運営者 Bitlet 姉妹サービス
279件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-11 山形市議会 平成30年厚生委員会(12月11日) ○委員   働く方の現状に即し、地域間格差を解消していくべきであり、願意妥当である。  大要以上の後、請願第7号(30)については、初めに、継続審査とすべきかどうかを諮ったところ、賛成少数となり、採決した結果、賛成多数で採択すべきものと決定した。なお、意見書の原案の作成については正副委員長に一任し、12月14日の全員協議会終了後に委員会を開催の上、案文について協議することとした。 もっと読む
2018-06-18 鶴岡市議会 平成 30年  6月 定例会-06月18日−03号 障害のある者と障害のない者ができるだけ同じ場でともに学ぶことを基本とするインクルーシブ教育の考え方をもとに、障害のある一人一人の児童生徒が学習や生活が充実できるように平成28年度から障害者差別解消法の施行により、個別に必要な合理的配慮の提供が求められております。 もっと読む
2018-06-15 鶴岡市議会 平成 30年  6月 定例会-06月15日−02号 その一方で、開館当初ほどではないものの、多数の入館者が集中することによる交通渋滞を含めた課題があるのも事実であります。   そこで、最初の質問となりますが、この4年間を振り返り加茂水族館のもたらした成果についてどのように評価をしているのか、また交通渋滞対策を含めた課題についてどう認識をしているのかについて当局のお考えをお聞きします。    もっと読む
2018-03-08 庄内町議会 平成30年  3月 定例会(第2回)-03月08日−03号 臨空工業団地あまるめについてということでありますし、この長期保有土地の解消に向けて、いわゆる売れていない土地というふうなことだと思います。どのように考えているかというようなことでありますが、この臨空工業団地につきましては、当初から時代の流れからすれば、非常に厳しい状況で開発を進めていたというふうに認識をしております。 もっと読む
2018-03-08 山形市議会 平成30年厚生委員会( 3月 8日 厚生分科会・予算) 雇用主の考えも変わらないと進まないため、差別解消の取り組みの中で理解を求めていきたい。 ○委員   障がい者の社会参加を促し、納税者となるような施策を平成31年度に向けて検討してはどうか。 ○福祉推進部長   障がい者の雇用促進に向けて、障がい福祉サービスの中でも支援しているが、さらに、市で行っている障がい者団体からの優先調達を民間企業にも広めていきたい。 もっと読む
2017-08-31 天童市議会 平成29年  9月 定例会(第3回)-08月31日−03号 天童市の南玄関口として、大型ショッピングセンターなどが建ち並ぶ芳賀タウンと結ばれ、近辺の交通渋滞の緩和に役立つ道路と考えております。また、1週間前の19日の土曜日には開通記念イベントとして、車道で約300人の地区民の参加をいただいて、「ゴーたかだま」の人文字を描きました。 もっと読む
2017-06-19 鶴岡市議会 平成 29年  6月 定例会-06月19日−04号 くい工事を行っておりました平成27年6月に重機などによる振動や騒音に関連する苦情が3件、掘削工事と土の搬出運搬作業を行っておりました8月には市役所周辺でトラックの交通量が多くなったことによる交通事故を心配されるお問い合わせが1件、小真木原運動公園付近での交通渋滞についての苦情が1件、湧水を排水するポンプの稼働音に関する苦情が1件ありました。    もっと読む
2017-06-08 高畠町議会 2017-06-08 平成29年第500回定例会第2号 本文 非常口の段差の解消、特に乳児用については検討するという回答をもらっているわけでございますが、私は非常口については木製でコンパネを敷けば段差が解消されるわけですから、早急に改修されるのではないかと考えるわけでございます。  それから、地震のときホールからはどういう避難誘導をするのか、お聞きしたいと思います。  また、非常口の上部がガラス張りですから、非常口の上に、一問一答ね。 もっと読む
2017-03-01 酒田市議会 平成29年  3月 定例会(第1回) 一方、固定資産を保有する方々の国保税の引き下げが期待できることや、固定資産税との重複課税感の解消、不公平感の解消につながるのではないかと考えられます。 ⑤といたしまして、賦課方式については3方式を目指すべきではないかという御提言でございました。  もっと読む
2016-09-30 川西町議会 平成28年  9月 一般会計決算審査特別委員会(9月30日)-09月30日−01号 これまでご自分の持ち物であったということもありまして、例えば玄関口、駐車場に入るときにスムーズに車が入れるようにコンクリートか何かで段差解消の手だてをしていた。でも、市道化になるに当たって構造物は取っ払わなければならないということでそれを取っ払うことになると、そこにかなり、今回の例ですけれども、段差ができるんです。その段差をどうやって解消するのか。 もっと読む
