運営者 Bitlet 姉妹サービス
341件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-04 高畠町議会 2018-12-04 平成30年第508回定例会第1号 本文 当日は、アテネオリンピック金メダリストの室伏広治氏の記念講演など、70周年にふさわしい式典となり、私からも町を代表して祝辞を申し上げたところであります。  また、70周年記念に花を添えるような、大変喜ばしいニュースもございました。先ほどもお話をさせていただきましたが、去る11月18日に行われました第35回山形県女子駅伝競走大会において、我が南陽・東置賜チームが悲願の初優勝を果たしました。 もっと読む
2018-09-28 鶴岡市議会 平成 30年  9月 定例会-09月28日−06号 今後一層磨きをかけ、交流人口の拡大、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向け、地域活性化となる取り組みに期待をします。   次に、病院事業会計について申し上げます。入院患者数が前年度に比べて3.1%増、外来患者数は同じく7%増であります。このような患者数増加に伴う医業収益の増加により、収益的収支では前年度に比べ2.3%増でありました。 もっと読む
2018-09-27 鶴岡市議会 平成 30年  9月 定例会-09月27日−05号 消費税の増税、オリンピックによる好景気も来年1年くらいでしょう。この先の経済も不透明です。急激な変化は、企業の経営不振につながります。よって、この請願には反対します。 ○議長(齋藤久議員) 次に、賛成の討論を許します。6番草島進一議員。     もっと読む
2018-09-13 天童市議会 平成30年  9月 決算特別委員会-09月13日−04号 これにはオリンピックのメダルになるから小型家電出してくださいというふうな宣伝をしているわけですが、実際出された中からどのくらい取れたなんていうのは、結果として上がってくるんでしょうか。 ○山崎諭決算特別委員長 秋保生活環境課長。 もっと読む
2018-09-11 鶴岡市議会 平成 30年  9月 定例会-09月11日−04号 2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開催を目の前に控え、日本を訪れる外国人観光客は増加の一途をたどり、2012年から5年間で約5倍の2,869万人となり、2020年には4,000万人に達するとされております。政府は、2030年には6,000万人にするという方針を示しています。 もっと読む
2018-09-07 庄内町議会 平成30年  9月 定例会(第5回)-09月07日−04号 東京オリンピックが2年後にありますが、現時点で金メダルに近い選手らはオリンピックで金メダルを狙うと言ってもいいのかもしれませんが、庄内町の町長の世界一宣言というのは、現時点で国内の地区大会でも優勝できないような選手が、2年後のオリンピックで金メダルを5個目指すというのと近いような気がするわけでございます。 もっと読む
2018-09-07 鶴岡市議会 平成 30年  9月 定例会-09月07日−02号 以前よりスポーツに係る御質問を幾度となくさせていただいておりますけれども、本市には東京オリンピックへの出場に期待がかかる選手もおりますし、またそれを支え、御指導してまいりました優秀な指導者もおられます。 もっと読む
2018-09-06 高畠町議会 2018-09-06 平成30年第507回定例会第1号 本文 このような中、企業においては省力化や研究開発への投資需要が高まっていることに加え、2020年に開催されるオリンピック・パラリンピック競技大会やインバウンドの増加に向けた投資も続くことが期待されることから、設備に対する投資は今後も我が国の内需を下支えしていくことが見込まれております。   もっと読む
2018-09-06 高畠町議会 2018-09-06 平成30年予算特別委員会 本文 そういったところは、山形県全体でもそうだと思いますが、2020年のオリンピックがあるわけですので、それに向けて観光地については多言語化を整備していきたいという意向があるようですので、有効な事業を使いながら今後とも整備してまいりたいと思っています。   もっと読む
2018-09-05 鶴岡市議会 平成 30年  9月 定例会-09月05日−01号 2020東京オリンピック・パラリンピックに向け市民のスポーツへの興味関心も一層高まるものと思われますので、各種スポーツ施策の更なる充実に向けて取り組んでまいります。   観光についてでありますが、本市では鶴岡市観光連盟と協働し、「鶴岡市中期観光振興戦略プラン」を先月策定したところであります。 もっと読む
