143件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

天童市議会 2018-09-13 平成30年  9月 決算特別委員会-09月13日−04号

そうすると、以前、私、カラスの死骸を発見しまして、電話しました。そうすると、カラス、病気うつるからどうのこうのって、絶対さわらないでくださいというのがあったので、私はさわりませんと。市役所に電話して、カラス1匹死んでいるよと。場所を指定してやりました。そうしたら、道路ですか、歩道ですかと確認されました。

庄内町議会 2018-09-06 平成30年  9月 定例会(第5回)-09月06日−03号

次は、市街地のカラス対策についてであります。本町では、毎年夏になりますと市街地において、カラスの群れによる糞害が問題になっております。市街地の電線にカラスが群がり、真下の路上には糞が散乱して、時には路上が糞で埋め尽くされて、天気のいい日には異臭を放つこともあり、住民を悩ませております。また、カラスが集団で電線に群がっている姿は気味が悪くて、不気味で異様な雰囲気であります。

高畠町議会 2018-03-12 2018-03-12 平成30年予算特別委員会 本文

あとは、なかなか捕獲し切れない、対応が難しい害として、鳥関係、カラスとか、ムクドリとか、そういった鳥被害については、ほかの鳥獣に比べまして、金額的には農産物の被害は一番突出をしている状況となっております。これはなかなか難しい対策となりますので、花火を中心にしながら、追い払いを中心にしながらやっておりますけれども、そういった状況となっております。  

村山市議会 2017-12-05 村山市議会 会議録 平成29年 12月 定例会(第6回)-12月05日−02号

我が改革クラブでは、先般、山形市役所にてふん被害などが多発する市街地を重点としたカラス対策事業、村山産業高校にて電子情報科の生徒らが考案した鳥獣駆逐装置、通称ACHについて現場視察を行いました。  山形市では従来からのレーザーポインターの市民への貸し出しによる自治会、飲食店組合単位での自発的な照射活動や鷹匠による追い払いに加え、広域音声システム等ドローンによる追い払い実証実験を進めています。

天童市議会 2017-09-06 平成29年  9月 決算特別委員会-09月06日−02号

実際、天童市の被害状況ですけれども、5,800万円ほどございますけれども、そのうちの約7割近くがカラス及びムクドリによる被害となっているところでございます。サル、イノシシ、クマ等々にも被害はございますけれども、特にイノシシについては被害額がだんだん増えてはきていますけれども、一応被害額としては、先ほど申し上げたように、鳥が非常に多いことになっております。  

鶴岡市議会 2017-06-16 平成 29年  6月 定例会-06月16日−03号

ニホンザルとカラスの被害額が割合では大きく、ニホンザルが被害額全体の38%、カラスが35%を占めております。また、初めてイノシシの被害が報告されておりまして、件数は1件で、被害金額も1万5,000円と小さいものの、イノシシは生息数が爆発的に拡大することが懸念されておりますので、その対策を早目に講じる必要があると考えております。   

村山市議会 2017-03-17 村山市議会 会議録 平成29年  3月 予算特別委員会-03月17日−02号

最近の鳥獣被害の傾向としては、カラスや猿に加えイノシシの被害も市内で多くなってきております。特に、イノシシの行動範囲や生息範囲は広範囲に及んでおり、村山市だけでなく東根市や県内でも被害の報告がされています。当市の東側におけるイノシシ被害の拡大が深刻化しておりますが、鳥獣の被害を受けている一部の農家だけの問題ではなく、市全体でこの状況を打開すべきものと考えます。  

天童市議会 2017-03-14 平成29年  3月 予算特別委員会-03月14日−02号

先日、去年かな、山形市で実施したカラスの追い払い活動の中で、タカかなんかを飛ばした途端に周辺にカラスが来なくなったというような実績もありますので、例えば、田麦野にそういう鷹匠もいらっしゃるところで、そういう取り組みは今後考えるのか、また、この辺の予算としてとっているのかどうか。その辺教えていただきたいと思います。 ○松田光也予算特別委員長 大内農林課長。