2016-09-01 酒田市議会 平成28年  9月 定例会(第5回) そのような不安を解消するためにも、検診機会をふやし受診率向上を図るべきと考えます。 市民が健康的な生活をしてもらうには、受診しやすい体制の整備が必要となります。例えば人間ドックの半日化や、学校教育を通して健康生活への認識を深める指導などが考えられると思っていますが、当局のお考えをお聞かせください。 以上で1回目といたします。 (丸山 至市長 登壇) ◎丸山至市長 おはようございます。  もっと読む
2016-06-16 鶴岡市議会 平成 28年  6月 定例会-06月16日−02号 こうした状況を少しでも解消するためには、議員からただいま御提案をいただきました時間を区切っての貸し切り風呂のサービス、また外国人に限らず個々の宿泊客の皆様、さまざまなニーズに対応したきめ細やかなサービスなどおもてなしのグレードアップを図ることも大変重要であろうかというふうに考えております。 もっと読む
2016-06-15 村山市議会 村山市議会 会議録 平成28年  6月 定例会(第2回)-06月15日−03号 やっぱり自分で自分の目で安全をその場で確認すること、それが一番不安の解消になるわけですけれども、やはり先ほどから言っていますとおり、何らかの内部被曝を私たちは受けたとしても、やっぱり私などはそんなに先が限られていますので思わないんですけれども、私はやっぱりがんでは死にたくないなというふうに思っているんですけれども、子どもたちの未来を考えたとき、すごくやっぱり不安になります。   もっと読む
2016-06-14 川西町議会 平成28年  6月 定例会(第3回)-06月14日−03号 次に、津田議員ご質問の大項目2点目の留守家庭児童育成クラブの待機児童解消のとりくみについてご答弁を申し上げます。   もっと読む
2016-06-06 小国町議会 平成28年第4回定例会(第1日) 本文 2016-06-06 そうしたミスマッチも含めて解消しながら、若者が定住し、そして企業には労働力が供給できるような、そんな施策をこれからも推進してまいりたいと考えております。よろしくお願いいたします。 議長(高野健人君)伊藤重廣君。 もっと読む
2016-05-30 川西町議会 平成28年  5月 建設文教公企常任委員協議会(5月30日)-05月30日−01号 ◎教育長(牛尾巧) 子ども・子育て計画にのっとって進めて、5年間の中で、待機児童の解消ということで考えて、90人規模のこういった子供たちへの一定の保育に関する施設を整備していきたいというのは、一つの計画にのっとって緑中校区において検討して、そして今の段階でここでやっていきたいということで、今、お願いしているところです。   もっと読む
2016-03-04 天童市議会 平成28年  3月 定例会(第7回)-03月04日−02号 県の当該道路整備の必要性の認識においては、県では、山形天童線の代替ルートを整備し、国道13号線と東根尾花沢線の慢性的な渋滞解消し、円滑な交通安全な歩行空間を確保するとなっております。これにより、東根南地区の渋滞解消、山形空港周辺の直接的なアクセス、また、インターの利用拡大、そして、東北中央道及び国道13号線の代替ルートとして重要視しているようであります。   もっと読む
2016-03-03 小国町議会 平成28年第2回定例会(第1日) 本文 2016-03-03 さらに、遊休農地の保全管理を行う遊休農地等保全事業により、遊休農地の解消と農地の有効利用に努めます。  山形地鶏の生産者等が新たな経営体を組織し、県畜産生産拡大支援事業を活用した地鶏の生産施設整備に取り組むこととなりましたので、町としても追加支援することといたしました。 もっと読む
2015-12-07 川西町議会 平成27年 12月 定例会(第6回)-12月07日−03号 同時に、民間の法人を誘致するということは、これは第一義的には待機児童の解消を主な主眼として、民間法人を誘致するという計画でございます。松風幼稚園を廃園するバーターとして、その施設をまず誘致するという計画のスタートではございませんでした。  ただ、地元説明を踏まえる中で、一定、公立幼稚園廃園に伴う地元住民の方の意向を踏まえて、認定こども園という形にさせていただいたところでございます。 もっと読む
2015-12-03 鶴岡市議会 平成 27年 12月 定例会-12月03日−02号 この取り組みの考え方は、これまでのバス運行に対する補助からバスを利用する人たちに対する補助という、発想を転換してバス運賃を下げ、より多くの人に利用してもらうことで運賃収入を抑え、バス路線を維持させ存続させていくもので、掲げた事業効果として低炭素社会づくりの推進、高齢者の外出促進・健康増進、交通渋滞の緩和、高校生等の通学費の負担軽減などで実を結んでいるということが報告され、また実証前に比べても乗降客については もっと読む