20件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

川西町議会 2017-12-05 平成29年 12月 定例会(第5回)-12月05日−03号

ことし4月、児童福祉法等の一部を改正する法律施行されました。この改正に伴い、今後、全ての児童が健全に育成されるよう、児童虐待の発生予防から自立支援までの対策強化、母子健康包括支援センターの全国展開、市町村及び児童相談所の体制の強化、そして里親委託の推進などの取り組みが進められることとなります。  

鶴岡市議会 2016-06-17 平成 28年  6月 定例会-06月17日−03号

準じ、障害のある児童生徒については個別の教育支援計画、個別の指導計画を努力義務としてつくっていきましょうということになってございますけれども、本市教育委員会としては、障害等について診断のある児童生徒、または通常学級等に在籍する疑われると判断される児童生徒についても、各学校に作成を求め、本市では100%作成されているという状況でございます。   

川西町議会 2016-03-25 平成28年  3月 定例会(第1回)-03月25日−07号

-----------------------------------        児童虐待防止対策の抜本強化を求める意見書  本年1月の埼玉県狭山市における3歳女児の死亡事件や、東京都大田区での3歳男児の死亡事件など、児童虐待により幼い命が奪われる深刻な事態が続いています。  

川西町議会 2015-03-26 平成27年  3月 定例会(第1回)-03月26日−06号

以上の質疑のほか、第4目 障害者福祉推進費の障害者地域生活支援事業では、障がい者虐待防止センター業務委託料として567万3000円が計上されております点を捉え、同センターへの通報件数や虐待事案が発生した際の市の対応のほか、今後の取り組み方針について問われております。  

川西町議会 2015-01-14 平成27年  1月 議員協議会(1月14日)-01月14日−01号

石田 剛         総務部長     小田秀平                      その他、関係部次長課長等 6.会議に付した事件         1.川西市人権行政推進プラン改定(案)について         2.川西市子ども・子育て計画(案)について 7.議事の経過概要 8.その他必要な事項     議長                 小山敏明                川西市議会

山形市議会 2011-11-30 平成23年12月定例会(第3号11月30日)

清掃工場建設につきましては,山形市議会9月定例会の一般質問及び山形広域環境事務組合議会11月臨時会の全員協議会において,議員各位から御提言のありました新清掃工場建設に係る立谷川分の先行決定につきましては,11月25日,山形広域環境事務組合の管理者会議を開き,立谷川については建設地とすることにいたしました。

川西町議会 2011-03-10 平成23年  3月 一般会計予算審査特別委員会(3月10日)-03月10日−01号

、22年度に引き続き地域の実情に応じた創意工夫ある子育て支援を行い、安心して子どもを育てることができる環境整備に資する事業に対する補助として2434万8000円を、また、20 民間保育所緊急整備事業費補助金で1億136万1000円を計上したほか、25 児童虐待防止強化事業費補助金として、新たに584万円が補助されるものでありまして、第3節 児童福祉補助金全体で2億4399万5000円を計上いたしております

川西町議会 2011-03-04 平成23年  3月 総務常任委員会(3月4日)-03月04日−01号

兵庫県市町村職員退職手当組合組織する地方公共団体の数の増加及び規約の変更については、地方自治法第286条第1項の規定により、関係地方公共団体の協議により規約変更を定め、兵庫県知事の許可を受けなければならないこととなっており、この関係地方公共団体の協議について市議会議決が必要であります。  

山形市議会 2010-09-07 平成22年 9月定例会(第2号 9月 7日)

2004年の児童虐待防止法改正によって,虐待を受けた事実がなくても,虐待と思われる事実があった場合は児童相談所や市町村担当窓口,福祉事務所に通告する義務があるとしています。  ちなみにアメリカでは,ほとんどの州で,特定の職種に従事する人が児童虐待の兆しを発見したら児童相談所などや警察など関係当局に通報することを義務としております。

