運営者 Bitlet 姉妹サービス
472件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-10 山形市議会 平成30年厚生委員会(12月10日)                 る基準を定める条例の設定について         42 議第131号 山形市幼保連携型認定こども園の学級の編                 制、職員、設備及び運営に関する基準を定                 める条例の設定について         43 議第138号 山形市特別会計条例の一部改正について         44 議第79号 土地の取得について(市南部への児童遊戯施 もっと読む
2018-09-28 鶴岡市議会 平成 30年  9月 定例会-09月28日−06号 (16番 黒井浩之議員 登壇) ◎16番(黒井浩之議員) 議会第14号 児童虐待防止対策のさらなる強化を求める意見書の提出について、案文を朗読して提案にかえさせていただきます。   今般、東京都目黒区で両親から虐待を受け女児が死亡するという痛ましい事件が発生した。 もっと読む
2018-09-14 山形市議会 平成30年厚生委員会( 9月14日 厚生分科会・決算) ○健康課長   妊娠期においては、母子保健相談支援事業でコーディネーターが相談を受けており、子供が産まれるとこんにちは赤ちゃん事業で民生児童委員等が家庭を訪問し、不安・相談等があれば市につないでもらっている。その後、育児支援家庭訪問事業で市から訪問指導員が出向く仕組みとなっている。わかりやすく周知していきたい。 もっと読む
2018-09-13 天童市議会 平成30年  9月 決算特別委員会-09月13日−04号 なお、児童館におきましても3館全てに設置しております。  以上です。 ○山崎諭決算特別委員長 水戸委員。 もっと読む
2018-09-10 鶴岡市議会 平成 30年  9月 定例会-09月10日−03号 本市ではこういったこれまで市立図書館における自殺防止に係る取り組みは実施しておりませんが、さまざまな悩みを抱える児童生徒の居場所の一つとして、市立図書館との連携も進めてまいりたいと考えております。   また、御質問の各学校におきましては、児童生徒の些細な兆候を見逃さず、深刻な状況に陥る前に適切に対応するなど児童生徒の自殺防止に努めているところでございます。 もっと読む
2018-09-07 高畠町議会 2018-09-07 平成30年第507回定例会第2号 本文 また、高齢者やひとり暮らしの方、さらに障がい者を含む町民の安全見守りや相談等には、民生委員児童委員、主任児童委員や老人福祉相談員の方々、身体障害者・知的障害者相談員等がかかわっております。具体的には、民生委員児童委員、主任児童委員等の各地区月例会の席上などで高温における熱中症予防や対策の学習を実施をし、さらにチラシをもって見守りと相談を行っていただくようお願いをいたしております。 もっと読む
2018-09-05 鶴岡市議会 平成 30年  9月 定例会-09月05日−01号 それとともに、熱中症予防として、児童や生徒の各家庭に水筒やタオル、着がえなどの持参をお願いしているところでございます。   冷房設備の整備につきましては、教育委員会と学校とで意見交換や情報共有を図りながら、保健室や特別支援教室など、児童生徒の健康面や体調維持の観点から、特に冷房が必要となる諸室への設置を優先的に行ってきたところであります。 もっと読む
2018-06-18 鶴岡市議会 平成 30年  6月 定例会-06月18日−03号 家庭にかかわる課題といたしましては、児童虐待の問題、経済的に困難な家庭の増加、地域での学習支援の必要性、発達障害に係る医療受診希望者の増加などに加え、保護者がさまざまな悩みを抱える中で時間的、精神的ゆとりを持てないことから、相談する相手が見つからず、地域の中で孤立するという家庭もあると考えております。    もっと読む
2018-06-15 鶴岡市議会 平成 30年  6月 定例会-06月15日−02号 そこで、児童生徒たちのスマホを初めとしたネット利用の状況、また児童生徒、保護者及び学校関係者へのネット利用に当たっての指導の徹底等、指導体制の強化及び未然防止策、万が一被害に巻き込まれたときの対応について当局の御所見をお伺いいたします。 ◎教育部長(石塚健) それでは初めに、本市における児童生徒のインターネットの利用状況についてお答え申し上げます。    もっと読む
2018-03-22 鶴岡市議会 平成 30年  3月 定例会-03月22日−07号 この議案は、平成28年3月24日議決の鶴岡市過疎地域自立促進計画について、廃棄物処理施設、児童福祉施設等の整備を加える等の変更を行うものであります。 もっと読む
