584件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

山形市議会 2018-12-11 平成30年厚生委員会(12月11日)

7 議第140号 山形市放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部改正について ○委員   経過措置期間を5年間延長するとのことだが、今後の放課後児童クラブの登録児童数や需要をどのように見込んでいるのか。 ○こども福祉課長   登録児童数は今後も増加傾向が続くと見込んでいる。

鶴岡市議会 2018-09-28 平成 30年  9月 定例会-09月28日−06号

このような虐待事案は、近年、急増しており、平成28年度全国の児童相談所に寄せられた児童虐待相談件数は12万件を超え、5年前と比べると倍増している。   こうした事態を重く受け止め、政府は平成28、29年と連続して児童福祉法等を改正し、児童虐待防止対策を強化してきた。しかし、今回の事案は、児童相談所が関与していたにもかかわらず、虐待から救うことができなかった。   

山形市議会 2018-09-18 平成30年厚生委員会( 9月18日 厚生分科会・決算)

済生館事務局長、        関係課長等 委員長席   田中英子 審査事項   1 議第61号 平成29年度山形市一般会計及び特別会計歳出               決算認定について      〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 【子育て推進部関係】 1 議第61号 平成29年度山形市一般会計及び特別会計歳入歳出決算認定について  〇一般会計歳出 第3款民生費 第2項児童福祉費

鶴岡市議会 2018-09-11 平成 30年  9月 定例会-09月11日−04号

防災ラジオは、FM電波等を受信し、ラジオが待機状態や他局の選局中であっても、起動信号を受信すると、自動的に最大音量で避難情報などを受信できるものであります。議員御案内のとおり、防災行政無線の未整備の地区においては、緊急速報メールや消防団の広報車等でお知らせすることになりますが、防災ラジオは情報を伝える有効な方法の一つと考えております。   

高畠町議会 2018-09-07 2018-09-07 平成30年第507回定例会第2号 本文

また、高齢者やひとり暮らしの方、さらに障がい者を含む町民の安全見守りや相談等には、民生委員児童委員、主任児童委員や老人福祉相談員の方々、身体障害者・知的障害者相談員等がかかわっております。具体的には、民生委員児童委員、主任児童委員等の各地区月例会の席上などで高温における熱中症予防や対策の学習を実施をし、さらにチラシをもって見守りと相談を行っていただくようお願いをいたしております。

鶴岡市議会 2018-09-07 平成 30年  9月 定例会-09月07日−02号

今回山形県は、出動準備都道府県に該当しておりまして、待機状態となっております。今後命令に速やかに対応できるよう体制をとっているところでございます。   最後に、平成30年7月豪雨災害につきましては、8月に保健師を尾道市に派遣し、山形県の保健師とともに被災者の家庭訪問などに従事したところでございます。

庄内町議会 2018-09-06 平成30年  9月 定例会(第5回)-09月06日−03号

これは例えば、「水位が高くないと判断し誰も避難しなかった」、「避難する必要がなしと考えた」、「自宅待機とした」、「要配慮者に避難を促した」、「勧告だから自主避難とした」、「自宅待機と指示が来たら移動準備をする」とか、この報告書の内容を見て担当課としては、ここの中からどのようなことが課題として考えられ、問題と思うのかをお伺いいたします。

庄内町議会 2018-09-04 平成30年  9月 定例会(第5回)-09月04日−01号

これまで決算特別委員会での質疑においては冒頭通告を行ってまいりましたが、決算特別委員会における質疑への的確な対応や資料準備等とともに、待機する職員への負担軽減と効率化の視点より前日通告に改めるものであります。前日通告の報告様式等につきましては、議会事務局に準備されておりますので確認のうえ対応することといたします。  次に会期日程についてであります。

酒田市議会 2018-06-18 06月18日-06号

また、酒田まつりの本祭りを午前中から開催したわけでございますけれども、1つとして、山車行列に参加する人数の増加によって、巡行時間に制限があること、2つ目に、保育園児から大人まで参加しておりまして、巡行するスピードが違って山車行列が渋滞となっていること、そして3つ目に、山車行列の出発まで長時間待機しなければならない等の理由から、この3つの理由から、実は参加団体から十分なパフォーマンスをしていただいて安全

