2595件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

小国町議会 2019-06-06 令和元年第4回定例会(第1日) 本文 2019-06-06

さらには、12月議会での土地開発公社関係の答弁内容と価格決定に至る経緯、それが土地開発公社の財務会計に及ぼす影響について。そして、土地開発公社の経営状況と価格引き下げについてお伺いをいたします。  また、選挙管理委員会委員長にはお忙しいところ本会議に御出席をいただきましてありがとうございました。

小国町議会 2019-03-15 平成31年第2回定例会(第3日) 本文 2019-03-15

3つ、突然7月1日の広報おぐにで土地開発公社のあけぼの住宅の分譲価格を1平方メートル1万5,000円から9,000円への大幅な値下げをしたが、その理由や価格決定の根拠が示されないこと。  4つ、8月に当該町有地の不動産鑑定評価を依頼しているが、その報告では土地開発公社が直前値下げした分譲価格と比較した評価額1平方メートル当たり6,510円であったのではないかとの疑問があること。  

小国町議会 2019-03-06 平成31年第2回定例会(第2日) 本文 2019-03-06

3番(石山久美子君)町長は、今回売却したあけぼのの町有地は平成14年に高齢者住宅整備予定地として町が小国町土地開発公社から取得したと答弁をされています。町はその土地土地開発公社から幾らでその当時取得したのでしょうか。取得費と、国県補助金等が入っていたのか、全額町の経費であったのかをお答えください。

小国町議会 2019-03-05 平成31年第2回定例会(第1日) 本文 2019-03-05

小国町土地開発公社が宅地造成事業等のための資金として金融機関から長期借入金の融資を受ける場合、「公有地の拡大の推進にかかる法律」に基づき、町が債務保証契約を締結することが認められておりますので、これに係る債務負担行為を補正するものです。  次に、地方債の補正について申し上げます。  

山形市議会 2018-12-14 平成30年全員協議会(12月14日)

平成30年全員協議会(12月14日) 全員協議会   日   時   12月14日(金) 13時25分〜14時01分 場   所   第7委員会室 欠席議員    なし 当局出席者   市長、副市長、上下水道事業管理者、教育長、各部長等、         各行政委員会の事務局長 座長席     渡邊 元 報告事項    1 山形市土地開発公社に対する債務保証の状況等について         2 平成

小国町議会 2018-12-12 平成30年第8回定例会(第3日) 本文 2018-12-12

さらに、落札法人の企業名の開示を求めた質問に、阿部総務企画課長は、土地購入は個人の資産形成になるので個人情報であり、公表はいかがなものかとして開示しないのは理解できない。  第3に、売却金額は不動産鑑定を入れた適正額であると答弁しているが、測量調査費を差し引くと平米当たり約6,500円になる、と考えられる。これが適正額とは考えられない。

山形市議会 2018-12-12 平成30年中核市移行検討特別委員会(12月12日)

○中核市推進課長   本委員会において、昨年度から食肉衛生検査所の土地・建物の取得に対し意見をもらっているが、県との協議を行う中で、土地・建物については、県から不動産評価額をもって譲渡するとの話が来ており、平成30年1月1日現在で土地が約2,600万円、建物が約4,000万円の価格提示となっている。

山形市議会 2018-12-11 平成30年厚生委員会(12月11日)

○委員   駐車場を新たに確保する場合、事業者が土地を持ってないと費用が発生するのではないか。後で協議するということは可能なのか。 ○健康課長   今回の指定管理の設計の中で、市が駐車場を用意することは想定しておらず、新しい事業者からも提案はなかった。現時点で駐車場を確保するとすれば、賃貸契約を結ぶなど企業努力により確保してもらうことになる。

山形市議会 2018-12-10 平成30年厚生委員会(12月10日)

の設備及び運営に関す                 る基準を定める条例の設定について         42 議第131号 山形市幼保連携型認定こども園の学級の編                 制、職員、設備及び運営に関する基準を定                 める条例の設定について         43 議第138号 山形市特別会計条例の一部改正について         44 議第79号 土地

小国町議会 2018-12-07 平成30年第8回定例会(第2日) 本文 2018-12-07

4点目、広報おぐに7月号に、「小国町土地開発公社の分譲地の価格見直し」の記事がございました。1平米当たり1万5,000円から9,000円に大幅な値下げとなった記事でございました。最低入札価格にこのことが反映されたのではないかと考えますが、いかがでしょうか。  5点目、あけぼの地区全体が、小国町土地開発公社の土地と考えますが、この地区だけがなぜ町有地であったのか、お聞かせいただきたいと思います。  

