131件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

天童市議会 2018-09-11 平成30年  9月 決算特別委員会-09月11日−02号

自動心臓マッサージ器については、救急車に積載するものでありますが、具体的には心肺停止傷病者に対しての、胸骨圧迫といったようなことから、結果的に回復させるというような機械でありますが、具体的にどの程度使用したというふうなことは記録しておりませんので、御了承いただきたいと思います。 ○山崎諭決算特別委員長 ほかに質疑ございますか。  後藤委員。

庄内町議会 2018-09-07 平成30年  9月 定例会(第5回)-09月07日−04号

ですから、まずは前渡しということの中では、昨年よりもまた上回っているというふうなことで、一応、山形県はどういうふうな流れになるかは何とも申し上げられませんが、私としては、今の需要供給の点から考えても、今のところは、今後の将来を見ればマイナスにはならないのではないかというふうには見ています。それには、やはりこれからもいい優良品種の確保というもの。

庄内町議会 2018-06-05 平成30年  6月 定例会(第3回)-06月05日−01号

◆3番(齋藤秀紀議員) この事故があったときの運転者の対応を伺いたいのですが、事故を起こした相手方が怪我をした場合、当然、相手の応急処置とか、救急車を呼んだり、警察を呼んだりするのは、やはり加害者側だと思うんですが、私の聞いたところによりますと、この運転手は、相手がかなり若い人なので怒っていたと。

天童市議会 2018-02-28 平成30年  3月 定例会(第5回)-02月28日−01号

また、保育需要の対応するため、認可保育所の新設を支援したほか、保育士人材確保に向けた取り組みにより、保育環境の充実に努めました。新たな子育て支援として、第3子以降の学校給食費無料化事業を開始し、教育面においても、ICT機器の整備や英語教育の強化に取り組みました。  

天童市議会 2017-12-13 平成29年 12月 予算特別委員会-12月13日−02号

これはしなければならないというふうな枠組みになっているということなんですが、地方交付税基準財政需要額に算入するから比較的いい財源だというふうに、もう考えているのではないかと思われますが、ただ、市税が伸びますと、もう交付税が算入したといっても全然反映されないというふうになっているかと思いますが、やはりどうしても市税分が伸びた、そういうような状況にありながらこれを借りなければならない、その状況はおかしくないかと

天童市議会 2017-03-06 平成29年  3月 定例会(第6回)-03月06日−02号

総務省消防庁が公表した「平成28年度版救急救助の現況」によると、平成27年度のデータでは、救急隊が電気ショックを行った場合の1カ月後の社会復帰率は20.3%であるのに対し、救急隊の到着前に一般市民が電気ショックを行った場合の1カ月後の社会復帰率は46.1%でした。救急隊の到着前に一般市民が電気ショックを行ったほうが、社会復帰する確率が約2.3倍上がるという結果です。

天童市議会 2017-02-28 平成29年  3月 定例会(第6回)-02月28日−01号

今回の補正予算は、収益的収入医業収益については、救急医療の確保及び企業債利息に係る一般会計負担金の減額であります。  医業外収益については、救急医療の確保に係る国庫補助金国民健康保険特別会計の直営診療施設勘定繰出金として受けるための国保会計負担金の増額が主なものであります。  収益的支出の医業外費用については、精査に伴う企業債利息の減額であります。  

庄内町議会 2016-09-07 平成28年  9月 定例会(第6回)-09月07日−02号

医療福祉子育て道路整備、除雪、消防救急等の安全安心な生活に直結する予算や、教育文化スポーツなど生活を豊かにする予算など、目的、性質は様々でございます。  町民1人あたり月額7万円をどう評価するか、個人によって基準が様々でございますが、約2万2,000人の町民に加えまして、本町で働く、あるいは学ぶ、あるいはおいでいただいた方々を含めて適正な予算であったか。

庄内町議会 2016-06-15 平成28年  6月 定例会(第4回)-06月15日−02号

これまで考えてまいりました計画期間内での整備完了に加えまして、地元経済効果の波及並びに地元事業者の参入という部分も庁舎整備の視点、需要なポイントとして考えた場合、今まで発注方式として選定していたデザインビルド方式、それにCM方式という部分につきましては、地元の経済的なメリットを考えた場合、若干メリットが少ないということだろうという判断から、今回、計画の方からその文言を見直しさせていただいたということになっております

