67件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

村山市議会 2020-03-05 03月05日-03号

市民を広報の戦力として位置づけて、市民外から人を呼び寄せた場合に、その宿泊料に対して補助を行ったりというようなことを通して、市民全体で明石市を売っていこうと、転勤で兵庫周辺に来た場合には住んでもらおうというような戦略であると聞いています。 明石市は、非常に子育て支援には一生懸命取り組んでいる市でございますが、村山市のほうが実は子育て政策は進んでいる多くの補助制度などがあるようです。

山形市議会 2019-12-03 令和元年12月定例会(第2号12月 3日)

給食パンについても、静岡は4年前から県内800校で原料を全て県内小麦粉に切りかえています。  愛媛今治市でも地元小麦100%でパン給食を提供し、輸入小麦との価格の差額は市が補填しています。こうした取り組みは、地元の農業や食文化への理解といった食を通した教育効果が高いことに加え、何より安全性への信頼が格段に大きいことが理由であると思います。  

山形市議会 2019-03-19 平成31年 3月定例会(第5号 3月19日)

さらに、加計学園獣医学部新設をめぐっては、国家戦略特区を担当する内閣府や当時の官房副長官が獣医学部早期開学文部科学省に促したとされる文書が明らかとなり、愛媛今治市、加計学園幹部が2015年4月に当時の首相秘書官と面会した際、秘書官が「本件は首相案件」、「国家戦略特区の方が勢いがある」と述べたと記された同記録文書の存在が発覚した。

酒田市議会 2019-03-15 03月15日-06号

このような現状と課題を踏まえ、持続可能な運動部とするため、平成30年3月にスポーツ庁では、運動部活動在り方に関する総合的なガイドラインを発表するとともに、平成30年12月に山形は、山形における運動部活動在り方に関する方針を策定、本市においても、酒田市中学校部活動等ガイドラインを策定し、4月より実施するとしています。 

庄内町議会 2018-12-14 12月14日-03号

議員がおっしゃられる、先立ってというところも分からなくはありませんが、国の方でも随時改正されているようですし、これまで本町事務取扱についても、に倣って、準じて制定してきたというところもございますので、国・と違う形で規程するのもどうかというふうには考えておりますので、が定められた場合は、それを参考に本町でも整備していきたいと考えているところでございます。

庄内町議会 2018-12-13 12月13日-02号

そういったものもとしては、ハードルを下げてというか、そういった部分も必要ではないかという提言なり、伝えていただきたいと思いますが、どうでしょうか。 ◎農林課長 様々な支援策、それから技術面のサポートですとか、そういったことに関しては、の関係機関なり、農協、そういった方々とまず協調して支援をしていきたいと思っております。 ◆8番(上野幸美議員) これで私の質問を終わります。

鶴岡市議会 2018-09-11 09月11日-04号

愛媛肱川では、野村ダム緊急放流により、水害を大きくしてしまい、5名の犠牲を出してしまいました。もはやダムがあるから安全というのは通用せず、逆に危険なのだということは、まず教訓とすべきと思います。  私は、6月24日大阪茨木市、7月10日には倉敷真備地区に入り、それ以降岡山、広島と現地入りをし、8月7日には今本博健京大防災研所長国会議員現地調査団に同行いたしました。

山形市議会 2018-09-11 平成30年 9月定例会(第2号 9月11日)

昨年5月に環境建設委員会の視察で愛媛西条市にお邪魔し、先進市の取り組みをお聞きしました。ディスプレーをごらんください。 〔議場のディスプレーに画像を映す〕  西条市では台風災害、急な増水による幼稚園児水難事故や近年のゲリラ豪雨を経験し、河川監視カメラシステムを市内7カ所5河川に設置しました。また、スマートフォン向け防災アプリ「防災情報さいじょう」を整備しています。  

鶴岡市議会 2018-06-19 06月19日-04号

山形におきましても、平成29年度に策定した山形水道ビジョンでは経営基盤強化のため県内圏域ごと広域連携を推進していくこととしておりますので、また新たな動きがございましたら機会を捉えて御報告をさせていただきたいと存じます。  以上です。 ◆3番(山田守議員) 冒頭触れたように、本来水道は憲法25条の生存権の保障を具体化するために位置づけられた事業です。

鶴岡市議会 2018-06-18 06月18日-03号

次に、前年度の取り組みの評価でございますが、高校卒業後の進学者のうち、外に流出する割合は約80%となっておりますので、こうした外流出者地元回帰に向けた取り組みを進めることが重要であるというふうに認識しております。積極的に進学者の多い首都圏や仙台市に出向き、地元企業との情報交換の場を提供しております。

山形市議会 2018-04-23 平成30年環境建設委員会( 4月23日)

では、まだ整備が途中の段階であり、飯塚橋上流から門伝橋までを重点整備区間として事業をしている。 ○委員   須川の飯塚橋上流約250メートルまでが国、あとは所管だが、事業費があるかどうかで整備進捗状況が変わるのか。 ○河川道路整備課長   事業費整備進捗状況に影響があると思われるが、早期完成に向け、今後も国やに対し整備促進を要望していく。