運営者 Bitlet 姉妹サービス
164件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-06 小国町議会 平成30年第8回定例会(第1日) 本文 2018-12-06 の町民から意見が行っているかと思いますけれども、私のところにもですね、いろいろな形で「何とかしてください」という、「何とかしてください」よりも「何とかしろ」というような叱咤激励がありますけども、これもですね、なかなか、お金のことばかり申し上げて申しわけないんですけれども、きちっとした形で、きちっとした形というのは、法令にのっとってですね、修理をしますと、足場からの設定ということになりまして、本当の概算 もっと読む
2018-12-01 酒田市議会 平成30年 12月 定例会(第5回) 11月15日現在の集荷数量が8万7,000俵で販売数量が2万7,000俵ということで販売進度が31%と聞いておりますが、これはかなり速いスピードだと聞いております。 また、国から提供される米の情報資料のマンスリーレポートですが、これでも前年同月と比較すると、在庫や事前契約数などから好調な取引状況がうかがわれます。まさに知名度が高まっているからだと実感しているところでございます。  もっと読む
2018-09-12 高畠町議会 2018-09-12 平成30年決算特別委員会 本文 ただ、実際には、冬期間につきましては検針いたしませんので、概算数量でずっと精算いただいていますので、そうしますと排水量がふえますが、実際お金をいただくお金の数量は低いということが要因となりまして、低下したということになってございます。そういったことでございます。以上でございます。よろしくお願いします。 もっと読む
2018-09-07 高畠町議会 2018-09-07 平成30年第507回定例会第2号 本文 また、この根拠と質問されましたけれども、この数字というのは屋代川の河川改修の基本計画にあります数量でございまして、ただいま下流から河床の掘削等を進めておりますが、それら一連の工事が全てこの300トンを流すための工事でございます。 もっと読む
2018-09-04 庄内町議会 平成30年  9月 定例会(第5回)-09月04日−01号 既設舗装版が想定よりも厚かったため、取り壊し処分量が増加したもので、その他、現地に適合するよう設計数量を変更して実施したものであります。また、請負者から工期延長承認申請が提出されたことにより工期を延長して実施したものでございます。  No.7は防災・安全社会資本整備交付金事業 町道廻館前田野目線防雪柵設置工事(2工区)[繰越明許]でございます。 もっと読む
2018-05-21 庄内町議会 平成30年  5月 全員協議会-05月21日−01号 イ 農林漁業体験実習館     天体観測機器の撤去は、多額の費用(概算で1,000万円以上)が掛かることから見送られてきた。平成30年度に屋根改修を行うことが決まり、撤去まではいかないものの、雨漏りの影響を受けないような修繕を行う予定である。     調理室については、冬期間の採算に問題があり、店舗としての通年利用は難しい。 もっと読む
2018-04-18 庄内町議会 平成30年  4月 全員協議会-04月18日−01号 原木の量につきましては、30立方メートルという形の数量は、今現在使用可能な量として回答は来ております。ただ、これがそのまま使えるかということについては、今精査中でございます。といいますのは、使えることは可能ですが、それがすべて採用できるかどうかは、まだ精査しきれてない。もの自体をすべて見ていない。組合との交渉はまだ完全に終わっていない。使うことは可能です。 もっと読む
2018-03-06 小国町議会 平成30年第3回定例会(第1日) 本文 2018-03-06 今回の補正は、平成28年度に概算交付された療養給付金等負担金の精算に基づく返納金の追加と、国民健康保険事業運営基金への積み立てを行うものであります。  また、国保総合システム等の改修、後期高齢者支援金、介護納付金、保険財政共同安定化事業拠出金については、実績見込みに基づき不用額を減額いたしました。   もっと読む
2018-02-02 庄内町議会 平成30年  2月 臨時会(第1回)-02月02日−01号 このとき、これまで概算事業費を示してから、それまでの計画段階の精査不足から4度も概算事業費が少しずつ少しずつ上がっているんですよね。こういうなし崩し的に一度町民の皆さんに示した概算事業費が上がっていくというのは、事業そのものの町民の信頼性を損なうので、こういうことのないようにしっかり精査してくださいと言ったばかりだったんです。 もっと読む