天童市議会 2016-03-23 平成28年  3月 定例会(第7回)-03月23日−04号

委員会調査事項具体的件名総務教育 常任委員会市政運営、行財政消防教育問題について1 市政運営の総合企画について 2 広域行政及び行財政運営について 3 行政水準の向上対策について 4 広報・広聴及び市民参加等について 5 消防救急業務について 6 教育振興について 7 危機管理及び災害対策について 8 その他総務教育常任委員会の所管に属する事項について環境福祉 常任委員会健康医療福祉、生活環境問題

庄内町議会 2016-03-14 平成28年  3月 定例会(第2回)-03月14日−06号

なお、現在の原油価格及び為替相場は、ガス事業にとっても需要家にとっても有利に働く傾向にありますが、半世紀ぶりのガス事業法改正による平成29年度中に予定されるガス小売自由化の本町ガス事業に対する影響がどのようなものになるのか、原料元売りとの協議の結果でございますが、自由化の中央での議論の動向を見定める必要があるということから、平成28年4月からの原料価格引き上げは1年延期で合意してございますが、平成29

天童市議会 2015-08-31 平成27年  9月 決算特別委員会-08月31日−03号

御指摘のとおり、これまでは会計制度一般会計からの負担金等々については資本で受けるものが主でありましたが、今回、会計制度の変更に伴いまして、医業収益として計上するものが救急医療に関する負担金、それから保健衛生等に関する負担金、これが6,227万4,000円ほどでございますが、会計制度の変更に伴ってこれら救急医療とか保健衛生等のものについては、医業収益の市からの負担金で受け入れるというふうに制度が改定

天童市議会 2015-03-05 平成27年  3月 定例会(第8回)-03月05日−04号

公立病院が実施する事業の中には、小児医療救急医療周産期医療などの不採算部門が含まれ、市民病院例外ではなく、これらの医療を継続的に提供するには、経営基盤強化のため一般会計からの負担が必要であると考えております。  基本的には、総務省の考え方に基づく操出金が前提でありますが、現行の市民福祉向上のための政策医療としての操出金も含めた繰り出しについては、問題はないと考えております。

天童市議会 2015-03-04 平成27年  3月 定例会(第8回)-03月04日−03号

本市の人口についても、大幅に減少する方向と見込まれており、危機感を持っているところですが、詳細な人口推計については、本市の仮称でありますが総合戦略会議を新年度早々に設置し、人口動向等の現状を分析した上で、早い段階で明らかにしてまいり、その上で、今後の財政需要を計画的に見通して、より効率的で、効果的な施策が実施できるよう、平成27年度に検討を重ねていく予定です。  

天童市議会 2015-02-27 平成27年  3月 定例会(第8回)-02月27日−01号

さらに、認可保育所の小百合第二保育園の移転改築事業を支援し、保育需要の増加に対応できるよう準備を進めているところであります。  次に、観光・ものづくり日本一への挑戦としては、元気で活発なまちづくりを進め、農林業工業商業観光の振興を図るとともに、地域経済の活性化と定住人口の確保を図るための施策に重点的に取り組んできました。  

天童市議会 2014-12-10 平成26年 12月 定例会(第7回)-12月10日−03号

また、外食産業などは米価高騰の際に減らした1食当たりの量目をもとに戻さず、米価が下がっても需要は増える見込みはありません。米価の暴落で潤うのは一部の流通大手と外食産業だけであります。  安倍内閣輸入米を増やすTPPを前提に国の需給調整責任を放棄し、農家に自己責任を迫り、率先して市場任せの米政策を実行することは重大であります。  

天童市議会 2014-09-18 平成26年  9月 決算特別委員会-09月18日−04号

前年度に対してどうだこうだなどというのは、多少伸びているのかもしれませんが、今、医療市場全体が、国の医療費がどんどん伸びているというふうに言われていると同じように需要が伸びているのですよ。それは前年度に対して伸びるのは当たり前なんです。世の中全体が需要が伸びているんですから。  要するに、立てた予算に対してなぜ必達できなかったのか。これを必達して当たり前なのですよ、企業というのは。