運営者 Bitlet 姉妹サービス
22件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2
日付議会議事録名議事録内容
2018-02-28 鶴岡市議会 平成 30年  3月 定例会-02月28日−01号 今議会には、子育て世帯の負担軽減を図るための第3子以降の中学生給食費無償化や、旧町村地域を含め、全市域のまちづくり活動の活性化を目的とした「地域まちづくり未来基金」の創設、高齢者が安心して暮らせるための運転免許証返納後の支援策などの事業を盛り込んだ新年度予算案を提出させていただいたところであります。    もっと読む
2016-09-01 鶴岡市議会 平成 28年  9月 定例会-09月01日−02号 さらに投票所別に見ますと、有権者を多く抱える鶴岡市街地の投票所では、午後7時から午後8時までの1時間の投票者数が第3投票所、これは朝暘第三体育館でありますが、89人と最も多く、60人以上投票されている投票所が11カ所となっておりまして、こうした時間帯に投票されている方々にも十分配慮していく必要があると考えております。 もっと読む
2015-09-01 酒田市議会 平成27年  9月 定例会(第6回) また、中小企業基盤整備機構によります事業承継サポート機能の強化ですとか、小規模企業の経営者のための退職金でございます規模企業共済制度、これも退職金の引き上げなどの改正が行われているところでございます。  もっと読む
2015-03-03 鶴岡市議会 平成 27年  3月 定例会-03月03日−01号 学校の適正配置では、豊浦小学校の開校式典経費のほか、朝日と大網の統合、温海、五十川、福栄、山戸の統合、羽黒第三と羽黒第四の統合に伴う所要の経費を予算措置しております。  生涯学習関係では、中央公民館を拠点として全市的な各種学習事業を実施するほか、多様な学びの機会として、新たに慶應丸の内シティキャンパスの夕学五十講を活用した市民講座を開設します。   もっと読む
2014-02-27 鶴岡市議会 平成 26年  3月 予算特別委員会-02月27日−01号 日−01号 平成 26年  3月 予算特別委員会 平成26年2月27日(木曜日) 第1日             出欠席委員氏名  出 席 委 員 (32名)  1番   石  井  清  則         2番   今  野  美 奈 子  3番   渡  辺  洋  井         4番   佐  藤  峯  男  5番   加 賀 山     茂         6番      もっと読む
2012-02-29 鶴岡市議会 平成 24年  3月 定例会-02月29日−01号 初めに、本市では旧市町村ごとにモデル地区を設定し、総合防災訓練を実施しており、この訓練に際しては計画の段階から地元住民会や学校、関係機関の皆様と一緒に内容を協議を重ね、その地域での特徴を生かした訓練を実施いただいております。 もっと読む
2011-09-01 酒田市議会 平成23年  9月 定例会(第5回) 石巻市の大川小学校での悲惨な事態にならないためにも、いま一度それぞれの現場に即した防災計画の点検が急務ではないかと思います。  もっと読む
2010-09-14 鶴岡市議会 平成 22年  9月 決算特別委員会-09月14日−01号 14日−01号 平成 22年  9月 決算特別委員会 平成22年9月14日(火曜日) 第1日             出欠席委員氏名  出 席 委 員 (34名)  1番   田  中     宏         2番   石  井  清  則  3番   渡  辺  洋  井         4番   佐  藤  峯  男  5番   加 賀 山     茂         6番      もっと読む
2010-03-03 天童市議会 平成22年  3月 定例会(第7回)-03月03日−03号 例えば長野県の布施では、ある店舗が既存のきれいな建物を利用して営業を成功させてから、既にある古い町並みを使った景観形成がなされていき、住民の積極的な協力のもとに行政が強力にこれを後押しして、今ではその町並みを見るために観光客が押し寄せています。  私も先日、立ち寄ってみたのですが、平日にもかかわらず、関東だけはなく関西からのナンバーの車も多数乗りつけ、数百人の観光客でにぎわっておりました。 もっと読む
2008-03-01 酒田市議会 平成20年  3月 定例会(第2回) また、郷土にゆかりのある大川周明や石原莞爾のそれぞれ2,000冊を超す蔵書も大切に保管されておりました。所蔵する資料の貴重さから、昔は金沢文庫、足利文庫と並び、日本3文庫と称されていたそうであります。あるいは日本一の文庫との評価をいただくこともあるそうであります。そのために多くの研究者、学者が全国から足を運ばれているそうであります。 もっと読む
