運営者 Bitlet 姉妹サービス
289件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-01 酒田市議会 平成30年 12月 定例会(第5回) 改正水道法によりまして、地方公共団体が水道事業者等として位置づけを維持しつつ、厚生労働大臣の許可を受けて、水道施設に関する公共施設等運営権を民間事業者に設定できる仕組み、いわゆるコンセッション方式が導入されることになりました。しかし、本市が最優先すべき方策として位置づけておりますのは、広域連携の推進であり、新たな制度の導入につきましては予定していないところであります。  もっと読む
2018-09-28 鶴岡市議会 平成 30年  9月 定例会-09月28日−06号 介護保険は、29年度から介護予防・日常生活支援総合事業が導入され、30年度からの介護保険料の負担増が決定されました。国は、後期高齢者の保険料の軽減措置を29年4月から段階的に縮減、保険料の負担増を迫り、大きな影響を与えました。75歳以上の高齢者、65歳以上の障害者を対象にした後期高齢者医療制度が発足してことし4月で10年です。高齢者を年齢で差別する制度は問題です。    もっと読む
2018-06-20 村山市議会 村山市議会 会議録 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月20日−03号 最近、東京の公立小学校で、イタリアの高級ブランド「アルマーニ」の制服が導入され、一式で8万円になるということで話題になりましたが、さすがに、ここまで高い制服はまれであっても、随分と高い制服や体操服を購入しなければならない実態が広くあります。このような中で、給食費負担がなくなれば、ほかの徴収も見直しを迫られることになり、実質的な義務教育無償に大きく一歩近づくことが期待されます。   もっと読む
2018-03-09 村山市議会 村山市議会 会議録 平成30年  3月 予算特別委員会-03月09日−01号 ◆(石澤祐一委員) それでは、駅西地区というふうなことでありますけれども、産業導入というふうなことで、どういうふうな産業を導入するのか、その辺の内容を教えていただきたいと思います。 ○委員長 原田商工観光課長。 ◎商工観光課長 お答えいたします。   もっと読む
2018-03-08 高畠町議会 2018-03-08 平成30年第504回定例会第3号 本文 知識層の中には、「アベノミクス」は失敗したと分析するものがおりますが、町長はどう考えているかお聞きします。  所得の格差が子供等の教育の格差へ連動しておると言われます。この対策として国策とは別途独自の構想があるのではと思いますが、いかがでしょうか。  2番目、公共施設の管理計画についてお聞きします。  昨年の11月にまちづくりトークがり、町長より公共施設の管理計画が町民に説明されました。 もっと読む
2018-03-07 小国町議会 平成30年第3回定例会(第2日) 本文 2018-03-07 退職ということについては、新陳代謝によって新しい考え方を導入するというような文言がここに入っています。この大幅に減らされた30年度のプランは、その退職についての考え方が私は加味されているものだと。年々退職者はいるわけですから。ここのところはどういうふうに、私の考え方について町長の受けとめ方をお聞きしたいと思います。 もっと読む
2018-03-05 村山市議会 村山市議会 会議録 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月05日−02号 障害者差別解消法や県条例施行に伴う、県内各市町村における状況及び本市の取組状況について市長 副市長 関係課長2 豪雪対策について1 今冬の豪雪で生活に影響が出ているが、その対策について伺う (1) 市内の積雪及び被害状況について (2) 今冬の除雪費の支出状況と今後の見込み及び小型除雪機購入補助金の状況について (3) 豪雪対策本部の設置基準等について3 弱者への緊急情報発信について1 村山市では防災無線を導入 もっと読む
2018-03-02 鶴岡市議会 平成 30年  3月 定例会-03月02日−02号 当然駅前は重要な誘客基地として位置づけて、私は整備していくのが必要不可欠と思うんですけれども、これは片手間に縦割り行政の中で果たして成功するのか、私はいつも思うんですけども、昔から揺りかごから墓場まで、一時行政あるいは農協関係で全て手がけたことがあったんですけども、これは全部だめです、ほとんど失敗している。 もっと読む
2017-12-08 鶴岡市議会 平成 29年 12月 定例会-12月08日−03号 こういう場合、大体の場合は抜てきはしました、でもやっぱりだめだったという失敗の事例もいっぱいあるわけでありまして、若いということは。そういうときにもう一回もとに戻して、またさらに活躍する場というものを設けていくような複線型の形をつくり上げていくということも人事制度の運用においては非常に重要な点ではないかと思いますので、そういった点も検討してもらいたいと思います。    もっと読む
