277件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

山形市議会 2020-09-23 令和 2年厚生委員会( 9月23日 厚生分科会・決算)

長寿支援課長   生活支援体制整備事業目標値は、住民主体居場所立ち上げ数であり、定期的に体操を行う場など、介護予防日常生活支援総合事業において補助を行っているものに限らず、生活支援コーディネーターが何らかの関わりをもって立ち上がった居場所の数としている。 ○鈴木進委員   生活支援コーディネーターが関わって立ち上がった居場所66か所について、どのような場所で行われているのか。

山形市議会 2020-09-16 令和 2年 9月定例会(第3号 9月16日)

自治会町内会新型コロナ感染症対策を意識して、役員会や百歳体操など、取組を再開した地域もあると伺っております。その際に必要になってくるのが、感染症対策衛生用品になりますが、町内会で用意しているところもあれば、各町内会組織単位で用意しているケースもあり各自治会町内会の運営に任せているという認識でおります。  

山形市議会 2020-06-17 令和 2年 6月定例会(第3号 6月17日)

また、誰もが身近なところで楽しみながら運動ができるよう、ウオーキングやストレッチ体操等の普及啓発を行っている健康づくり運動普及推進協議会連携を図りながら、市民が行う自主的な健康づくりのためのウオーキングに引き続き取り組むことができるよう支援してまいります。  次に、パークゴルフについてでございます。  山形市では、山形スポーツ推進計画に基づき、身近なスポーツ施設整備に取り組んでいます。

山形市議会 2020-03-19 令和 2年予算委員会( 3月19日)

また、委員から、以前から歩数だけでポイントをためることは難しいと指摘されているが、対象事業拡大等は検討しているのか、との質疑があり、当局から、来年度の事業実施の際に、アプリセルフチェック機能を活用し、ラジオ体操公園遊具を使用した運動等についても、ポイントがたまるような制度を検討していく、との答弁がありました。  

山形市議会 2020-03-12 令和 2年厚生委員会( 3月12日 厚生分科会・予算)

健康増進課長   来年度の事業実施の際に、アプリセルフチェック機能を活用し、ラジオ体操公園遊具を使用した運動等についても、ポイントがたまるような制度を検討していく。 ○委員   改善点などがあるのであれば、しっかりと市民へ周知できるように対応してほしい。 ○委員   胃がん検診内視鏡検査事業について、対象者及び実施方法等はどのようになっているのか。

村山市議会 2020-03-05 03月05日-03号

表面には自身の目標、裏面には何をしたら何ポイント、何をしたら何ポイント、そこにたった一言、東沢公園散策路を歩いた、もしくは東沢公園で何か体操をした、それだけでもいいと思うんですよ。そうやってどんどんと市民の足を運んでもらう、そして足しげく通ってもらうことによって、誇りであったり、すばらしい財産があるということに気づいてもらえるのではないのかなと思っています。 市長、突然すみません。

鶴岡市議会 2020-03-05 03月05日-02号

このことによりまして、住民主体通いの場の立ち上げに関わるなど、百歳体操などの通い場づくりが各地で進んでおります。  2つ目といたしまして、医療介護連携研修会をはじめ、多職種参加する研修会を開催いたしました。医療従事者介護従事者など、職種を超えたネットワークが図られ、顔の見えるつながりで連携の基盤が強化されております。  次に、地域医療についてお答えいたします。

村山市議会 2020-03-04 03月04日-02号

健康づくり運動としては、輪投げ、けん玉、吹き矢、卓球、認知予防体操その他としましては夏休みのラジオ体操あるいは懇談会等を行っているそうです。 この活動を積極的に行われていました。また会長を初め役員の方々の事業に対する熱意を感じてきたところであります。 最後に、手前みそになろうかと思いますけれども大久保市民センター取組について紹介いたします。 

天童市議会 2019-12-11 12月11日-03号

また、そういった運動機能低下の抑制ということで、市としては、私ども市民部ですと、生活環境課が所管する高齢者交通安全教室、そういった中で、軽体操などを含めてやって、その中で運動機能低下を予防することをしっかりやっていったり、あるいは今度健康福祉部門で行っている健康教室や、あるいは介護予防教室の中で、参加者にその中で高齢者の方がいて、運転免許証を引き続きお持ちになって運転をしていきたい方がいるのであれば

鶴岡市議会 2019-12-06 12月06日-03号

その結果、例えば防災無線で定時になりますとラジオ体操が流れるですとか、高校生ボランティア活動の中で、背伸ばしベンチという健康器具ベンチをつくってもらったりですとか、市役所内の階段に健康クイズを張ってみたりとか、いろんなアイデアが出てきたと。そして、平成28年には健康寿命伸び率で全国や県の平均を大きく上回ることができて、さらに医療費も減らすことができたという内容のものでした。

鶴岡市議会 2019-12-05 12月05日-02号

児童生徒が自認する性別の制服、体操着などの着用を認めることや、標準より長い髪型を一定の範囲で認める等々、そうした配慮が求められております。また、教職員や子供たちの理解を進めることも必要というふうに言われております。

山形市議会 2019-12-04 令和元年12月定例会(第3号12月 4日)

福祉についてですが、通院、通学への要望があって協議会で今後検討していくという御答弁でありましたけれども、買い物や通院などの日常生活以上の外出を頑張っていらっしゃる高齢者への支援、こういったものも必要だと思いますが、今、健康ポイント事業のほうでは、百歳体操、介護予防の講座などへの参加ポイント対象としておりますけれどもアプリや手帳を利用する人で、現状、高齢者は少ないのではないかと思います。