運営者 Bitlet 姉妹サービス
59件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-07 鶴岡市議会 平成 30年  9月 定例会-09月07日−02号 わかりやすく使いやすい交通環境の確保に対し、低床バス導入に対する市の支援、バスの乗り方教室やお試し体験の開催のほか、運賃負担の軽減として、学生100円バスや一日の乗り放題券、運転免許証返納者や高齢者を対象としたバス割引定期券の発行やタクシー料金の割引などが行われております。 もっと読む
2018-03-05 天童市議会 平成30年  3月 定例会(第5回)-03月05日−02号 天童から行って、山形まで行って山形で乗り換えればそういった時間はないのかもしれませんが、たしか運賃の計算方法からすると、羽前千歳で乗り換えないとまずいはずなんです。山形まで行ってはいけないはずなので、払えばいいんでしょうけれども、そうしたときに、やはり羽前千歳での乗り継ぎ時間というものがもったいないなという気がするんです。20分もあるようでは。 もっと読む
2017-12-06 高畠町議会 2017-12-06 平成29年第503回定例会第2号 本文 財政的に、特別交付税措置、若干お聞きしたいんですが、中心市には上限で年間8,500万という、今回伸びているようですけれども、近隣市町が1,500万ということですね。これは圏域が続く限り当面、毎年ということになるのか。それとも年数というのは限られているんですか。お聞かせください。 もっと読む
2017-09-04 鶴岡市議会 平成 29年  9月 定例会-09月04日−04号 本市としても路線バスの運賃体系の見直しや新路線の整備などを民間の事業者が検討するに当たって全面的に協力をして、住民サービスの向上や地域活性化への道筋をつける必要に迫られているのではないかと考えます。   そこで、まずこれまでの本市の取り組みの現状と今後のあり方について、どうすれば路線網を整備し、住民の方々に利用してもらえるバス路線を再編できると考えておられるのか、当局の考えを伺います。 もっと読む
2017-09-01 鶴岡市議会 平成 29年  9月 定例会-09月01日−03号 次に、地域振興計画と個別事業の予算との整合についてでありますけれども、地域活性化事業の予算要求において、個別事業の数や事業規模に特に上限を設けているものではなく、各庁舎が知恵を絞り、地域振興、地域活性化に資する事業を提案しているものであります。一方、それが議員御指摘の数の多さにつながっている面もあるかと存じます。 もっと読む
2017-08-31 鶴岡市議会 平成 29年  9月 定例会-08月31日−02号 これは、奨学金貸与者が大学等を卒業後6カ月以内に県内に居住し、かつ支給対象となる職種に就業し、3年継続した場合、奨学金の返還残高、または助成候補者認定後の奨学金貸し付け月数に2万6,000円を乗じた額の、いずれか低い額を上限に返済を支援するというものでございます。 もっと読む
2017-03-01 鶴岡市議会 平成 29年  3月 定例会-03月01日−01号 総工費は現在詳細を積算中とのことですが、本市としては屋内遊戯部分に着目し、平成29年度については国費を含め2分の1を上限として支援を行うこととし、平成30年度におきましては整備の進捗に応じ必要な支援を行ってまいりたいと考えております。   日沿道の進捗状況と今後の見通しについてお答えします。 もっと読む
2016-12-05 鶴岡市議会 平成 28年 12月 定例会-12月05日−04号 これも交渉次第なのでしょうけれども、単に運賃に触れなければ、外国においしい食材をPRすることができると考えます。   首都圏から関西へ、そして外国へと、貨物輸送は人と物の流れをつくる上でも大変重要であると思いますし、待っているだけ、受け身の農業では、せっかく本市にはよい在来作物がありますが、拡大は難しいのではないのでしょうか。 もっと読む
2016-12-01 酒田市議会 平成28年 12月 定例会(第6回) ◎田中愛久商工観光部長 運賃につきましては、定期航路事業全体を支える中で国のほうからもいろいろ指導がありますので、今言われた割引運賃については若干検討はしていきたいと考えております。 ----------------------- △武田恵子議員質問 ○後藤仁議長 次に進みます。 12番、武田恵子議員。  もっと読む
2016-12-01 鶴岡市議会 平成 28年 12月 定例会-12月01日−02号 これは、若い人がその住宅、宅地を買ってうちを建てようとして下水道接続すると50万円くらいの公共汚水ますがかかって、そして新たに下水道受益者負担金を約30万円、藤島でいえば上限が30万円ですから、30万円ということで、大きな負担になっているわけです。これは、若者がこの地域で定住する上では大きなブレーキになっているのではないか。そういうケースというのはそんなにいっぱいあるわけではないのです。 もっと読む