2018-06-19 村山市議会 村山市議会 会議録 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月19日−02号 ホストタウン事業に関連して、まさに人材育成こそがオリンピックのレガシーになっていくのかなと思っておりますが、今後、ブルガリアの新体操、そしてSEAを通じて、低年齢から利用できるような新体操クラブというものの設置、そういった可能性があるのかどうなのか、オリ・パラ課長に伺いたいと思います。 ○議長 矢口オリ・パラ交流課長。 ◎教育委員会東京オリ・パラ交流課長 お答えいたします。   もっと読む
2018-06-15 高畠町議会 2018-06-15 平成30年第506回定例会第3号 本文 また、ほかの委員から「2回目の入札でも予定価格より6,000万円ほどの開きがあるが、予定価格は適切に積算されたのか」との質疑があり、当局から「最低価格業者は東京オリンピックを控え、鋼材の高騰を想定した価格、備品については100%の単価を設定していた。 もっと読む
2018-06-15 鶴岡市議会 平成 30年  6月 定例会-06月15日−02号 オリンピック・パラリンピックにつきまして、東京の小池知事はおもてなしからもったいないへということで、もったいないを新たなコンセプトにしたいとも表明しております。 もっと読む
2018-06-15 村山市議会 村山市議会 会議録 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月15日−01号 10款5項1目保健体育総務費4,625万5,000円の増は、東京オリンピック・パラリンピック交流課の設置に伴い、職員6人分の給与費を10款4項1目の社会教育総務費から移す教育費等の補正4,212万円のほか、説明欄の3番、ホストタウン交流事業推進のため、ブルガリア人の新体操指導者をスポーツ国際交流員、SEAとして招致できる運びとなりましたので、交流員の報酬等必要な経費を補正するものです。   もっと読む
2018-06-13 鶴岡市議会 平成 30年  6月 定例会-06月13日−01号 平成29年3月議会で当時の榎本市長が、人と人のつながりから交流人口を拡大する観光文化都市宣言で、近年の外国人観光客の増加や2020年の東京オリンピック・パラリンピックを見据えながら国際観光の推進に力を入れること、具体的には鶴岡駅構内にある観光案内所をマリカ東館1階に移転し、国際交流などの推進や鶴岡市の食文化情報発信拠点として整備を行い、民間による郷土料理、鶴岡の食材が味わえる飲食店のオープン、鶴岡市 もっと読む
2018-06-07 小国町議会 平成30年第5回定例会(第1日) 本文 2018-06-07 2017年5月3日、憲法9条に自衛隊を明記し、オリンピックの2020年にこれを施行したいと国会に改憲案が提出されるようになるような運びであります。  しかし、この9条は、日本の国が戦争に参加しないということで長い間国民に安心感を与えてきました。 もっと読む
2018-03-22 鶴岡市議会 平成 30年  3月 定例会-03月22日−07号 2020年には、東京オリンピック・パラリンピック競技大会が開催され、これを契機とした共生社会の実現をレガシーとすべく、また、政府の一億総活躍社会の実現を具体化するため、東京のみならず全国各地の一層のバリアフリー化が進められる必要がある。そのためには、バリアフリー法を改正し、制度面から地域の抱える課題の解決を目指すことが不可欠である。    もっと読む
2018-03-20 村山市議会 村山市議会 会議録 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月20日−05号 主な施策として平成30年度開校予定の楯岡小学校改築事業や村山駅西と東北中央自動車道インターチェンジを結ぶ市道駅西中央線の整備、東京オリンピック・パラリンピックホストタウン事業、子育て定住応援対策事業など、これからの本市の進むべき方向が盛り込まれており、志布市長の並々ならぬ決意が感じられます。  今後とも歳入増が見込めない中、増加する歳出という収支均衡が図れない状況が想定されます。 もっと読む
2018-03-20 村山市議会 村山市議会 会議録 平成30年  3月 予算特別委員会-03月20日−02号 東京オリンピック・パラリンピックに向けての機運の高まりが期待されます。  オリンピック・パラリンピックの目標は、共生社会の実現でもあります。パラリンピック関係にも意を払った事業展開を要望します。  村山市立図書館について、使いやすい図書館という評価もありますが、近隣に類似施設ができたことから、利用者の減少が懸念されています。 もっと読む
2018-03-20 鶴岡市議会 平成 30年  3月 定例会-03月20日−06号 日本政府は、条約への反対理由として、北朝鮮情勢の緊迫化を挙げておりますが、韓国と北朝鮮は平昌オリンピックの際、水面下で南北、そして米朝会談の流れがつくられました。その結果、金正恩政権発足以後、初めて非核化の目標が明示され、対話の期間中は核実験やミサイル発射を停止するという重要な合意が得られています。 もっと読む