2017-12-05 鶴岡市議会 平成 29年 12月 定例会-12月05日−01号 これまで類のない大規模事業、管理運営まで失敗は許されない。これ以上市民の血税投入は避けるべきであります。そのためにも十分な再度の検証が必要であります。あわせてその見解もお伺いいたします。   利活用会議で十分検討されたと思いますけども、これからもあわせて十分私は後で失敗のないように時間をかけても検討されるべきと思いますので、これもよろしくお願いしたいと思います。    もっと読む
2017-10-03 川西町議会 平成29年 10月 一般会計決算審査特別委員会(10月3日)-10月03日−03号 それで、大まかにはひきこもりとなりましたきっかけにつきましては、本市の調査結果で申しますと、就職活動での失敗あるいは職場での人間関係がうまくいかないといった部分が多く挙げられております。   もっと読む
2017-09-28 川西町議会 平成29年  9月 市立病院整備調査特別委員会(9月28日)-09月28日−01号 ◆委員(北上哲仁) まず、指定期間ですけれども、厳しい医療環境の中、現経営方式の中で、私は医療スタッフの皆さん、労使力を合わせて努力をしていただいている状況だと思いますし、指定管理者制度導入については市民の皆さんの理解を得られていないと。この間の説明会でもさまざまな問題を出されましたけれども、指定管理者制度導入について反対の意見、疑問の声が多かったというふうに思います。 もっと読む
2017-09-20 鶴岡市議会 平成 29年  9月 定例会-09月20日−06号 政府は、その影響の大きさから算定がえの削減額の見直しを決め、支所経費などをふやし、削減額の7割程度を残すとしましたが、そのこと自体、財政面からも平成大合併が失敗だったことを示しています。   合併で周辺となった旧町村は、失われたものの大きさに愕然とします。 もっと読む
2017-06-15 鶴岡市議会 平成 29年  6月 定例会-06月15日−02号 観光庁が提起している日本版DMOの形成、確立の必要性が示されて、民間的手法の導入によって、観光による地域創生の動きが各地で加速されています。現在日本版DMOの候補法人の登録は、広域連携が6件、地域連携67件、地域DMOが72件の合計で145件があって、その数は今後ますます増加することが見込まれているんだと思います。    もっと読む
2017-06-01 村山市議会 村山市議会 会議録 平成29年  6月 定例会(第2回)-06月01日−02号 議事調査係長    三澤依邦子 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−                             午前10時開議           一般質問発言通告表                       平成29年6月市議会定例会 発言順質問者質問事項質問の要旨答弁を求める者18番 長南 誠 (一問一答)1 指定管理者制度について1 指定管理者制度を導入 もっと読む
2017-03-23 鶴岡市議会 平成 29年  3月 定例会-03月23日−07号 これに伴い、条例の題名を改正するとともに、運行路線に田麦俣線、大鳥線の2路線を追加し、あわせて使用料の見直しと回数券の導入を行うものであります。   提案説明の後、質疑に入りました。その主なものを申し上げます。    もっと読む
2017-02-10 川西町議会 平成29年  2月 建設文教公企常任委員協議会(2月10日)-02月10日−01号 物事を最後までやり遂げてうれしかったことがある、自分にはよいところがあると思う、難しいことでも失敗を恐れないで挑戦している、人の役に立つ人間になりたいと思うといった内容において増加傾向にあるのは、本市の大きな特徴です。 もっと読む
2016-12-16 庄内町議会 平成28年 12月 定例会(第7回)-12月16日−03号 その一環として、本日の一般質問に要約筆記を導入し、耳の不自由な方々にも配慮をさせていただきました。この要約筆記の導入については、全国でも本町議会のみではないかと思っているところでございます。  このことは、ボランティアグループ「要約筆記ばんけの会」と「要約筆記の会やまびこ」の皆さんのご協力があってのことであり、議会を代表し、心から感謝と御礼を申し上げる次第でございます。   もっと読む
2016-12-05 村山市議会 村山市議会 会議録 平成28年 12月 定例会(第4回)-12月05日−03号 村山市の教育について1 村山市教育の日を制定し、未来を担う人材である若い世代の教育に力を入れていく市政の決意の表れだと認識を新たにしているが、今後の教育格差や受験制度、教育方法の変化などに対応した方策について伺う (1) 現在の当初予算における学校教育関係の予算の割合について (2) 教育予算の増額について (3) 今後変化する時代に対応する方策について (4) コミュニケーション能力の育成、ICTの導入 もっと読む
2016-12-05 川西町議会 平成28年 12月 定例会(第6回)-12月05日−03号 そこには、日本経済にさらなる好循環を形成するため、旧3本の矢の経済政策を一層強化するとともに、広い意味での経済政策として、子育て支援や社会保障の基盤を強化し、そのことが経済を強くするという新たな経済社会システムづくりに挑戦することや、女性も男性もお年寄りも若者も、一度失敗を経験した方も、障害や難病のある方も、家庭で職場で地域であらゆる場で、誰もが活躍できる。 もっと読む