運営者 Bitlet 姉妹サービス
698件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-05 高畠町議会 2018-12-05 平成30年第508回定例会第2号 本文 今後、人口減少等により公共施設等の利用需要が変化することが予想されていることを踏まえたものです。  政府は、施設更新に有利な地方債を創設しました。これを活用する条件として、公共施設等総合管理計画を策定することを条件にしたため、ほぼ全自治体で策定されました。  本町においても2016年に高畠町公共施設等総合管理計画が策定され、それに基づき、今年度に高畠町個別施設計画が策定されました。 もっと読む
2018-12-01 酒田市議会 平成30年 12月 定例会(第5回) この6日に水道法が改正され、その理由といたしましては、人口減少に伴う水の需要の減少、水道施設の老朽化、そして深刻化する人材不足の水道の直面する課題に対応し、水道の基盤の強化を図るため、所要の処置を講ずるとされております。その中で、水道施設に運営権を民間事業者に設定できる、いわゆるコンセッション方式が導入されました。  もっと読む
2018-09-12 鶴岡市議会 平成 30年  9月 決算特別委員会-09月12日−01号 受取利息及び配当金は預金の利子、国庫補助金は荘内病院の臨床研修医受け入れに伴う補助金で、県補助金は周産期母子医療センター事業や救命救急病院実習費、小児救急医療費支援事業等に対する補助金でございます。他会計負担金は、高度特殊医療及び企業債利子等に対する一般会計からの負担金でございます。 もっと読む
2018-09-11 天童市議会 平成30年  9月 決算特別委員会-09月11日−02号 自動心臓マッサージ器については、救急車に積載するものでありますが、具体的には心肺停止の傷病者に対しての、胸骨圧迫といったようなことから、結果的に回復させるというような機械でありますが、具体的にどの程度使用したというふうなことは記録しておりませんので、御了承いただきたいと思います。 ○山崎諭決算特別委員長 ほかに質疑ございますか。  後藤委員。 もっと読む
2018-09-10 鶴岡市議会 平成 30年  9月 定例会-09月10日−03号 次に、河川汚濁と林道との関係でございますが、木材需要が高まる中、木材の搬出に不可欠な作業道等は急峻な山腹を切り開いて開設し、荒削りで簡易な構造のものが多いことから、大雨の際には路面の洗掘やのり面、路肩の崩落による土砂が流出しやすく、河川汚濁の一因にもなっております。 もっと読む
2018-09-07 庄内町議会 平成30年  9月 定例会(第5回)-09月07日−04号 ですから、まずは前渡しということの中では、昨年よりもまた上回っているというふうなことで、一応、山形県はどういうふうな流れになるかは何とも申し上げられませんが、私としては、今の需要と供給の点から考えても、今のところは、今後の将来を見ればマイナスにはならないのではないかというふうには見ています。それには、やはりこれからもいい優良品種の確保というもの。 もっと読む
2018-09-07 鶴岡市議会 平成 30年  9月 定例会-09月07日−02号 このほかの課題に対する主な取り組みとしましては、需要の変化に対応した交通サービス提供、路線再編に対し、朝日地域の路線バスの縮減に伴う交通再編に対する市営バスの導入を行い、市民協働による持続的な公共交通体系の確保という課題に対し、藤島東栄地区デマンド交通や西郷地区ボランティア輸送活動、羽黒地域と朝日地域の市営バス利用拡大協議会など、市民が主体となった取り組みへ市の支援を行っております。    もっと読む
2018-09-05 鶴岡市議会 平成 30年  9月 定例会-09月05日−01号 これまでの特例債を活用した事業のうち、主なものを申し上げますと、鼠ヶ関小学校など小学校4校、羽黒中など中学校3校の学校改築の関係、また由良コミュニティセンター、藤島地区地域活動センターなど、コミュニティ施設の改築、改修の関係、また道路、橋梁の改良整備関係、さらには文化会館、加茂水族館、消防本部庁舎、羽黒庁舎、消防羽黒分署、総合保健福祉センターにこふるなどの政策的な投資事業のほか、除雪機械、消防救急車両 もっと読む
2018-06-15 鶴岡市議会 平成 30年  6月 定例会-06月15日−02号 こうした課題への対応とともに、今後も需要を見きわめた上でにこふる以外に地域の児童館や公民館なども対象に、会場をふやすことについてあわせて検討してまいりたいと存じます。   以上でございます。 もっと読む
2018-06-01 酒田市議会 平成30年  6月 定例会(第3回) 事業完成後の駐車場についてでございますけれども、262台の立体駐車場に加えまして、ホテル事業者や宴会場の事業者はそれぞれ単独で駅前周辺に駐車場を準備しておりますことから、公共施設及び民間施設の駐車需要に対し、平時としては十分対応できるものと、このように考えております。  もっと読む
