運営者 Bitlet 姉妹サービス
795件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-06 小国町議会 平成30年第8回定例会(第1日) 本文 2018-12-06 本案は、地方自治法で定める指定都市に住所を有し、かつ当町において重度心身障がい児・障がい者医療の対象となる方の所得制限判定における公平性を保つため、所要の改正を行うものです。   もっと読む
2018-12-05 高畠町議会 2018-12-05 平成30年第508回定例会第2号 本文 小学校では、6合わせて年間約56万5,000キロワットアワーで、約1,520万円の年間使用料金となっております。こちらも2月期が最も使用料金が高い月となっております。  次に、学校給食における残量記録につきましては、各学校で記録し、毎月の献立作成会にて意見交換を行っております。   もっと読む
2018-12-01 酒田市議会 平成30年 12月 定例会(第5回) 本市といたしましては、中高一貫教育の設置については、平成28年度に開学した本県初の併設型中高一貫教育であります東桜学館中学校・高等学校の取り組みや、全国の併設型中高一貫教育の成果を踏まえた上で進めること、また、庄内地域全体の意見を丁寧に聞いた上で進めるよう、酒田市重要事業要望としても要望しておりますし、昨年度も私もそのような答弁をしたと認識をしております。  もっと読む
2018-09-28 鶴岡市議会 平成 30年  9月 定例会-09月28日−06号 前榎本市政下で学校統廃合を推し進め、小学校を14も廃校に追い込み、学校が廃止となった地域は人口減少が促進します。鶴岡市の昨年度の出生数が過去最低の735人で、合併前の1,000人超と比べ、減少は2割以上です。    もっと読む
2018-09-12 天童市議会 平成30年  9月 決算特別委員会-09月12日−03号 清掃業務ということで、小学校3、そして中学校1ということで、窓ガラスの清掃になりまして、こちらのほうは山形ビルサービスということで、1者に契約ということで行っております。  以上です。 ○山崎諭決算特別委員長 村山生涯学習課長。 ◎村山裕二生涯学習課長 公民館の部分についてお答え申し上げます。  床清掃業務委託料ということで定期清掃、これはワックスがけになります。 もっと読む
2018-09-11 鶴岡市議会 平成 30年  9月 定例会-09月11日−04号 その理由は、介護申請の仕方がわからず、認定審査を受けていない状況でありました。単独世帯で認知機能も低下している高齢者においては、介護申請はかなりハードルの高いものになっております。保険料を払ってはいるものの、その恩恵を受けられるのに受けていない高齢者が相当数おられるのではないかと思われます。 もっと読む
2018-09-10 鶴岡市議会 平成 30年  9月 定例会-09月10日−03号 最初に、申請から保護決定までの期間についてです。福祉事務所については、国民の生存権を保障する組織であって、要保護者に対して迅速な保護が必要とされております。そうした中で、制度上は福祉事務所に保護申請があったときは申請から14日間以内に保護の可否、種類、程度及び方法を決定して、申請者に対して決定の理由を書面で通知することになっています。本市の場合、平均で1カ月近くかかるとお聞きしております。 もっと読む
2018-09-07 高畠町議会 2018-09-07 平成30年第507回定例会第2号 本文 今年度は既に11世帯の申請を受けている状況となっております。利用された方からの情報によりますと、近隣自治体の同様な制度より申請がしやすいといった利点もありますが、一方では、補助金額が少ないといったご意見もいただいているところであります。   もっと読む
2018-09-07 鶴岡市議会 平成 30年  9月 定例会-09月07日−02号 1点目は、重要物流道路の指定についてお伺いをいたします。 もっと読む
2018-06-20 天童市議会 平成30年  6月 予算特別委員会-06月20日−01号 次にありますが、10款1項3目教育指導費の中で、教育指導一般に要する経費ということで、これ探求型学習推進プログラム事業で、南部小学校が指定になったというふうなことで計上されている予算ということでしたけれども、この謝礼12万6,000円計上されておりますが、この具体的な内容はどのようなものでしょうか。 ○鈴木照一予算特別委員長 戸田課長。 ◎戸田一彦学校教育課長 それでは、お答えします。   もっと読む
