきっかけになること、本所からあれこれ言わずにまちづくりの住民の力を引き出し、合併の痛みを少しでも解決できるようにしていくことを期待します。地域振興懇談会と地域まちづくり未来検討会議で住民の意思が反映され、地域分権に向けた制度づくりが図られるよう望みます。    もっと読む
2018-03-06 鶴岡市議会 平成 30年  3月 定例会-03月06日−04号 もちろん利用者の方からは、腰や膝の痛みがとれた、家の中でつまずかなくなったといううれしい感想も寄せられています。しかし、結果として、専門職による指導実績8回分、そして実施した分の28回しか補助金の対象にならないという問題が生じています。当局では平成29年度当初での実施見込み数と一事業所の補助金をどのように見込んでいたのか、お聞かせください。    もっと読む
2017-10-26 川西町議会 平成29年 10月 議会運営委員会(10月26日)①-10月26日-01号 これからはまたどういうメンバーになるかわかりませんけれども、あとは基本条例にきちっとした審議を通して、市民の痛みというか、また意見が吸い上げられるように基本条例を生かしていただけたらありがたいなというふうに思いますので、これからもよろしくお願いします。  私も一議員となって、一から頑張らせていただきますので、よろしくお願いします。  1年間、本当にありがとうございました。 もっと読む
2017-09-07 小国町議会 平成29年第6回定例会(第1日) 本文 2017-09-07 今の小国の温泉については、センターの風呂、小国については非常に打ち身とか痛みとかにいいということで、そこに行きたいという方も相当いらっしゃいます。そうした事情を踏まえる中で、新しいそういう施設がつくれるのか、あるいはその財源はどうするのかも含めて、場所の問題もございます。お湯が出ている場所も限定されているわけですから。そういったことを含めて、これからまだ検討を要するということだと思います。   もっと読む
2017-09-01 鶴岡市議会 平成 29年  9月 定例会-09月01日−03号 関節、筋肉、骨、靱帯などの運動器に痛みとこわばりを起こし、進行すると関節の変形などを引き起こす病気であります。関節リウマチは、関節の内面を覆っている滑膜という膜に炎症が起こりまして、進行しますと軟骨、骨が破壊されていく病気であります。    もっと読む
2017-08-29 鶴岡市議会 平成 29年  9月 定例会-08月29日−01号 さらに、ことし5月からは麻酔科医の増員により、痛みをとるペインクリニックの診療体制を充実し、また治療機器の更新も予定しているところであります。また、昨年12月からは集中治療室6床に医師を24時間配置し、重篤な患者に対しての診療体制を強化、安全な医療の提供に努めております。    もっと読む
2017-03-06 鶴岡市議会 平成 29年  3月 定例会-03月06日−03号 例えば歯は加齢とともに自然に失われるのではなくて、適切な手入れで高齢期での保存が可能であるというふうなこと、あるいは本市の高齢期で20本を保持している方は約4割であること、そして本市国民健康保険医療費の中分類では歯周病が糖尿病を上回り、第3位であるというようなこと、あと歯周病は20代からふえ始めているということ、歯磨きの上手な方でも80%程度しかケアが行き届いていないことや、歯周病は痛みがないまま進行 もっと読む
2016-12-16 川西町議会 平成28年 12月 議員協議会(12月16日)-12月16日−01号 審議会を何度か傍聴させていただいたことがありまして、その中での会長の発言で、病院の経営形態を変えるということは病院の職員さんの痛みが伴うというところもありまして、その中でいわゆる理事者、職員の方、そして議会も含めてですけれども、そういったところにも痛み分けといいますか、そういった覚悟が必要だろうという、そんなニュアンスの発言があったと思うんですけれども、そういう発言に対して市はどのように受けとめられたんでしょうか もっと読む
2016-12-05 鶴岡市議会 平成 28年 12月 定例会-12月05日−04号 在宅患者に対します訪問診療について、これまで荘内病院では患者さんの痛みを和らげる緩和ケアや褥瘡予防、症状を悪化させないための指導を行います褥瘡ケアなどの在宅医療に取り組んでまいりました。今年度から新たな取り組みといたしまして、県内では先駆けとなります認知症看護認定看護師の配置を行い、医師、看護師、薬剤師、ケースワーカーや臨床心理士などから成ります認知症ケアチームを立ち上げております。    もっと読む