2018-03-06 鶴岡市議会 平成 30年  3月 定例会-03月06日−04号 介護サービスの需要も一定の増加が予想されます。一方、それを支えるべく介護人材の確保が非常に厳しく、現在の第6期の施設整備計画においては、介護人材確保が難しいことを理由に施設整備を断念している事業所も出ておりまして、事業者側も新たなサービスの施設整備には慎重な状況がうかがえます。 もっと読む
2018-03-05 鶴岡市議会 平成 30年  3月 定例会-03月05日−03号 3点目として、ことしの1月12日に温海地区の鍋倉集落において急病人が発生して、朝の7時に救急車の出動を要請する電話をしたところ、大雪により国道から集落に上る市道を救急車が集落内にまで上れず、隊員が徒歩で上り、患者をそりで下まで運んだとのこと。それにより、ドクターヘリの要請にも手間取ったことなどもあって、結局救急要請してから病院に到着するまで3時間ほどかかったという事例が発生しています。 もっと読む
2018-03-02 鶴岡市議会 平成 30年  3月 定例会-03月02日−02号 私が実際目撃した中でも、荘内病院への救急搬送についてでこぼこしていますので、救急搬送されている患者さんのためにゆっくり走らざるを得なくて、一分一秒急いでいるはずの救急搬送なのに徐行しているということを目撃いたしました。 もっと読む
2018-03-01 酒田市議会 平成30年  3月 定例会(第1回) このように、市全体としては、工業用途としての需要ですとか、それに対応する面積を総合的に分析、検討していく必要があるものと考えておりまして、企業誘致活動や酒田港周辺企業との情報交換を通じて、今後の方向性を検討をしていきたいと、このように考えているところであります。 なお、お話にもございました、本港地域で現在埋め立てをしております海面処分用地、約37.1haあります。 もっと読む
2018-02-28 村山市議会 村山市議会 会議録 平成30年  3月 定例会(第1回)-02月28日−01号 3つ目、消防通信指令システム・救急デジタル無線保守点検業務委託料は、平成30年4月より3か年間の保守点検業務を委託するに当たり、3月中に契約を行う必要があるためのものでございます。  4つ目、小学校スクールバス運転業務委託料及び中学校スクールバス運転業務委託料につきましては、平成30年4月当初からスクールバスの運転業務を委託するため、3月中に契約を行う必要があるためのものでございます。   もっと読む
2018-02-28 鶴岡市議会 平成 30年  3月 定例会-02月28日−01号 消防救急体制強化の観点では、車両の整備や消防施設の新営改良、救急救命士の養成などに引き続き取り組んでまいります。   新しいごみ焼却施設の整備でありますが、これまで整備計画の策定や測量、地質調査、整備・運営事業者選定などを行っておりますが、本議会には建設工事に係る請負契約の議案を提出いたしております。今後、平成33年度の供用開始を目指し、着実に整備を進めてまいります。    もっと読む
2018-02-28 天童市議会 平成30年  3月 定例会(第5回)-02月28日−01号 また、保育需要の対応するため、認可保育所の新設を支援したほか、保育士の人材確保に向けた取り組みにより、保育環境の充実に努めました。新たな子育て支援として、第3子以降の学校給食費無料化事業を開始し、教育面においても、ICT機器の整備や英語教育の強化に取り組みました。   もっと読む
2017-12-21 川西町議会 平成29年 12月 議員協議会(12月21日)-12月21日−01号 安心して暮らせる救急・医療の体制づくりの基本施策1 救急・災害医療の充実ですが、施策推進の方向として、広域的な医療体制の構築などに努めることとしております。また、この施策の達成状況をはかるための指標として、夜間・休日の小児救急医療機関を知っている親の割合を設定し、目標値を定めております。   もっと読む
2017-12-21 川西町議会 平成29年 12月 市立病院整備調査特別委員会(12月21日)-12月21日−01号 救急医療につきましては、他の医療圏域へ流出している救急患者を市立川西病院と協立病院の2施設で機能分担・連携して受け入れ、患者数と搬送件数の増加を目指す内容となってございます。   もっと読む
2017-12-13 天童市議会 平成29年 12月 予算特別委員会-12月13日−02号 これはしなければならないというふうな枠組みになっているということなんですが、地方交付税の基準財政需要額に算入するから比較的いい財源だというふうに、もう考えているのではないかと思われますが、ただ、市税が伸びますと、もう交付税が算入したといっても全然反映されないというふうになっているかと思いますが、やはりどうしても市税分が伸びた、そういうような状況にありながらこれを借りなければならない、その状況はおかしくないかと もっと読む