運営者 Bitlet 姉妹サービス
62件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-01 酒田市議会 平成30年  9月 定例会(第4回) 今後の企業誘致の戦略というか考え方としましては、現在、大浜地区あるいは北港地区の新しい産業としましては、現在も科学産業が集積しているということもございますし、今後メタンハイドレートですとか電気自動車のバッテリーあるいは水素ガスなどのこういった成長産業について、関連企業あるいは研究関連施設を含め情報収集をしながら、本市の立地条件に合う可能性が高い企業にアプローチをしていきたいなと考えているところでございます もっと読む
2018-07-05 庄内町議会 平成30年  7月 全員協議会-07月05日−01号 そして、今なお、東日本大震災の復興・復旧に奔走し、福島県の原子力発電の津波による水素爆発の配慮にともなう風評被害に苦しんでいる被災地の声を、関係道、県会長とともに、中央政府に届けてまいりたいと思います。   もっと読む
2017-12-22 鶴岡市議会 平成 29年 12月 定例会-12月22日−06号 確かに近年の北朝鮮の核開発については、本年9月3日には6度目とされる核実験が実施され、真意は不明ですが、国営テレビが水素爆弾の実験に成功と発表。また、本年8月と9月にはミサイル発射によりJアラートが発動し、北朝鮮に比較的近い私たちの住む地域も北朝鮮の核やミサイルの脅威に無縁ではないということを身をもって感じました。    もっと読む
2017-09-12 川西町議会 平成29年  9月 公営企業会計決算審査特別委員会(9月12日)-09月12日−01号 ◆委員(北野紀子) 意見書のほうの4ページ、5ページのところにも書かれているんですけれども、無効無収水量の件なんですが、今回4.7%減少をしたということなんですが、漏水調査なんですが、28年度から新たな取り組みということで音聴棒等での発見困難な微量な宅内の漏水に水素ガスなどを取り入れて発見するよう努めて、発見数がふえたというようなことだったかと思いますが、そのあたり随分効果があったのかというところを もっと読む
2016-03-23 天童市議会 平成28年  3月 定例会(第7回)-03月23日−04号 北朝鮮は、1月6日に水素爆弾の実験に成功したと豪語し、2月7日には、アメリカの首都ワシントン、ニューヨークにまで射程に入れたというテポドン2号の改良型を人工衛星と称し発射、これらに対する国連安保理決議に抗議するとして、3月3日には、6発のロケット弾を韓国近辺の海洋に、3月10日にはスカッドミサイル2発、3月18日には中距離ミサイル2発を日本海に向けて発射、1発は上空で爆発するという暴挙が行われました もっと読む
2015-09-03 村山市議会 村山市議会 会議録 平成27年  9月 定例会(第4回)-09月03日−03号 特にトヨタを初めとする大手企業が強く働いているからかもしれませんが、例えば水素エネルギーなんかにも積極的になっています。  この村山市は、比較的災害の少ない状況にあります。そして、豊かな自然があります。私は、個人的にはこの村山市に水素プラントが誘致できないかというぐらいの夢を持っています。   もっと読む
2015-09-01 酒田市議会 平成27年  9月 定例会(第6回) また、勉強会というようなところもございましたが、山形県においてはさまざまなエネルギーについて調査研究を行っているようでして、答弁にもございましたけれども、例えば水素エネルギーの利活用だったりメタンハイドレートの勉強会なども開催しておるというところでございました。  もっと読む
2015-03-09 高畠町議会 2015-03-09 平成27年第486回定例会第3号 本文 これだけでは今後、燃料電池車ということは水素の設備も多分出てくるのかなと思いますけれども、そういったことを含めて設備をしていかないと、なかなかこういったものは普及できないのかなと思います。ですから、財政は大変だと思いますけれども、そういったものをもう一度考え直していただいたほうがいいと思うんですけれども、いかがでしょうか。 もっと読む
2015-03-05 鶴岡市議会 平成 27年  3月 定例会-03月05日−02号 また、検体検査室にアルカリ廃液中和装置を設置し、検査廃液の水素イオン濃度が基準に合致するようにしております。  最後に、周辺区域の農業用水路等への影響ですが、病院敷地内の雨水などは、ミニグラウンドと兼ねる保水量1,900トンの調整池で調節しながら、既存水路に放流することとしております。また、将来、当該地区に雨水排水用の幹線下水路が布設された場合は、そちらに接続する予定としております。   もっと読む
2015-02-18 庄内町議会 平成27年  2月 全員協議会-02月18日−01号 国では、2015年を水素社会元年と位置付けまして440億円の予算化をしているようですが、そういったことを考えると、再生可能エネルギーもすべて水素化されるということがあります。 もっと読む