鶴岡市議会 2009-06-12 平成 21年  6月 定例会-06月12日−03号

次に、児童虐待の発見と防止策についてお聞きします。全国の児童相談所における児童虐待の相談対応件数は年々増え続け、深刻な社会問題となっています。悲惨なニュースに触れるたびに虐待を受けた子供の心中を思い、いたたまれない気持ちになります。児童虐待に対する取り組みとしては、虐待被害を受けている子供を発見、保護するとともに、虐待を防ぐため親に対する指導育児相談を適切に行う必要があります。

川西町議会 2006-06-12 平成18年  6月 定例会(第3回)-06月12日−03号

ただいまより、去る9日の本会議に引き続き、第3回川西市議会定例会の継続会を開きます。  まず、本日の議員の出欠をご報告いたします。  ただいまの出席者は28名であります。  欠席の届け出のあった者、大谷真智子議員であります。  次に、本日の議事日程につきましては、お手元に配付しております印刷物により、ご了承願います。  これより、日程に入ります。

川西町議会 2005-06-20 平成17年  6月 定例会(第3回)-06月20日−03号

松山市においては、福祉サービスの質の確保と向上のために、第三者評価機関育成支援に取り組んでいます。NPO法人への委託により、松山市に所在する社会福祉施設等に対して巡回員を派遣し、入所者の人権擁護や冷遇視改善、施設職員の適正な処遇を目的に、入所者とその家族施設職員に聞き取り調査を行っております。  

鶴岡市議会 2005-06-06 平成 17年  6月 定例会(旧鶴岡市)-06月06日−02号

それとですね、鶴岡のこの総合的な相談窓口のことについてですね、非常に参考になる例が一つありまして、埼玉県の東松山市ですね、それから東京都です。埼玉県の東松山市の場合は、社会福祉議会職員が鶴岡に視察に来て、鶴岡の障害者福祉計画を参考にして、帰られてからつくったというふうにお聞きしております。   

鶴岡市議会 2002-09-11 平成 14年  9月 定例会(旧鶴岡市)-09月11日−04号

議長(本城昭一議員) 一般質問については、御承知のとおり、鶴岡市議会の場合においては山形県鶴岡市の一般事務について議員議長許可を得て質問することができると、これが一般質問の原則であります。したがって、きのうの佐藤峯男議員質問の中には、前段として今佐々木議員が指摘したような発言があったことは確かであります。

川西町議会 2002-03-12 平成14年  3月 一般会計予算審査特別委員会(3月12日)-03月12日−02号

◆委員(角谷悠子君) 今、児童虐待とかいう問題がこういうふうに賑わしておりますけれども、両親学級では子供の接し方とか家庭教育のあり方とかというものの勉強みたいなものはしていないんですか。 ○委員長(土田忠君) 保健福祉参事。 ◎保健福祉参事(塩川芳則君) そういう内容のこともあわせてお話はさせていただいております。 ○委員長(土田忠君) 向井委員。

山形市議会 2001-09-13 平成13年 9月定例会(第2号 9月13日)

今毎日のように,新聞テレビで性に絡んだ犯罪,中学生・高校生による援助交際,セクハラ事件,母親の子育て放棄,子供への虐待など,これまでには考えられないことが起きております。  なぜこのような性に関する犯罪事件が多発しているのか,その主な要因として大人のモラルの欠如,少年少女の性に対する無知,性に関する情報の氾濫と簡単に入手できるメディアの発達などと私は考えております。  

山形市議会 2001-03-05 平成13年予算委員会( 3月 5日)

次に,第2項児童福祉費でございます。事項別明細書は,同じでございます。  児童扶養手当電算システム導入事業費でありますが,地方分権一括法による児童扶養手当法の一部改正に伴い,現在,県において担当しております児童扶養手当の認定事務が,平成14年8月から市町村に委譲されますことから,当該手当の認定のための電算システムの導入に要する費用について補正をするものでございます。  

  • 1