581件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

天童市議会 2018-09-18 平成30年  9月 予算特別委員会-09月18日−01号

、子育て支援課課長 今田 晃、課長補佐(児童育成係長)結城篤彦 課長補佐(家庭支援係長)安孫子有里市民部部長 松浦和人生活環境課課長 秋保泰志、課長補佐(市民安全係長)佐藤良和 環境美化衛生係長 鈴木伸治、環境保全エネルギー係長 山口哲哉市民課課長 松田健一、課長補佐(記録年金係長)今田仁志 戸籍係長 本田秀幸教育委員会教育次長 大内淳一生涯学習課課長 村山裕二、課長補佐(学習推進係長)森谷英明、文化財係長

天童市議会 2018-09-12 平成30年  9月 決算特別委員会-09月12日−03号

    なし  ●出席要求による出席者職氏名 日程所属職・氏名9月12日(水)教育委員会教育次長(兼)教育総務課長 大内淳一教育総務課課長補佐(庶務係長)横倉文男、課長補佐(管理係長)小松和博学校給食センター所長 高橋清見、副所長 大戸正義学校教育課課長 戸田一彦、課長補佐(教職員係長)伊藤顕吾 副主幹(指導係長)須藤 仁、学事係長 川股智子生涯学習課課長 村山裕二、課長補佐(学習推進係長)森谷英明 文化財係長

鶴岡市議会 2018-09-11 平成 30年  9月 定例会-09月11日−04号

本市の取り組み内容としては、50種類以上の生きた文化財、在来作物や出羽三山に伝わる精進料理と精神文化を体感し、宿坊、農家、漁家、民宿、温泉等で、外国人旅行者が長期滞在できる周遊ルートを提供するとありました。国の実施要綱では、この食と農の景勝地は、農泊、食文化、海外発信地域とされ、SNS上で発信されております。

鶴岡市議会 2018-09-07 平成 30年  9月 定例会-09月07日−02号

景観審議会は、景観条例に基づきまして、委員12名で構成されまして、学識経験者として大学教授3名、市民の代表者8名、山形県の職員1名となっておりまして、市民の代表者につきましては、教育、建築設計、建設、造園、デザイン、文化財、経済といった景観形成にかかわる幅広い分野から委員をお引き受けいただいておるところでございます。   

庄内町議会 2018-09-06 平成30年  9月 定例会(第5回)-09月06日−03号

3月の庄内町民俗芸能伝承協議会総会において、町指定無形文化財である茗荷瀬神楽が活動を休止すると聞いて少しショックを受けました。また、その席上で、町からの事務的支援の要望も出ておりました。そこで私は、平成24年3月定例会において報告された総務文教厚生常任委員会の民俗芸能保存・伝承についての調査報告書及び調査結果を熟読し、また、先進地事例として、遊佐町役場の担当職員に取材に伺わせていただきました。  

鶴岡市議会 2018-09-05 平成 30年  9月 定例会-09月05日−01号

大荒地内における一般廃棄物最終処分場の整備について、地元住民が平成28年5月20日に里山保全と県史跡文化財の須恵器窯跡の保全を理由に候補地取り下げを市に求めました。しかし、市は、平成28年10月ころから、地元住民の理解を得ない状況下で候補地の現地調査を強行しました。

酒田市議会 2018-09-01 平成30年  9月 定例会(第4回)

地区南側を流れる田沢川は、上流にダムを有し、ダムの麓は市指定文化財の旧阿部家が江戸時代中期に建てられた当時の農家の暮らしを今に伝える古民家として現存しています。現代では見ることのできない釿仕上げが特徴的であります。地区内では小正月行事など伝統の行事が今も行われていて、ぜひ一度は見学していただきたい建物と思っています。 

天童市議会 2018-08-31 平成30年  9月 定例会(第3回)-08月31日−01号

文化財の啓発・保護・調査に要する経費の増額につきましては、山寺が支えた紅花文化の日本遺産認定に伴い設立されました山寺と紅花推進協議会への負担金を計上するものであります。  内容は多言語ポータルサイトの開設や観光プロモーション映像の製作などの活動を通しまして、地域の活性化や観光振興を図ろうとするものであります。  

