20件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

川西町議会 2009-10-26 平成21年 10月 臨時会(第6回)-10月26日−01号

されております子どもの人権オンブズパーソン事業に関しまして、子供の救済に当たっては、オンブズパーソンによる活動だけでなく、関係機関との連携が肝要であるとして、20年度に行われたオンブズパーソンと教育委員会等の連携方策といった点について問われますとともに、  同目の地域人権教育推進事業において、川西市人権教育協議会補助金として260万円が支出されております点をとらえ、同協議会については、20年5月に川西市人権・同和教育協議会

川西町議会 2009-10-02 平成21年 10月 一般会計決算審査特別委員会(10月2日)-10月02日−02号

◎人権推進室長(山口昌久) 阪神地区人権同和教育研究協議会のほうでございますけども、ここの、阪同協の関係でございますね。ここの分につきましても……川西市人権教育協議会の関係でございますか。 ○委員長(土田忠) 繰り返します。196ページですよ。人権推進費の補助金260万円の使途はどうなってますかということでございます。  人権推進室長。

川西町議会 2009-03-26 平成21年  3月 定例会(第1回)-03月26日−06号

といたしましては、新たに設置しようとする川西市人権施策審議会の定数や委員構成について詳細説明が求められました後、人権施策審議会は、総合センター運営審議会の所掌に係る事項を包含し、本市における人権施策全般にわたり調査・審議しようとされているものの、総合センター運営審議会が担任してきた事項に関して、従前どおりのきめ細かな審議の実施に不安が残るとして、今後の取り組み方針や両審議会の相違点について問われますとともに、同和対策事業

川西町議会 2009-03-09 平成21年  3月 厚生経済常任委員会(3月9日)-03月09日−01号

それと、今のお話の中でも出ましたけども、従来、同和対策というところが人権と並列して審議されておったと思うんですけども、一つの時代の流れというか、言葉的にも、今、出なくなってきてるというか、同和対策のいわゆる中身についてどういうふうに変わっていくのかなというのが気になるとこなんですけども、そこらについてどういうふうにお考えになるか。 ○委員長(黒田美智) 人権推進室長。

川西町議会 2008-10-01 平成20年 10月 一般会計決算審査特別委員会(10月1日)-10月01日−01号

◆委員(安田末廣) 82ページの中央北地区事業用地貸付料。これのどういうところに貸して−もうちょっと詳細に説明してもらえるかな。 ○委員長(小山敏明) 中央北地区整備室主幹。 ◎中央北地区整備室主幹(津賀治郎) 今のご質問につきまして、延べで19件7263平米貸させていただいております。

川西町議会 2008-03-11 平成20年  3月 一般会計予算審査特別委員会(3月11日)-03月11日−01号

残りました金銭について、民生委員さんは市内で5地区に分かれて活動をされておられます。連合会から残りのお金を各地区に交付し、民生委員さんの活動に充てております。  なお、民生委員さん個人にはおおむね4万5000円から5万円程度が費用弁償として渡っております。これは各地区独自で研修等も実施しておりますので、その状況によりまして若干異なる場合があります。  

川西町議会 2007-10-25 平成19年 10月 臨時会(第5回)-10月25日−01号

万円を支出されている点に関しまして、本市では、平成14年度に地域福祉計画を策定し、地域において援助を必要とする方を地域で支えていくといった、福祉デザインひろばづくり事業の開始に向け、ラウンドテーブル等の支援を行っているものの、参加人数の多寡を初め各地域による温度差が見受けられるとして、18年度における進捗状況や市の支援方針が問われますとともに、  第2目 人権推進費の地域人権教育推進事業では、人権・同和教育協議会補助金

川西町議会 2007-10-05 平成19年 10月 一般会計決算審査特別委員会(10月5日-①)-10月05日-04号

ここでは、今の状態では、全体で参加の年、阪同協や兵同協、これ皆あるのかなと思っての問いかけなんですけども、この状況が随分と変化してきており、行政の方も同和という文言から人権という文言に変えて久しいわけですね。この中身も、研究大会というのが、その参加が中心になっておるわけですけども、この研究大会の中身も随分と変化していってるなというふうに私自身も受けとめておるわけですね。  

川西町議会 2007-10-03 平成19年 10月 一般会計決算審査特別委員会(10月3日)-10月03日−02号

この分につきましては、平成17年度からの繰り越し事業でございまして、内容は黒川地区の整備構想の策定の業務委託ということでございます。  黒川につきましては、豊かな自然環境に恵まれました里地里山ということで、黒川地区の特性を生かしたまちづくりの方向性でありますとか具体的な方策を検討いたしまして地区住民が主体となったまちづくりを展開していく、それの基礎とするための整備構想ということで策定を進めました。