小国町議会 2018-12-06 平成30年第8回定例会(第1日) 本文 2018-12-06

なお、「跡地利用計画を立て、土地の有効活用を図ってほしいとの要望が寄せられている」との御紹介をいただきました。旧小国小学校跡地は、町の中心部のまとまった公共空間となりますので、将来的にはさまざまな土地利用が想定されますが、解体未実施の段階において、現段階において、具体的な利用計画を有してはいません。

高畠町議会 2018-12-05 2018-12-05 平成30年第508回定例会第2号 本文

これまでの空き家は、建っていればその土地の固定資産税や都市計画税が軽減されていましたが、特定空き家等の扱いとして、勧告まで至った所有者にはその恩恵がなくなります。  こういった方策が空き家撤去等に対してこれまで以上に町ではどの程度効果があると想定されているでしょうか。  なお、町ではこのたび危険家屋等除去補助金を創設して、撤去を促す施策も出しているので、その見込みについてもお聞きをします。  

高畠町議会 2018-12-04 2018-12-04 平成30年予算特別委員会 本文

固定資産税のほうですけれども、今回平成30年の評価替えというふうなことで、土地については若干下落の傾向もあります。家屋についても当然減価が入っていまして伸びはなかなか期待できないわけですけれども、ご指摘のとおり、個人の新増築関係の住宅等も100棟近い新築等もございます。

鶴岡市議会 2018-09-28 平成 30年  9月 定例会-09月28日−06号

農業分野においては、災害による農地の崩落、農道、水路の損壊等の被害について、今後の農作物の生産や来年以降の営農計画に支障を来さないようJAや土地改良区、県などの関係機関と適切な連携を図るとともに、特産の農作物を初め、他の園芸や果樹についても農業生産目標額の達成に向けての具体的事業の推進を期待します。   

鶴岡市議会 2018-09-27 平成 30年  9月 決算特別委員会-09月27日−02号

次に、鶴岡市茅原北土地区画整理事業について、現在の進捗状況はとの質疑に対して、都市計画道路については施工中で、植栽や歩道の一部の舗装が残るものの、今年度中には車道部分は完成することから、来年度には供用可能である。宅地については、茅原北土地区画整理組合が第1期分譲として21区画を販売しており、現時点で10件が成約に至っていると聞いている。

高畠町議会 2018-09-21 2018-09-21 平成30年第507回定例会第3号 本文

都道府県の農地や試験場で研究試験を繰り返し、その土地の気候や土壌に合った種子の普及や優良な品種改良、奨励品種の指定などを行い、地域の農業発展に大きな貢献を果たしてきました。  食糧増産の時代にあっては、単収の増加、品種数の増加、病害虫などへの抵抗性の向上、近年は、つや姫、雪若丸などのうまい米、良質米づくりなど、農家の経営、消費者のニーズへの対応、食料の安定供給などに大きな役割を果たしてきました。

天童市議会 2018-09-18 平成30年  9月 予算特別委員会-09月18日−01号

3款1項7目のふれあい荘・かまた荘の土地購入費ですが、これの明細をお願いします。 ○鈴木照一予算特別委員長 加藤社会福祉課長。 ◎加藤博之社会福祉課長 お答えいたします。  今回の補正の内容につきましては、今年3月の当初予算に計上させていただきました、いわゆる新かまた荘・ふれあい荘の建設予定地の土地購入費の増額補正をお願いするものでございます。  

天童市議会 2018-09-14 平成30年  9月 決算特別委員会-09月14日−05号

◆14番(結城義巳委員) そうしますと、水道の場合ですと、水道管の中から少し漏水があったりするのかなというふうなことも考えられますが、下水道の場合、土地に漏っているということになったらちょっと理解しがたいものもあるんですが、その辺どうなんですか。 ○山崎諭決算特別委員長 那須上下水道課長。

小国町議会 2018-09-14 平成30年第6回定例会(第3日) 本文 2018-09-14

7款商工費1項商工費3目観光費ということで、公有財産購入費ということで、土地購入費というのが3,000万円、約ということで説明をいただきました。道の駅の新たな直売所の建設にかかわるというようなことで、当初予算が建設費で上がったときに、担当の課のほうからいろんなプランの説明を受けました。