226件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

庄内町議会 2018-09-07 平成30年  9月 定例会(第5回)-09月07日−04号

その(1)と題しまして、町は幹線路線、それから循環路線(4コース)、それから中心市街地循環線の3路線の運行と、民間委託によるデマンドタクシーの運行を行っております。これらを利用する方々の目的別や年齢別等の利用状況についてはどうなっているのか。また、利用促進についての考え方はどのように考えておられるか、お尋ねをいたします。  

高畠町議会 2018-09-07 2018-09-07 平成30年第507回定例会第2号 本文

さっきも申し上げましたとおり、答弁にもありましたように、こういうふうにQRコード、これはデマンドタクシーでございます。これも先ほど道の駅米沢からもらってきたわけでございますけれども、こういったことが確かになされているわけでありますが、1つお聞きしたいと思います。

鶴岡市議会 2018-09-07 平成 30年  9月 定例会-09月07日−02号

このほかの課題に対する主な取り組みとしましては、需要の変化に対応した交通サービス提供、路線再編に対し、朝日地域の路線バスの縮減に伴う交通再編に対する市営バスの導入を行い、市民協働による持続的な公共交通体系の確保という課題に対し、藤島東栄地区デマンド交通や西郷地区ボランティア輸送活動、羽黒地域と朝日地域の市営バス利用拡大協議会など、市民が主体となった取り組みへ市の支援を行っております。   

村山市議会 2018-06-20 村山市議会 会議録 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月20日−03号

本市では、公共交通機関のない地域に、買い物や通院の交通手段として、買物バスやデマンドタクシーの運行を行っていますけれども、これで十分と言えるでしょうかという問題です。  まず、市民環境課長にお尋ねしたいと思いますけれども、今、高齢者の運転の問題が非常に問題になっています。

村山市議会 2018-06-19 村山市議会 会議録 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月19日−02号

思われる 本市における把握とその現状について問う (1) 親の介護のために離職した40代、50代、60代の独身者の把握について (2) 救済策としての相談窓口の設置とその周知方法について (3) ミッシングワーカーの要因としての非正規雇用、独身、介護の問題に対する市の解決策について市長 関係課長2 高齢者の交通手段について1 村山市では公共交通機関のない地域に買物や通院の交通手段として、買物バスやデマンドタクシー

鶴岡市議会 2018-06-19 平成 30年  6月 定例会-06月19日−04号

この間説明もありましたけども、羽黒地区の市民バスとか藤島東栄地区のデマンド交通、あるいは住民の交通移動の協力隊など、またはタクシー、免許返納時の。これは、一過性のものですけども、タクシーの割引券を交付しているなども皆川市長の肝いりで打ち出したわけでありますけども、しかしながらそのどれも利用できない地域や高齢者がいるわけです。その恩恵の格差が生じているのも現実であります。

鶴岡市議会 2018-06-15 平成 30年  6月 定例会-06月15日−02号

デマンド交通やボランティアによる輸送など市当局が試行錯誤して対策を講じる姿勢もうかがえておりますが、しかし現在のままでは十分な対応とは言えず、とりわけ郊外地にお住まいする方々にあっては運転免許証の返納をちゅうちょしてしまうのも実情かと思われます。

高畠町議会 2018-06-06 2018-06-06 平成30年第506回定例会第2号 本文

また、公共交通機関の足がないということでありまして、今年度、高畠米沢のバスにつきましては、一部路線の見直しなども図って、あるいはさらにはそれを補完するためのデマンド交通などの取り組みを一新したわけでありますけれども、まだまだ、特に高齢者の方々にはその面について大変不足をしているんでないかなということは認識をいたしております。

庄内町議会 2018-03-19 平成30年  3月 定例会(第2回)-03月19日−06号

◎情報発信課長 地域公共交通ネットワークの構築につきましては、基本的に行政で行っております有償運行とかデマンドタクシーにつきましては、行政区域内の運行に限ったサービスでございます。これを北部定住自立圏内、酒田市、庄内町、遊佐町、今回三川町は入っておりませんが、この定住自立圏内で行政区を越えて公共交通を効率的に運行したらどうかというような検討に入ろうという協定内容の変更ということでございます。

庄内町議会 2018-03-09 平成30年  3月 定例会(第2回)-03月09日−04号

ですから、今後も公共交通の見直しというものをどのように考えていくかというふうなことになれば、具体的にはデマンド化していくとか、それから、もうすでにいろんなところで実証実験はし終わっている部分はあるわけでありますが、NPOを立ち上げて、その地域の方々で乗合バスとか乗合タクシーを運営しているというような事例もあります。そういったことができないのかと。

高畠町議会 2018-03-08 2018-03-08 平成30年第504回定例会第3号 本文

あわせて、既に入居している公益社団法人東置賜シルバー人材センターやデマンド交通予約センターとの連携が可能となることから、多様な分野の企業や事業所の入所を進め、創造的な取り組みができるような施設も想定をしております。  施設の整備計画でありますが、今年度は校舎1階のトイレの改装を行い、さらに、新年度には2階及び3階南側普通教室及びトイレの改装やセキュリティー強化工事を予定をしております。

高畠町議会 2017-12-06 2017-12-06 平成29年第503回定例会第2号 本文

10月からデマンド交通がさらに便利になりました。65歳以上の運転免許返納者及び75歳以上の方の運賃が400円と、100円安くなりました。返納者にとって身近で大変ありがたいことだと思います。運行時間の決まったデマンドタクシーであります。時間に関係なく利用できるタクシーの利用もできるよう検討してみてはどうか。

高畠町議会 2017-09-11 2017-09-11 平成29年決算特別委員会 本文

4 番(菊地英雄) 214、215の商工費で補助金、デマンド交通があるわけですけれども、これは今まで商工会に委託をしてきているわけで、今年度、来月からですか、新たな福祉型のデマンドバスということでもっと使いやすくということだったんですが、商工会で進めて商店街に人を呼び込む活性化策という目的があったと思うんですけども、それよりも福祉のほうがいいという判断はわかるんですが、どのような課題というか、やはりうまく

高畠町議会 2017-09-05 2017-09-05 平成29年予算特別委員会 本文

18万円、当初はあったんですが、これが皆減、18万がゼロになっておりますけども、先ほどデマンド交通でいろいろ説明があったようですが、それと関連するものなのかどうかお聞きしたいと思います。以上です。 委員長(小松政一) 村上福祉こども課長。