川西町議会 2007-03-12 平成19年  3月 一般会計予算審査特別委員会(3月12日)-03月12日−01号

◎市民生活部参事(寺本正廣) 05の隣保館運営事業費補助金でございますけれども、14年度から、いわゆる地対財特法の失効に伴いまして、センターの事業はすべて広く周辺地域住民の方々を含めた全市民を対象とした事業に移行しておりまして、同和対策という以前の名目はなくなりまして、すべての事業ということで一般対策に移行したということで、決して委員おっしゃいましたように同和問題対策一つに絞ってこの補助金をいただいているという

川西町議会 2006-12-04 平成18年 12月 定例会(第7回)-12月04日−02号

ご提案の川西市情報発信源、川西市道の駅につきましては、現在、地場産の農作物を販売する多田地区の農協市場館「四季の郷」や久代地区の川西南部直売所、黒川地区で現在計画しております農産物直売所の設置等の運営の支援を行い、今後、その動向を見きわめながら、将来の道の駅につながるように考えていきたいと思っておりますので、ご理解賜りますようよろしくお願いいたします。 ○議長(久保義孝) 19番。

川西町議会 2006-11-22 平成18年 11月 議会運営委員会(11月22日)-11月22日−01号

その後任につきまして種々検討いたしました結果、大田佳美氏は人格、識見も高く、地域での人権啓発推進委員会で活躍され、また、川西市人権・同和教育協議会常任理事を務められるなど人権問題に精通されており、人権擁護委員として適任であると考え、同氏を人権擁護委員候補者として新たに推薦いたしたく提案しようとするものであります。  

川西町議会 2006-09-27 平成18年 9月 一般会計決算審査特別委員会(9月27日)-09月27日−04号

その他各地区の訓練につきましては、各地区ごとに各地区の行事をにらんで計画はしていただいておるとは思いますけれども、そこら辺の調整までは図られておらないというのが現状でございます。  以上でございます。 ○委員長(向井陽子) 安田末廣委員。 ◆委員(安田末廣) こういう訓練は常日ごろにやっておかないと、いざというときになかなか体で覚えていかないと大変なんです。

川西町議会 2005-10-06 平成17年 10月 一般会計決算審査特別委員会(10月6日)-10月06日−03号

事業ごとの主な内容でありますが、02 地域人権教育推進事業では、委託料で小学校区人権啓発推進事業委託料等として166万円、負担金、補助及び交付金で川西市人権・同和教育協議会補助金として285万円を支出しました。  456ページの、03 学校人権教育推進事業では、委託料で中学校区人権教育推進事業委託料等として45万円を支出しました。  457ページをお願いいたします。  

川西町議会 2004-10-13 平成16年 10月 一般会計決算審査特別委員会(10月13日)-10月13日−03号

◎中央北地区整備室主幹(西田茂治) 昨日、まちづくり部長の方でそのご答弁をされた件でございますが、中央北地区としてではなく、まちづくり部と同様のことでございますので、調査件数が減ったということではございません。  以上でございます。 ○委員長(菅原巖) よろしいですか。  大谷委員。

川西町議会 2004-03-02 平成16年  3月 定例会(第2回)-03月02日−02号

当該地区の再開発について、現状はどのように把握されているのか、また、今後の計画はどのように考えておられるのか、お聞きいたします。  また、当該地区は、平成18年に開催される兵庫のじぎく国体で本市開催種目の弓道の会場が予定されておりますが、プレ国体を含め、当該地区の再開発との関連、また、国体会場の形態はどのようになるのか、お伺いいたします。  

川西町議会 2003-10-02 平成15年 10月 一般会計決算審査特別委員会(10月2日)-10月02日−01号

次に、05 良好な住宅・宅地調整事業では、諸経費として31万6494円を支出しており、次に、06 川西市中央北地区住宅街区整備事業では、348ページの使用料及び賃借料で事業展開上の必要な措置として3697万6812円、負担金、補助及び交付金の地元準備組合から、これからのまちづくりに必要な考え方、中央北地区に必要なメニューなどをご提案いただく補助金として1499万4000円を加えて、繰出金で元金返済が

川西町議会 2003-03-14 平成15年  3月 一般会計予算審査特別委員会(3月14日)-03月14日−02号

あわせて各地区におきましても、地区福祉委員会で地区福祉計画を策定中でございます。そういった三つの地域の計画と合わせて、今後ラウンドテーブルという形の中で、地域へ社協ともども入らせていただくという考え方で持ってございます。  その一つの手法としてラウンドテーブルがある。このラウンドテーブルを通じまして、さらに地域の中でのいろんな課題抽出合わせて解決方策、そういったことも考えていく。

  • 1