2016-10-25 小国町議会 平成28年第8回臨時会(第1日) 本文 2016-10-25 盛田医師におかれましては、地域医療に情熱を傾け、患者さんの痛みを思う崇高な精神を持ち続けられ、腎臓透析の道を目指して精進され、いつの日か小国町の病院で診察、診療されることを願っております。よって、来年4月以降は専門医も担当医も小国町立病院に駐在を確約されていない状況と判明しました。   もっと読む
2016-09-02 鶴岡市議会 平成 28年  9月 定例会-09月02日−03号 痛みは体の痛みだけ、身体的な痛みだけですが、それ以外も精神的な痛み、不安とか悩み、これも精神的な痛みだと思います。それから、社会的な痛み、経済的な痛み、それからスピリチュアルな痛みとして今後自分がどうやって生きていけばいいのかというようなことも含めて、非常に悩みが多い。 もっと読む
2016-03-07 天童市議会 平成28年  3月 定例会(第7回)-03月07日−03号 まずそこに住んでいる人が、礼儀正しいというのはあれなのですけれども、人の痛みをわかる人たちをいっぱいつくったりとか、そういうことに力を入れているマスタープランをつくっているところもありましたので、何かそんなイメージで、今後、第七次の総合計画に進むにあたり、ますます成熟したマスタープランでもあり、持続可能なまちづくりになりますように御祈念申し上げて質問を終了いたします。ありがとうございました。 もっと読む
2016-03-02 川西町議会 平成28年  3月 定例会(第1回)-03月02日−05号 また、本年度におきましては、市立川西南中学校におきまして、中学校2年生を対象とした外部講師による自殺予防のための講演会が開催され、生徒にとって、心の痛みへの対処や困難への適応、喪失や失敗の後に成長があることなど、多くのことを学べる大変有意義な機会となっており、今後もこういった機会を大切にしていくべきであると考えております。   もっと読む
2015-12-01 鶴岡市議会 平成 27年 12月 定例会-12月01日−01号 変革には大きな決断と痛みが伴われますが、従来のように米に依存するだけの守りの農業ではなく、豊富な資源を効果的に活用した攻めの農業に転換をして、50年先の日本一美しい庄内平野、美しい農村、魅力ある本市の農業を目指すべきだと考えますが、その可能性についてお伺いをしたいと思います。  3点目は、利用者のマイナンバー管理についてお聞きをいたします。   もっと読む
2015-09-25 鶴岡市議会 平成 27年  9月 定例会-09月25日−06号 一方、こうした行革は市民の痛みに直結する問題を含んでおります。本市は合併後、東北一広い面積を有し、条件の大きく異なる地域が多く存在をいたします。人は便利のいいところに集まっていくのは自然の流れであります。これをとめるということはなかなか困難であります。しかし、条件不利地域に居住する人たちも、同じ市民であります。   もっと読む
2015-08-21 天童市議会 平成27年  9月 定例会(第3回)-08月21日−02号 天童市の平成27年度の学校教育課の基本方針の中の「めざす子ども」という項目に、「他人の痛みがわかる人間味あふれる子どもを育てる」とあります。また、「めざす学校」という項目の中には、「一人ひとりの適切な支援と良好な人間関係づくりを推進する学校」とあります。先ほど申し上げました村山特別支援学校天童校の開校等により、近くの普通学校で児童・生徒が学べなくなりつつあるという声があります。 もっと読む
2015-06-15 川西町議会 平成27年  6月 定例会(第3回)-06月15日−03号 接種後に体の痛みや機能障害を訴える人が相次ぎ、同年6月に接種推奨が打ち切られました。本市における過去のワクチン接種の実績を明らかにしてください。  また、現在のワクチン接種はどのような状況にあるのか、明らかにしてください。  (2)本市における子宮頸がんワクチン接種に係る副反応被害の実態について。   もっと読む
2015-03-23 鶴岡市議会 平成 27年  3月 予算特別委員会-03月23日−03号 だからこそ、暮らしの痛みから市民の暮らしを守る役割が市政には求められると考えます。  平成27年度一般会計予算では、市の積立基金が約140億円となり、合併時の50億円の2.8倍、財政調整基金も20億円から50億円となっており、市民の切実な要望に応えるために活用すべきと考えます。 もっと読む