2016-09-06 村山市議会 村山市議会 会議録 平成28年  9月 定例会(第3回)-09月06日−03号 厚生労働省は、制度の持続可能性を高めるためとして、昨年8月から一定の所得者について利用料の1割負担を2割に引き上げたが2割負担の人をさらに増やす、3万7,200円の自己負担上限を医療保険の現役並み所得者と同水準の4万4,000円に引き上げる、介護施設入所の低所得者の食費、部屋代の補助を昨年8月から一定の預貯金などがある場合には対象外としたが、宅地など不動産を保有している場合も新たに対象外とする、40 もっと読む
2016-06-14 川西町議会 平成28年  6月 定例会(第3回)-06月14日−03号 ◎教育推進部長(木下博) 指導員の勤務については、いろいろな難しい面がございまして、一つは指導員の方が年収の上限というところで考えておられる、そういった指導員もおられたりとか、あるいは逆に賃金が上がると勤務時間が短くなっていくというようなところで、非常に悩ましい部分を抱えております。それぞれの指導員さん、もちろん賃金が上がること自体については否定的ではないと思うんですけれども、そういった部分。 もっと読む
2016-03-04 天童市議会 平成28年  3月 定例会(第7回)-03月04日−02号 変更に当たっては、半径およそ100キロメートルの駅に設置されている運賃表の架け替え作業、切符販売システムや列車運行システムなど、各種コンピュータープログラムの更新作業や動作確認作動等、多くの手間と時間が必要となるため、莫大な費用が発生するものであります。また、駅の名称は、長い年月を経て、多くの皆様になじみ深いものとなっております。   もっと読む
2016-03-04 鶴岡市議会 平成 28年  3月 定例会-03月04日−02号 また、運賃収入と運行経費との収支比率も25.8%と低下傾向にあります。このため、東栄地区で組織している運営協議会では、会員世帯の登録の推進ですとか利用者アンケート、さらに高校生に対して通学利用のモニタリングを行うなど、潜在需要の掘り起こしに努めているといったところです。   もっと読む
2015-12-04 鶴岡市議会 平成 27年 12月 定例会-12月04日−03号 加えて混乗の場合は、児童・生徒の一般市民が乗り合わせることの不安解消と安全性の確保などが必要であることでありまして、さらにそうした課題を整理しますと、利用者ニーズを可能な限り配慮したルート及びダイヤの設定ですとか、路線バスとの乗り継ぎ場所の確保とダイヤの調整、また路線バスや市営バスとの整合性のとれた運賃設定などがあると考えております。 もっと読む
2015-12-03 鶴岡市議会 平成 27年 12月 定例会-12月03日−02号 共産党市議団で10月に視察した長野県上田市では、平成25年10月から運賃低減バスの実証運行を開始しております。 もっと読む
2015-12-01 酒田市議会 平成27年 12月 定例会(第8回) ことしの税制改正で控除額の上限が2倍になり、ワンストップ特例で申告手続が簡素化され、5つの寄附先までなら確定申告が不要となった制度的な要因もありますが、ふるさと納税に熱心に取り組んだ自治体が需要を取り込もうと、返礼品を一段と充実させているのが主な要因と言われております。  もっと読む
2014-10-09 川西町議会 平成26年 10月 臨時会(第5回)-10月09日−01号 第10目 市民参画費の自治会支援事業では、自治会の加入促進活動のため、自治会加入促進事業補助金として76万6000円を支出しております点に関しまして、市では補助金交付以外にも、加入促進パンフレットを作成し配布するなどの取り組みに努めたにもかかわらず、自治会加入率は61.5%と前年度より0.6ポイント低下しておりますことから、これら支援策の効果に対する見解のほか、1団体当たり上限5万円で実施可能な活動 もっと読む
2014-09-05 鶴岡市議会 平成 26年  9月 定例会-09月05日−03号 また、2つの路線を除き、ほとんどの路線バスの運行には赤字が生じていることから、市の路線バス維持費補助金につきましても、補助金額の上限を撤廃するよう御要望をいただいております。   もっと読む
2014-09-02 庄内町議会 平成26年  9月 定例会(第6回)-09月02日−01号 国土交通省では貸切バスの運賃・料金制度を改正しております。それが4月1日施行ということになっております。 もっと読む