2018-06-19 村山市議会 村山市議会 会議録 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月19日−02号 このような取り組みを第1段階として、村山市の農業の基本戦略を明確にしていき、加えて今後は技術面や経営面で農家を支援する方策を立ち上げるなど、就農意欲の向上につながる取り組みを行うとともに、重点作物を指定し規模拡大や産地化を推進するなどして、魅力ある農業実現に向けて、農家の所得拡大を後押ししてまいりたいと思っております。  以上です。 ○議長 4番 高橋菜穂子議員。 もっと読む
2018-06-19 鶴岡市議会 平成 30年  6月 定例会-06月19日−04号 平成大合併後は鶴岡市の行財政改革大綱実施計画により櫛引が平成23年に、温海が24年に、藤島が25年に民間委託が導入をされ、羽黒地域は自単独調理方式が廃止されて、市センターから時間をかけての搬送になりました。さらに、29年度の新しい行財政改革推進プランでは櫛引、朝日の給食センターを市のセンターに統合する方針を打ち出しています。 もっと読む
2018-06-18 鶴岡市議会 平成 30年  6月 定例会-06月18日−03号 本市におきましては、それに先駆け、平成26、27年度に文部科学省におけるインクルーシブ教育システム構築事業の委託を受け、小学校3、中学校1をモデルとし、合理的配慮、協力員を配置し、支援のあり方についての研究に取り組んでまいりました。 もっと読む
2018-06-15 鶴岡市議会 平成 30年  6月 定例会-06月15日−02号 本市は、豪雪地帯に指定されており、中でも羽黒地域や櫛引地域、朝日地域は特別豪雪地帯に指定されております。そのため議員御案内のとおり、雪を単に克服すべきものとしてではなく、利用して地域づくりに生かしていくという観点からの取り組みは本市においても重要であると認識しております。 もっと読む
2018-06-08 小国町議会 平成30年第5回定例会(第2日) 本文 2018-06-08 地域整備課長(木村広英君)今現在、公共土木施設災害復旧事業のほうに申請をしまして、事業の認定を受けるよう進めておるところでございます。議員御指摘のネットを張ってという工事でございますが、平成23年度におきまして、厚層基材吹きつけ工事という工事を行っております。これは植生を促すための工事でございますので、斜面を植生によって守っていきたいという考え方でやった工事でございます。 もっと読む
2018-06-06 高畠町議会 2018-06-06 平成30年第506回定例会第2号 本文 また、県内8地区・区分ごとに再編計画の説明会、意見集約も行われており、計画によれば、当町を含めた東南置賜地区に7ある県立高校のうち、2024年度までに5学級の減少が見込まれており、既に今年度までに2で2学級が削減実施されています。  さらに、当地区の高校再編に関した今後の望ましい整備のあり方についての方向性も出されております。 もっと読む
2018-03-20 村山市議会 村山市議会 会議録 平成30年  3月 予算特別委員会-03月20日−02号 児童数の減少により、各学校の食材費に苦労されることが懸念されますが、村山市が誇る自自給を今後も継続されるよう強く望むものであります。  少子化の影響により小学校入学者も減少し、さまざまな問題も出てくると思われます。しかしながら、当面は現在の小学校の設備と規模のまま続ける計画であると報告がありました。  学校教育管理課所管について申し上げます。   もっと読む
2018-03-20 鶴岡市議会 平成 30年  3月 予算特別委員会-03月20日−03号 次に、10款教育費に入り、1項教育総務費、2項小学校費、3項中学校費では、特別支援教育充実事業に関して、インクルーシブ教育についての今後の市の考えはとの質疑に対し、以前本市で文部科学省の指定を受けた行っていたインクルーシブ教育システム構築モデル事業が終了した後、これを継続してということで市単独の事業を実施してきたものである。 もっと読む
2018-03-09 庄内町議会 平成30年  3月 定例会(第2回)-03月09日−04号 ◆6番(押切のり子議員) やはり観光交流活性化というような事業は、お金が動いてこその活性化であって、そういう意味からすれば非常に大事な施設でありますし、国に申請し直せば縛りがなくなるのだとすれば、ぜひ条例改正をして、町長の方が進める滞在型観光交流、あるいは活性化事業のために、十分に生かした施設にしてご利用いただいた方が、青少年育成だけではなくて、私はより町のためにいい施設になるんだろうと確信をしておりますので もっと読む
2018-03-08 庄内町議会 平成30年  3月 定例会(第2回)-03月08日−03号 以前の自飯、旧立川町の体制のときは共同調理場がありましたが、以前の自飯調理体制と大きく変わった現状において、地元生産納入組織からの供給など、今後どのように推進していくのか、お伺いいたします。  以上、1回目の質問といたします ◎町長 それでは、上野幸美議員の方にお答えをいたしたいと思います。   もっと読む