2015-02-18 川西町議会 平成27年  2月 議員協議会(2月18日)-02月18日−01号 私もちょっと言うのを忘れておったんやけれども、その中で、これからの自動車の電気スタンドとか、水素がどうなっていくかはちょっとわかりませんけれども、そういうことが全然ここに出てこなくて、言わなあかんなと思って忘れておったんやけれども、そういう点はこの中で配慮されているんですか。 もっと読む
2015-01-29 川西町議会 平成27年  1月 まちづくり調査特別委員会(1月29日)-01月29日−01号 一方で、中心市街地活性化計画の中で回遊性についてシャトルバスということが、まだこれから検討されるという余地があるというふうに認識しておりますので、そちらのほうで検討されるときには、中央北地区としても連携を図りながら、またさらにバスの種別が電気になるのか水素になるのかわかりませんが、そういう中で時期が来れば検討するんだろうなというような認識でございます。   もっと読む
2014-09-04 小国町議会 平成26年第5回定例会(第1日) 本文 2014-09-04 さらに、これら医療機器のほかにでございますが、透析治療におきまして発生する汚水、これに含まれる水素イオン濃度及び生物化学的酸素要求量等の項目に関しましては、下水道法などで排水基準が規制されているために、これを超える場合にはこれを取り除く除外設備を設けて下水道に排水する必要がありまして、これらの設備の購入、設置に要する経費といたしまして約1,300万円が見込まれます。   もっと読む
2014-09-01 酒田市議会 平成26年  9月 定例会(第4回) 9月14日の新聞の記事に、環境省が再生エネルギーから得られた電気を使って水素をつくり、次世代自動車の燃料電池車などの燃料として利用するモデル事業を始める方針を固めたようです。地方自治体と連携し、地域の特性を生かした地産地消のエネルギー政策として期待されます。再生エネルギービジョンを策定している本市にとっても興味深いモデル事業でもあり、今後ともども注目していくものであります。  もっと読む
2014-03-07 小国町議会 平成26年第1回定例会(第1日) 本文 2014-03-07 下水道事業は、田沢頭地内の汚水管渠整備工事を行うほか、全国的に硫化水素によるコンクリート腐食が問題化していることから、本町においても緊急点検を実施し、必要な安全対策を講じます。また、長寿命化計画に基づき、浄化センター中央監視設備更新事業を実施するほか、下水道整備完了区域内の下水道未加入者に対する加入促進に努めてまいります。   もっと読む
2013-06-28 鶴岡市議会 平成 25年  6月 定例会-06月28日−05号 その後の協議により、高速道路用地から除外になりましたが、汚水の流入量が多く、ポンプ稼働が長時間となっていることに加え、15年以上が経過し、硫化水素による設備の老朽化が著しい状況であります。  さらに、西郷地区の整備に伴って、今後増加する汚水量に対応する必要があることから、当該施設の整備を行うための協定締結であります。  協定金額が1億8,800万円で、協定の相手方は日本下水道事業団であります。   もっと読む
2013-06-24 川西町議会 平成25年  6月 厚生常任委員協議会(6月24日)-06月24日−01号 また、硫黄酸化物は目標値30ppmに対して10分の1以下の2.2ppm、塩化水素は目標値50ppmに対して10分の1以下の4.5ppm、ばいじんは目標値0.03グラム・パー・ノルマル立米に対して2分の1以下の0.014グラム・パー・ノルマル立米で、全てにおいて目標値以下の結果となっております。   もっと読む
2012-09-01 酒田市議会 平成24年  9月 定例会(第4回) 地球温暖化対策としては、燃料電池自動車の導入にあわせて、水素の供給施設の整備などは考えられないでしょうか。 大きな3つ目、子育て支援政策について伺います。 初めは、保育の質の確保についてです。 子育てするなら山形県と、吉村知事は子育て支援を重点政策の一つにしています。阿部市長も平成24年度の施政方針に、子育て関係施策の充実を図ると述べていらっしゃいます。 もっと読む
2012-06-18 川西町議会 平成24年  6月 建設文教公企常任委員会(6月18日)-06月18日−01号 また、参考2の工事概要についてでございますが、解体延べ床面積6095.98平方メートルで、内訳として焼却灰・汚泥中間処理施設の鉄骨造地上2階建て1176.52平方メートルを初め、管理棟施設、焼却炉施設、第1水処理施設の第1及び第2揚水ポンプ棟、第2水処理施設の第2水処理施設及び硫化水素処理施設であります。   もっと読む
2012-06-11 鶴岡市議会 平成 24年  6月 定例会-06月11日−03号 法に基づき一般廃棄物の最終処分場に係る技術上の基準、これにつきましては、水素イオン濃度を初め18項目の検査を毎月、それから農業用水基準につきましては、大腸菌群数を初めとする25項目にわたる検査を3カ月ごとにそれぞれ実施をいたしております。 もっと読む