2018-03-07 鶴岡市議会 平成 30年  3月 予算特別委員会-03月07日−02号 社会福祉事業は、障害者福祉施設改修事業などであり、児童福祉事業は公立保育園移転改築事業などであります。   清掃事業は、ごみ焼却施設整備事業、最終処分場整備事業などであり、上水道事業は大平飲料水供給施設の改修工事であります。   農業農村整備事業は、県が行う庄内砂丘地区農村防災減災事業や五斗畑地区等のため池等の整備事業への負担金などであります。    もっと読む
2018-02-28 鶴岡市議会 平成 30年  3月 定例会-02月28日−01号 また、民間事業者とも連携しながら季節や天候にかかわらず遊べる屋内遊戯施設の整備を促進するとともに、新たな公立保育園の整備や放課後児童対策の充実、保育園等で働く保育士の処遇改善、特別支援のために保育士を加配する保育所等への支援の拡充など、子育て環境の充実に取り組んでまいります。    もっと読む
2017-12-13 川西町議会 平成29年 12月 議員協議会(12月13日)-12月13日−01号 意見番号2、推計児童数に関しまして。推計児童数は平成29年度から平成31年度に441人も減る計画ですが、甘い計画になっていませんかというご意見でございますが、推計児童数は平成24年から平成29年4月の各年齢別の実人口の推移をもとに算出しており、実態を踏まえた数値としております。   もっと読む
2017-12-07 村山市議会 村山市議会 会議録 平成29年 12月 定例会(第6回)-12月07日−04号 扶養義務者からの援助がここに優先するとありますが、扶養義務者とはどの範囲までを指すのかホームページではわかりませんし、DV被害者や虐待で困難に陥り孤立している市民にはどういう対応をしているのか、こうしたことも丁寧に説明すべきだと思います。  小田原市では不祥事を受けて、現在、市長が先頭に立って業務改善に取り組んでいます。その一つの成果がこの保護のしおりです。 もっと読む
2017-12-06 川西町議会 平成29年 12月 定例会(第4回)-12月06日−04号 これについて文部科学省は、「筆記テストのみならず、インタビュー、スピーチ等のパフォーマンス評価や活動の観察等、多様な評価方法から、児童の学習状況を的確に評価できる方法を選択して評価することが重要である」とし、詳細については平成30年度に明らかにするとしています。   もっと読む
2017-09-25 川西町議会 平成29年  9月 議員協議会(9月25日)-09月25日−01号 続きまして、③放課後児童健全育成事業(留守家庭児童育成クラブ)でございます。  見直しにおける量の見込みは、各年度の各小学校の年齢別の推計児童数に平成27年から29年度の実績値をもとに、各小学校で利用を希望する1年生の割合を乗じた値によって1年生の利用希望者数を算出しております。 もっと読む
2017-09-08 庄内町議会 平成29年  9月 定例会(第4回)-09月08日−04号 実際に電話相談を受けてくださっている方は、前回まで主任児童委員を勤められた方にお願いしているところがあります。その方も、普段からいろんな相談を受けている中で、やはり引きこもり相談の重要性を感じ、私の考えと一致したところで、では私がその相談員をしますというところで引き受けていただいた経過もあり、実際、今面談相談等では、その方も一緒になり活動しております。 もっと読む
2017-09-05 庄内町議会 平成29年  9月 定例会(第4回)-09月05日−01号 2項1目児童福祉費は、児童虐待防止講演会にかかる講師の旅費として、実費弁償1万3,000円の追加、講師送迎用タクシー代として、車両等借上料1万8,000円を補正。児童福祉法の改正により義務化されました専門職の配置にかかる研修の旅費として、普通旅費2万4,000円を追加するものでございます。 もっと読む
2017-08-31 鶴岡市議会 平成 29年  9月 定例会-08月31日−02号 それでは、2つ目に、民生児童委員について質問させていただきます。高齢化が進み、ひとり暮らしの高齢者世帯もふえてきており、また子供の貧困についても社会問題化してきて、地域の身近な相談役として活動していただいている民生児童委員の必要性がますます高まってきていると感じますが、一方で全国的に民生児童委員の方々の高齢化も進み、なり手不足が深刻化しているともお聞きします。 もっと読む
2017-03-14 庄内町議会 平成29年  3月 予算特別委員会-03月14日−02号 次、児童福祉支援事業について。  これは子どもを取り巻く環境の整備、健全育成、虐待防止等の推進やひとり親への支援等、高校就労、ひとり親への商品券の支給とあります。ここでお聞きしたいのは、特に虐待についてです。通告件数、平成25年度が10件、平成26年度が22件、平成27年度が15件、平成28年度は何件なのかお聞きしたいし、同じく虐待の件数、通告でなくて認定です。 もっと読む