村山市議会 2017-03-08 村山市議会 会議録 平成29年  3月 予算特別委員会-03月08日−01号

その次がカラス、70.9アール、被害額が304万7,000円というような状況でございます。 ○委員長 8番 長南 誠委員。 ◆(長南誠委員) 今、聞いた数字、すばらしい数字だなというふうに思っています。これ前から楯岡、大倉、袖崎、東山方面が非常に被害が大きいということはわかっております。それで、今回初めて統計、何ですか、被害の動物ですが、猿、カラス、ハクビシンが入ってきたということです。

鶴岡市議会 2017-03-07 平成 29年  3月 定例会-03月07日−04号

さらには、ことし猿やカラス等の対応も行ってきたわけでございます。農政課の鳥獣被害の担当職員の中には、狩猟免許をみずから取りまして、それから数十万かけて猟銃と、それから猟銃の保管場所を設置した職員もいますし、それから捕獲わなの免許をみずから取った職員もおります。人ごとということではなくて、本当に自分のこというふうに考えて取り組みを行っておりますので、御理解をいただければなというふうに思います。   

鶴岡市議会 2016-09-01 平成 28年  9月 定例会-09月01日−02号

2点目として、猿、ハクビシン、カラス等有害鳥獣対策について伺います。特に猿被害に対しては、中山間地を中心に被害が大きいわけですが、平場やこれまで出没のなかった地域へも被害が拡大してきている現状であります。果樹、野菜を初め、稲の食害被害も拡大してきております。

庄内町議会 2016-07-14 平成28年  7月 全員協議会-07月14日−01号

◆澁谷勇悦議員 まず冒頭に、2年間見て、カラスの鳴かない日はあってもこの議会の検証に澁谷の名前が出てこないことはない。大変、今話になっている議会の経緯についてどうかというと、まずお詫びのしようもございません。これから3年目ですから、3年目で、次の議会でもしもまた書かれたらこれは大変だなと思っていますが、前向きに取り組んではおります。まずこれは私ごと。  

鶴岡市議会 2016-06-14 平成 28年  6月 定例会-06月14日−01号

加えて被害の大きいカラスとニホンザルについては、箱わななどを設置し、計画的な有害捕獲を実施しております。また、補助事業を活用し、農作物被害防止の目的とした電気柵の導入や爆音機、防鳥ネット等の購入経費への助成、自主活動として追い払い組織を立ち上げる際の経費助成を行っており、生産者みずからが行う対策についても支援をしております。   

天童市議会 2016-03-15 平成28年  3月 予算特別委員会-03月15日−03号

そうした中で、衛生組合連合会の予算につきましては、市民の方々から250円ずつ会費をいただきまして、そちらを原資といたしまして、こういった補助、それからカラスをよけるような黄色いネットの補助とか、そういった補助に使わせていただきました。また、一部は、いただいた250円のうち、地元の活動費ということで各支部のほうにまたお返しをしているような状況もございました。  

鶴岡市議会 2016-03-02 平成 28年  3月 定例会-03月02日−01号

このほか、カラス対策のための生息実態の把握などを新たに行います。  消費生活のトラブルを初め、市民の悩みや不安に関する相談体制については、総合相談窓口を中心に、他の専門相談窓口とも連携しながら、引き続き体制の充実に努めてまいります。  また、住民票などの各種証明書のコンビニ交付については、29年1月から運用開始を目指して準備を進めます。  第2に、健康福祉分野について申し上げます。  

村山市議会 2015-12-04 村山市議会 会議録 平成27年 12月 定例会(第6回)-12月04日−04号

有害鳥獣とは猿、イノシシ、鹿、カラス等になるわけですが、農家の方も行政も関係各所も、精いっぱい駆除に努めておりますが、一向に鳥獣は減っていないようです。逆に、反対に増える傾向にあるのが現実のようです。  これ以上の被害拡大を抑えて、農家の方が安心して農作物を栽培できるような駆除対策事業を展開していかなければならないと考えます。