鶴岡市議会 2018-06-15 平成 30年  6月 定例会-06月15日−02号

そこで、児童生徒たちのスマホを初めとしたネット利用の状況、また児童生徒、保護者及び学校関係者へのネット利用に当たっての指導の徹底等、指導体制の強化及び未然防止策、万が一被害に巻き込まれたときの対応について当局の御所見をお伺いいたします。 ◎教育部長(石塚健) それでは初めに、本市における児童生徒のインターネットの利用状況についてお答え申し上げます。   

天童市議会 2018-06-14 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月14日−02号

また、7月の民生委員・児童委員を対象とした研修会や8月の地域社会福祉協議会連絡会議で説明を行い、周知に努めてまいります。  さらに、地域いきいき講座を有効に活用して、地域の公民館や地域づくり委員会、少人数単位の会合などに積極的に伺うとともに、10月に開催予定のいきいき・ふれあい健康福祉まつりに広報コーナーを設けるなど、さまざまな機会を捉えて積極的に周知に努めてまいります。  

山形市議会 2018-04-23 平成30年厚生委員会( 4月23日)

   なし 当局出席者  市民生活部長、福祉推進部長、子育て推進部長、        済生館事務局長、関係課長 委員長席   田中英子 協議事項   1 自己紹介        2 報告事項        (1)平成30年繁忙期における窓口受付時間延長等の実施結           果について        (2)成年後見制度の利用促進について        (3)平成30年4月1日現在の保育所等利用待機児童

天童市議会 2018-03-23 平成30年  3月 定例会(第5回)-03月23日−04号

昨年には、待機児童が36人という、県内では不名誉な結果になってしまいました。昨年の待機児童に関する説明で、年齢内訳の多くはゼロ歳児、1歳児と聞いております。私は、ここの部分を増やさないと解決しない問題だと認識しております。ただ単に、認証を認可にすれば、待機児童がなくなるものではないということです。  昨年は認可の枠が増えましたが、結局のところ、待機児童は36人となりました。

山形市議会 2018-03-12 平成30年厚生委員会( 3月12日)

○委員   平成29年10月時点での待機児童が100人を越え、平成30年4月1日時点でも36人というのは望ましくない。最低でも半年ごとに動向を報告してもらいながら、待機児童ゼロに向けて実行ある政策を実施してほしいがどうか。 ○子育て推進部長   保育士不足は喫緊の課題と認識しており、保育士トライアル制度と保育士宿舎借り上げ事業の予算を計上した。保育士トライアル制度では20人分の予算を確保している。

天童市議会 2018-03-06 平成30年  3月 定例会(第5回)-03月06日−03号

小・中学校の児童数の推移は一つの目安でありますが、集落内の児童・生徒数の減少は集落の活力の低下、地域コミュニティーの衰退につながるものと危惧されるところであります。市街地周辺集落における宅地開発を今以上に積極的に進めるべきと考えますが、この点についてお伺いします。  子育て支援、待機児童の対策について伺ってまいります。  

鶴岡市議会 2018-03-05 平成 30年  3月 定例会-03月05日−03号

豪雪対応の主な具体的内容につきましては、道路などの巡回パトロールを強化し、道路除雪はもちろん、必要に応じて排雪も実施をいたしまして、人的被害の要因として大きなウエートを占めております雪おろし作業中の事故につきましては、防災行政無線での注意喚起やホームセンターなどでのチラシ配布の啓発活動を実施、また休日に防災担当職員が職場に待機をして雪おろしなどの相談対応を行っております。   

鶴岡市議会 2018-03-02 平成 30年  3月 定例会-03月02日−02号

各カテゴリーの順位の基礎になっております指標といたしましては、住居水準充実度は住宅延べ床面積や持ち家世帯比率をもとに算出されておりまして、安心度は病院、一般診療所病床数のほか、介護老人保健福祉施設定員数、出生数、保育施設定員数や待機児童数をもとに算出をされております。

天童市議会 2018-03-01 平成30年  3月 定例会(第5回)-目次

エレベーターの設置について  2 天童市スポーツセンターと天童市パークゴルフ場の環境整備について   (1) 市スポーツセンター南側駐車場のアスファルト化について   (2) 市パークゴルフ場川原子コースのコース整備について 上、答弁……………………………………………………………………………………122 鈴木照一議員質問…………………………………………………………………………129  1 周辺地域の児童