鶴岡市議会 2018-06-15 平成 30年  6月 定例会-06月15日−02号

本市は、出羽三山と松ヶ岡開墾場に代表される2つの日本遺産、そしてギネスに認定された加茂水族館、個性豊かな温泉施設など観光地に恵まれ、まただだちゃ豆など在来作物や豊かな水産物などによるユネスコに認められた食文化、さらには国内でも貴重な文化財である黒川能、市民に慕われるお殿様が暮らす城下町など、自然、歴史、文化など観光資源には事欠きません。

高畠町議会 2018-06-06 2018-06-06 平成30年第506回定例会第2号 本文

次に、文化財保護について質問します。  文化財は、地域の歴史を物語る貴重な資料であります。地域の人々の知恵と努力の結晶でもあり、生きてきたあかしとも言えます。過去から学び、さらによき未来へとつないでいく大切な財産と考えます。  当町には、国指定遺跡4、県指定文化財(建造物・彫刻・考古資料)など9つ、史跡2、無形民俗文化財1、それに平成28年に国登録有形文化財として旧高畠駅舎があります。

酒田市議会 2018-06-01 平成30年  6月 定例会(第3回)

北前船寄港地・船主集落が日本遺産に認定され、関連する構成文化財の整備も重要な課題になっております。 ①、旧割烹小幡改修事業について3点お尋ねします。 1点、昨年度の調査事業の結果を受けて取り組む方針となった小幡改修事業について、市民の中には、老朽化がひどくて一時は取り壊しの方針に決まっていたのに、今さら大金をかけて改修しても観光名所となり得るのか、疑問視する声も聞かれました。

天童市議会 2018-03-15 平成30年  3月 予算特別委員会-03月15日−04号

このほかに、埋蔵文化財関係の調査が生涯学習課、天童市の費用で行うというふうなことになります。  埋蔵文化財がそこに出てきた場合には、山形県のすまい・まちづくり公社につきましては、その部分に住宅宅地を開発するというふうなことについては不可、適地ではないというふうな判断をするというふうなことが1点ございます。  

天童市議会 2018-03-13 平成30年  3月 予算特別委員会-03月13日−02号

欠席委員     なし  ●出席要求による出席者職氏名 3月13日(火)教育委員会教育次長(兼)教育総務課長 佐藤 雅教育総務課課長補佐(庶務係長)矢萩 茂、課長補佐(管理係長)小松和博学校給食センター所長 萩生田伸悟、副所長 大戸正義学校教育課課長 江川久美子、課長補佐(教職員係長)石澤明子 副主幹(指導係長)須藤 仁、学事係長 川股智子生涯学習課課長 武田文敏、課長補佐(学習推進係長)森谷英明 文化財係長

高畠町議会 2018-03-07 2018-03-07 平成30年第504回定例会第2号 本文

また、国登録有形文化財の旧高畠駅舎群は、観光施設としての価値も高く、保存利活用計画を策定し、事業化に向け取り組んでまいります。さらに、日向洞窟に代表される国指定史跡等の貴重な遺産を中核に据え、文化財保護活動と観光産業との連携を進めてまいります。  次に、3つ目の指針である「協働と共生を基本としたまちづくり」について申し上げます。  

鶴岡市議会 2018-03-06 平成 30年  3月 定例会-03月06日−04号

一方、県指定文化財に関しましては、中には指定当初から損傷が見られたものもございましたが、傷みの激しいものは唐織、縫箔といった女役の着つけとして用いる装束、また麻製の長絹でありまして、肩の縫い目、帯を巻く腰部分、裾のほつれ等の損傷が多く見られたものでございます。   そこで、補修につきましては、県指定の文化財でありますことから、まずは県へ相談してまいりたいと考えております。