834件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鶴岡市議会 2019-03-22 平成 31年  3月 定例会-03月22日−07号

これら3議案の改正は、消費税法の改正により平成31年10月から消費税率が引き上げられることに伴い、議第30号ではコミュニティセンター及び地域活動センターの目的外使用料を、議第31号では農村センターの目的外使用料を、議第32号では西郷地区農林活性化センターの目的外使用料をそれぞれ改正するものであります。   提案の後、質疑に入りました。消費税増税延期の政治的判断は2016年にも行われている。

鶴岡市議会 2019-03-20 平成 31年  3月 予算特別委員会-03月20日−03号

次に、新産業創出地域基盤事業について、鶴岡漢方プロジェクトの状況と今後の方向性は、またサイエンスパーク拡張調査とあるが、その具体的な取り組みはとの質疑に対し、漢方プロジェクトの進捗状況について現在7品目が生産段階まで来ており、その他の品目についても試験栽培を継続している。

高畠町議会 2019-03-08 2019-03-08 平成31年第509回定例会第4号 本文

昨年9月から10月にかけて、全ての拡声子局の点検を実施した折に、ご意見をいただいている箇所については、重点的に音声の到達試験を実施をし、その結果により、スピーカーの向きを調整するなどの改善策を講じており、今後も定期的に点検と調整を行ってまいります。  

鶴岡市議会 2019-03-05 平成 31年  3月 定例会-03月05日−04号

業務の担当は、にこふるの2階にある子ども家庭支援センターとなっておりまして、現在正職員と嘱託職員合わせて16人が勤務しております。なお、子ども家庭支援センターでは、児童虐待業務への対応のほかに、育児相談や保育士による療育訪問、各種子育て支援事業や発達障害児への支援、ファミリーサポートセンター事業など、多種多様な子育て支援施策も行っているところでございます。   以上でございます。

鶴岡市議会 2019-03-04 平成 31年  3月 定例会-03月04日−03号

今後の虐待防止に向けた本市の対策、それから対外的な児童相談所、それから要保護児童対策地域協議会、民生委員児童委員等の対外的な関係機関、また庁内の健康福祉部、子ども家庭支援センター、それから健康課、教育委員会の学校教育課等の庁内の関係部局との連携をどのように進めていかれるお考えかお伺いしたいと思います。

鶴岡市議会 2019-03-01 平成 31年  3月 定例会-03月01日−02号

各コミュニティセンターや地域活動センターへの交付金が新年度から拡充される予定と聞いています。この件に関しては、29年の9月、12月、そして30年6月と質問を繰り返し、人件費、活動のしやすさ、地域自助への配慮などの視点から見直しが必要と提案してきました。

川西町議会 2019-03-01 平成31年  3月 定例会(第1回)-目次

                              〔市長〕〔教育長〕     13.外国語指導助手(ALT)の増員について         〔教育長〕      (1) どういう形の増員となるのか      (2) 実施されたことからの評価について      (3) 外国人となるので、日本の英語助手の方々について      (4) 児童にとって      (5) 教員にとって     14.タブレットPCの試験的導入

川西町議会 2019-02-28 平成31年  3月 定例会(第1回)-02月28日−03号

1点目、オンデマンドモビリティサービスの試験的導入についてお伺いいたします。  試験的に導入し、新しい川西モデルの構築に向けて、地域の活性化を図ってまいりますとありますが、オンデマンドモビリティサービス導入の効果について、お考えをお伺いいたします。  2点目、矢問・東畦野地内における雨水幹線管渠築造工事についてお聞きいたします。  

鶴岡市議会 2019-02-27 平成 31年  3月 定例会-02月27日−01号

について第55  議第52号 鶴岡市生涯学習センター設置及び管理条例の一部改正について第56  議第53号 指定管理者の指定について(鶴岡市羽黒第四地区地域活動センター)第57  議第54号 鶴岡市総合保健福祉センター設置及び管理条例の一部改正について第58  議第55号 鶴岡市湯野浜公衆浴場設置及び管理条例の一部改正について第59  議第56号 鶴岡市障害者支援センター設置及び管理条例の一部改正について