2006-12-07 鶴岡市議会 平成 18年 12月 定例会-12月07日−02号 特に一小学区の星の子、三の子供の家、四の太陽の子、六のゆりのきは、平成22年などという悠長なことを言っていられない状況に今あるのではないか。非常に大規模化していて、今、現実に保育に支障が出ているということになっておりますので、分割を進めることが差し迫った課題となっています。    もっと読む
2006-09-15 天童市議会 平成18年  9月 定例会(第4回)-09月15日−03号 舞鶴、さくら、みどり、いなほ各保育園は満1歳以上、百合、百合第二保育園においては満6カ月以上、そして(仮称)あけぼの保育園においては満2カ月以上が保育対象になっているようです。  保育を取り巻く社会的状況として、核家族化、女性の社会進出、低迷する景気、離婚の増加など少子化の原因を挙げれば社会現象の絡み合っている現象が見られます。   もっと読む
2004-12-17 鶴岡市議会 平成 16年 12月 予算特別委員会(旧鶴岡市)-12月17日−01号 博  幸         2番   山  中  昭  男  3番   菅  原  幸 一 郎         4番   野  村  廣  登  5番   川  村  正  志         6番   神  尾     幸  7番   芳  賀     誠         8番   川  上     隆  9番   佐  藤  慶  子        10番   吉  田  義  彦 11番      もっと読む
2004-09-08 高畠町議会 2004-09-08 平成16年第416回定例会第2号 本文 強い農業振興策の一方で、里山を持つ山間地や条件不利地、ずっとその土地、地方にマッチした農業を続けてきた規模農家の埋没のおそれが出てきております。農業の活性化、目玉となる施策については、3月定例会でもグリーン・ツーリズムを例に出し、弱小・規模農家の一次・三次産業の見い出しを提案してまいりました。 もっと読む
2003-09-16 高畠町議会 2003-09-16 平成15年第409回定例会第3号 本文 私自身、二井宿の湯地区を見ますと、不稔の穂が多く見られ、早稲種ほど被害が大きい感じでした。湯地区の農家の話では、よく行っても五、六俵ではないかということで肩を落としていました。低温のためにいもち病も多く見られました。9月15日発表の作況指数まだ出ていませんのではっきりしたことはわかりませんけれども、高畠町の各地の屋代地区、糠野目、いろいろありますけれども、その地区の作柄はどうなっているか。 もっと読む
2003-08-27 天童市議会 平成15年  9月 定例会(第3回)-08月27日−02号 その間、市立天童南部小学校の増改築や学校区ごとの市立公民館の設置、西沼田遺跡の整備、市民墓地の造成、市役所のISO14001の取得、地域情報化の推進などまちづくりのプロジェクトとして位置づけをしている事業を中心に取り組み、一定の成果をおさめることができたと思っております。   もっと読む
2003-03-06 天童市議会 平成15年  3月 定例会(第5回)-03月06日−02号 経済が非常に厳しい状況の中で、しかも展望が見えないという状況の中で、特に御質問の・中・高、あるいは大学生も含めまして、子供たちの未来は天童市の未来でありますので、それはできるだけ基金等々体制整備をして、学習の意欲を高めていくということが現代市民に課せられた大きな使命ではないかというふうに基本的に思っております。   もっと読む
2001-09-13 山形市議会 平成13年 9月定例会(第2号 9月13日) ・中・高教師別に,指導する先生が自信をもって子供たちに教育・指導・対応できるように研修会を開催すべきと考えますがいかがでしょうか。また,鶴岡市では先進的な性の教育を実践していると聞いております。多くの校長先生,先生を研修に出すべきと思いますがいかがでしょうか。 もっと読む
2001-03-05 山形市議会 平成13年予算委員会( 3月 5日) ただですね,一部この間部長の方から,市街地の小学校も増えたところありますよという話があったわけでありますけれども,ほぼ減ってるんですね,一,二の例をとりますとですね,そうしますとですね,今後,どういうふうに小学校の新築をなさっていくか,結論を申し上げますと,第一小学校なら特認校という形でやるわけですけれども,他の小学校はそういかないと思います。 もっと読む
2000-12-06 山形市議会 平成12年12月定例会(第2号12月 6日) だからそういうものをやるには,やっぱり環境保全したしっかりした新しいごみ処理場をつくらなければならないということで,今議員からご質問ございました,この間場所の選定の検討委員会をつくっていただきまして,大川教授から委員長になっていただきまして,きのう回答が出てまいりました。それは3地区であります。山形市の村木沢,半郷,中屋敷とこの3地区であります。 もっと読む
  • 1
  • 2