287件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

村山市議会 2020-03-05 03月05日-03号

安倍政権の言う全世帯型社会保障が、高齢者はもちろん現役世代から子育て世帯まであらゆる世代痛みを押しつける改悪であることがいよいよ明瞭となっています。市民の多くは消費税増税社会保障が良くなるどころか、実際には悪くなっているのではないかと感じ、今後についても不安だらけだと思います。そこで市長に質問します。消費税増税や全世代型社会保障について市長はどのようなご所見をお持ちでしょうか。 

天童市議会 2019-12-11 12月11日-03号

乳房を挟まないので、マンモグラフィー検査とは違い痛みもありません。さらに、自然に乳房が下垂するので、大きくきれいな形で撮影できます。日本人の半数以上が高濃度乳房で、マンモグラフィー検査では乳房が白くなってしまい、がんの発見が難しいとも言われています。MRI乳がん検診では、乳腺の濃度の影響はほとんど受けないので、高濃度乳房型でも問題なく検査することができます。

酒田市議会 2019-06-14 06月14日-04号

痛みはなく、検査は数分で終わる簡単なものということであります。生後3日以内に行う初回検査と、その際に要再検査とされた赤ちゃんを対象に、生後1週間以内に実施する確認検査がございます。 新生児聴覚検査を受けた子供は、早期療育に至る確率が受けていない子供さんより20倍も高くなり、コミュニケーション能力は3倍以上にも上昇するという研究結果が出ております。

鶴岡市議会 2019-03-22 03月22日-07号

それに対し、当時の高橋企画部長が答弁として発言した内容には、「行革大綱観点から考えると、この決定の中で多方面に対し痛みを伴う措置を御協力いただいてきたことをあわせますと、特定の実施済みの事項について改めて覆すということは大きな混乱につながるのではないかと存じております」とあり、改めてこのとおりだなと感じる次第です。

鶴岡市議会 2018-06-18 06月18日-03号

もちろん両親の苦しみやいら立ち、悲しみや痛みを聞き、家族支援も同時に行っています。また、関連機関連携をし、1歩前進1歩後退しつつも慎重に接し進めていますが、1年たったいまだにまだ解決には至っておりません。ひきこもりを学校に通学または就労に結びつけるためには多大なる時間と労力、医療機関教育委員会健康課福祉課など多くの関連機関との連携が大切だと常々感じています。ひきこもりは現在進行形です。

鶴岡市議会 2018-03-06 03月06日-04号

もちろん利用者の方からは、腰や膝の痛みがとれた、家の中でつまずかなくなったといううれしい感想も寄せられています。しかし、結果として、専門職による指導実績8回分、そして実施した分の28回しか補助金対象にならないという問題が生じています。当局では平成29年度当初での実施見込み数と一事業所補助金をどのように見込んでいたのか、お聞かせください。  

山形市議会 2017-12-08 平成29年産業文教委員会(12月 8日 産業文教分科会・予算)

委員   これまで補助整備してきた農道は大型農業機械が走るような形にはなっておらず、痛みがひどい状況であり、小規模農家が迷惑をこうむっている実態もある。また、大規模農家小規模農家との間で、農地の集約化に対して、相入れない部分も出てきている状況も考えて集約化を進めていかなければならないのではないか。 ○農林部長   現在、集積化は進んでいるが集約化は進んでいない。

山形市議会 2017-09-14 平成29年決算委員会( 9月14日)

いろいろな使用料とか、そういった受益者負担がございますけれども、受益者負担をふやす場合には、やはり市民痛みを伴うことになりますので、そこは、市民負担が伴うものについては、市民の理解がなくては受益者負担をふやすことはできないと思いますので、そこは十分慎重に検討した上で、受益者負担の見直しを行っていきたいと思います。 ○高橋公夫委員長  加藤委員

小国町議会 2017-09-07 平成29年第6回定例会(第1日) 本文 2017-09-07

今の小国の温泉については、センターの風呂、小国については非常に打ち身とか痛みとかにいいということで、そこに行きたいという方も相当いらっしゃいます。そうした事情を踏まえる中で、新しいそういう施設がつくれるのか、あるいはその財源はどうするのかも含めて、場所の問題もございます。お湯が出ている場所も限定されているわけですから。そういったことを含めて、これからまだ検討を要するということだと思います。  

鶴岡市議会 2017-03-06 03月06日-03号

例えば歯は加齢とともに自然に失われるのではなくて、適切な手入れで高齢期での保存が可能であるというふうなこと、あるいは本市の高齢期で20本を保持している方は約4割であること、そして本市国民健康保険医療費の中分類では歯周病糖尿病を上回り、第3位であるというようなこと、あと歯周病は20代からふえ始めているということ、歯磨きの上手な方でも80%程度しかケアが行き届いていないことや、歯周病痛みがないまま進行

鶴岡市議会 2016-12-05 12月05日-04号

在宅患者に対します訪問診療について、これまで荘内病院では患者さんの痛みを和らげる緩和ケア褥瘡予防、症状を悪化させないための指導を行います褥瘡ケアなどの在宅医療に取り組んでまいりました。今年度から新たな取り組みといたしまして、県内では先駆けとなります認知症看護認定看護師の配置を行い、医師看護師、薬剤師、ケースワーカーや臨床心理士などから成ります認知症ケアチームを立ち上げております。  

小国町議会 2016-10-25 平成28年第8回臨時会(第1日) 本文 2016-10-25

盛田医師におかれましては、地域医療に情熱を傾け、患者さんの痛みを思う崇高な精神を持ち続けられ、腎臓透析の道を目指して精進され、いつの日か小国町の病院で診察、診療されることを願っております。よって、来年4月以降は専門医も担当医小国町立病院に駐在を確約されていない状況と判明しました。