川西町議会 2019-02-20 平成31年  3月 定例会(第1回)-02月20日−01号

第3款民生費のうち第1項社会福祉費第2目人権推進費及び第3目総合センター費。第4款衛生費のうち第2項環境衛生費及び第3項清掃費。第5款労働費。第6款農林業費7款商工費。第9款消防費。第12款公債費。〃〃〃 (〃)総務生活31.3.5 第1表 歳出第3款民生費のうち第1項社会福祉費第2目人権推進費及び第3目総合センター費を除く全部。

川西町議会 2019-02-14 平成31年  2月 議員協議会(2月14日)-02月14日−01号

計画案の公表場所につきましては、市政情報コーナー、各公民館、各コミュニティセンターなどに置くとともに、ホームページにおいても公表することとしております。  それでは、次に計画案の内容をご説明いたします。  内容が多岐にわたっておりますので、本日の説明は資料1-3、川西市自殺対策計画(案)概要版によりさせていただきます。  

山形市議会 2019-02-13 平成31年全員協議会( 2月13日)

8ページの総務費は、74億6,752万3,000円を計上、創造都市拠点整備事業費や西山形コミュニティセンター建設事業の増はあるものの、山形ジェイアール直行特急保有株式会社及び山形市農業振興公社からの出資金返戻に伴う財政調整基金積立金の減等により、前年度より18.5%の減となっている。  

川西町議会 2019-02-13 平成31年  2月 議会運営委員・常任委員長合同会議(2月13日)-02月13日−01号

オンデマンドモビリティの試験的導入では、公共交通のあり方を検討するために、民間企業と連携してオンデマンドモビリティサービスを試験的に導入します。  産業ビジョンの策定では、市内の産業の活性化や起業支援などに向けて、具体的な取り組みを進めることができるように産業ビジョンの策定を行います。  

高畠町議会 2018-12-14 2018-12-14 平成30年第508回定例会第3号 本文

また、ほかの委員から「子育て支援センターが総合交流プラザから屋内遊戯場に移動するが、あいた部屋はどのように活用するのか。また、移動することに対し利用者からの意見はあるか」との質疑があり、当局から「活用については、現段階では決まっていないが、公民館も兼ねている施設であるため、社会教育課で利用することになる。利用者へは機会を捉え説明し、理解していただいている」との答弁がありました。

山形市議会 2018-12-12 平成30年中核市移行検討特別委員会(12月12日)

○中核市推進課長   平成29年度に1名、30年度に4名を採用しており、ことし6月の採用試験で4名、9月の採用試験で3名が採用見込みとなっている。また、県職員の獣医師派遣については、初任者だけでは業務が立ち行かず、今後、採用の辞退者等も考えられることから、県に対し6名以上の指導的立場の職員派遣を引き続きお願いしており、現時点においては最大8名の支援となっている。

鶴岡市議会 2018-12-10 平成 30年 12月 定例会-12月10日−04号

この方針に基づいた取り組みとして、バス事業者と連携しながら小学校やコミュニティセンター等を対象としたバスの乗り方教室、お試し体験バスの開催、わかりやすいバスマップやバス時刻表の作成、新たな利用者の獲得として庄内空港連絡バスの鶴岡サイエンスパーク内へのルート変更を行っております。   次に、藤島地域におけるデマンド交通に関する御質問についてお答えいたします。

鶴岡市議会 2018-12-07 平成 30年 12月 定例会-12月07日−03号

また、避難所開設における鶴岡市災害対策本部と地域災害対策本部の連携体制につきましては、5月18日に藤島地域に避難所を開設した際、本所からコミュニティ推進課職員が藤島地区地域活動センターと手向地区地域活動センターに、8月5日には手向地区地域活動センターと添川集落センターに開設準備の応援を行い、連携を図ったところでございます。