2017-12-15 庄内町議会 平成29年 12月 定例会(第6回)-12月15日−03号 総事業費の捉え方につきましては、これまでも議会との意見交換会で説明したところでございまして、基本計画に載っている事業費と財源という部分の概算事業費という、今言った設計監理ですとか発注者支援、新庁舎建設というような各項目におけます事業費の積み上げと捉えています。 もっと読む
2017-12-11 鶴岡市議会 平成 29年 12月 定例会-12月11日−04号 ◎市民部長(佐藤茂巳) それでは、建設の際の建設費の概算と財源についての再質問にお答えをいたします。    もっと読む
2017-12-08 鶴岡市議会 平成 29年 12月 定例会-12月08日−03号 土砂災害危険度と土砂災害警戒情報の判断基準につきましては……    (持ち時間終了ブザー) ◎市民部長(佐藤茂巳) 降った雨が土壌中に水分量としてどれだけたまっているかを数量化した土壌雨量指数から判断し、2時間先までの予想が基準値を超える場合に土砂災害警戒情報が発表されるなど、県気象庁の観測データなど年々精度や機能が向上していることから、また先ほど申しましたように県、気象庁、国土交通省の雨量計が県、 もっと読む
2017-12-05 鶴岡市議会 平成 29年 12月 定例会-12月05日−01号 本市においてもJAの概算金がつや姫は1万5,200円と微増でありましたが、主力品種のはえぬきが1万2,000円と28年産から1,000円上昇しており、米価は回復基調にあります。   一方で、米政策改革がいよいよ平成30年から始まります。農家所得を確保するためには米の過剰作付を抑制し、米価を安定させることが重要であります。 もっと読む
2017-12-01 酒田市議会 平成29年 12月 定例会(第5回) 一方、ことし8月に総務省が示した平成30年度地方交付税の概算要求の概要につきましては、地方交付税は対前年度比マイナス2.5%と示され、また、合併算定替の段階的縮減について平成30年度で3年目となりますが、仮に平成29年度ベースで試算すると、縮減額は5億3,225万8,000円となりまして、平成29年度算定額からさらに2億1,290万3,000円が縮減となる見込みでございます。  もっと読む
2017-09-19 庄内町議会 平成29年  9月 全員協議会-09月19日−01号 ただいまの石川 保議員の提案に関しては、我々も概算事業費27億円ほどから、先程もありましたが、本庁舎の追加工事及び物価スライドで3億5,000万円。特に物価スライドに関しては仕方がないのかもしれませんが、西庁舎に関しては利活用が定まっていない中、その場しのぎの設計で、未だそのような印象を受けたところでございました。そこからすれば、我々概算事業費を常に意識をしてまいりました。   もっと読む
2017-09-06 高畠町議会 2017-09-06 平成29年第502回定例会第2号 本文 概算事業費として約1,000万円としています。この大規模改造の時期は明らかなのかどうか、お聞きします。  次に、放課後児童クラブの評価についてです。国の放課後児童クラブ運営指針、町の健全育成事業の設備及び運営に関する条例とともに、運営の内容について自己評価を行い、その結果を公表するよう求めています。 もっと読む
2017-08-31 鶴岡市議会 平成 29年  9月 定例会-08月31日−02号 今後は、概算での請求方法や年度ごとの精算方法も含め、負担金の項目等も含めたルールの大筋について、31年度中をめどに決定してまいりたいと考えております。    もっと読む
2017-08-29 鶴岡市議会 平成 29年  9月 定例会-08月29日−01号 基幹作物である米の価格につきましては、6月末の民間在庫量が5年ぶりに200万トンを下回る199万トンとなるなど、需給が引き締まり、早期米産地の概算金が500円から1,000円高となるなど、米価の回復傾向にあります。 もっと読む
2017-06-13 鶴岡市議会 平成 29年  6月 定例会-06月13日−01号 一方、平成30年からの米政策の見直しが間近に迫っておりますが、山形県では、これまで国が示してきた生産数量目標にかわる新たな基準が必要との認識を示しております。本市では、県の方針を検討するワーキンググループ会議に出席して積極的な政策提言を行っているほか、国などからの情報収集に努め、さらにはJAなどの関係機関とともに平成30年以降の対応について検討を進め、迅速に対応してまいります。    もっと読む
2017-06-01 村山市議会 村山市議会 会議録 平成29年  6月 定例会(第2回)-06月01日−02号 米は戦後、食糧不足から開田を推奨し、畑を田へと開田して食糧米をつくってきましたが、昭和45年に、主食用米の生産過剰により価格が下落しないよう、国が生産数量目標を示して需給を調整したものです。   もっと読む