運営者 Bitlet 姉妹サービス
718件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-14 山形市議会 平成30年厚生委員会( 9月14日 厚生分科会・決算) ○委員   国立がん研究センターから、全国のがん診療連携拠点病院でがんと診断された患者の3年後の生存率が71.3%と発表されたが、済生館もデータの提供に協力しているのか。 もっと読む
2018-09-12 鶴岡市議会 平成 30年  9月 決算特別委員会-09月12日−01号 材料費は22億9,428万円で、前年度に比べ2,828万円、1.2%増加となっておりますが、これはがん治療薬などの高額な医薬品の使用により、薬品費が増加したことなどによるものです。経費は28億2,002万円で、前年度に比べ235万円、0.1%減少となっております。 もっと読む
2018-09-11 鶴岡市議会 平成 30年  9月 定例会-09月11日−04号 個別支援計画の意義であるとかを認識に至らず申請してくれず、もう少し元気な、その方自身がいわば助ける側に回るような方のほうが積極的に個別支援計画に手を挙げていただいたんだけれども、それにもかかわらず実際あなたのお宅の部屋の見取り図はどうなんですかと、どこに寝ていらっしゃいますかみたいな非常にプライバシーにかかわることを個別支援計画では明らかにしないと助けられないわけですけれども、そんなことも聞かれるがんかやという もっと読む
2018-09-07 庄内町議会 平成30年  9月 定例会(第5回)-09月07日−04号 こういった具体的なところから逆算して、まずはがんが多いと。今がんは日本人2人に1人はかかる。あるいは、3人に1人は亡くなるといったようなことですから、がんの早期発見に努めるというふうなことですから、その健康診断、がん検診はすべて無料にしましょうというふうなことで、検診の奨励を進めてきました。  それから、最終的に亡くなる方が、どういった亡くなり方をするかというふうなことを考えると肺炎で亡くなると。 もっと読む
2018-09-05 鶴岡市議会 平成 30年  9月 定例会-09月05日−01号 このサイエンスパークにございます市先端研究産業支援センターにつきましてもほぼ満室の状態にございまして、昨年4月の国立がん研究センター鶴岡連携研究拠点の開設、鶴岡先端研発ベンチャー企業の事業拡大などによりまして、支援センターへの入居需要は今後もふえていくものと予測しておりまして、現在入居団体などのニーズの把握、整理を行っているところでございます。 もっと読む
2018-09-01 酒田市議会 平成30年  9月 定例会(第4回) まず、肺炎球菌ワクチンについてでありますけれども、今、部長も御答弁されたように、県平均から見れば確かに高い割合になるので、そういった意味では、うちはがん予防についてのさまざまな周知も含めて、そういった予防措置といいましょうか、さまざまなそういったことについての市民への周知等については一定程度進んでいるのかなと。 もっと読む
2018-06-19 鶴岡市議会 平成 30年  6月 定例会-06月19日−04号 保健師の仕事においてはさまざまな分野があるのは承知していますが、がんとか、それから難病に詳しい専門的に対応できる行政保健師の方はどれぐらいいるのかお尋ねいたします。 ◎健康福祉部長(齋藤功) それでは、初めにがんや難病に詳しい専門的に対応できる行政保健師ということでお答えしたいと思います。    もっと読む
2018-06-04 山形市議会 平成30年厚生委員会( 6月 4日) ○委員   重粒子線がん治療施設で患者数が600人を超えているのは、サガハイマットと放射線医学総合研究所だけである。少ないところは年間100人や300人ほどの患者数で推移していると理解しているが、その辺は比較の対象にならないのか。 ○健康課長   佐賀県は成功している事例である一方、なかなかうまく進んでいない施設があることも把握している。 もっと読む
2018-05-11 山形市議会 平成30年厚生委員会( 5月11日) ○市民生活部長   5月1日付で、追加して情報提供を依頼したものは3点あり、患者数600人の根拠、患者設定人数別収支バランス及び東北がんネットワークの活動状況と今後の見込みについてである。 ○委員   回答期限はいつまでとしているのか。 ○健康課長   5月18日を期限としている。 ○委員   回答があった後、また報告してほしい。 もっと読む
2018-03-22 鶴岡市議会 平成 30年  3月 定例会-03月22日−07号 それから、日曜日がん検診の拡充、地域福祉関連での避難行動要支援者管理システムの導入は大変意義深きものであります。   障害者関連は、障害者差別解消法に基づき、まず文化会館の椅子をこの間1列全て車椅子利用者が利用できる稼働型にしてくださいました。これで障害者の方がど真ん中でごらんになれます。感謝申し上げます。 もっと読む
2018-03-08 庄内町議会 平成30年  3月 定例会(第2回)-03月08日−03号 また、健康しょうないマイレージ事業でございますが、これにつきましては、参加延べ人数について4,688人ということで申し上げましたが、これにつきましては、特定健診、あるいはがん検診、それから集落等での健康づくり体操の参加者、これらについては対象者の把握が困難だということで、これについての参加者の積算はされていない数字だということでご理解をいただきたいと思います。 もっと読む
2018-03-07 山形市議会 平成30年厚生委員会( 3月 7日 厚生分科会・予算) ○済生館管理課長   平成30年度に最終年度を迎える済生館3カ年計画の達成を一番の目標とし、脳卒中やがんを初めとする専門的治療及び断らない救急など、市民のために質の高い医療の提供をしていくというスタンスをさらに強化していきたい。 ○委員   健康医療先進都市に向けて、済生館の担う役割は大きい。都市ブランド確立にどうかかわっていくのか。 もっと読む
2018-03-07 鶴岡市議会 平成 30年  3月 予算特別委員会-03月07日−02号 87ページの6目企画費8億3,509万6,000円は、90ページの鶴岡市総合計画策定事業、特定政策課題調査研究事業、92ページの地域資源活用体験交流推進事業、慶應義塾連携協定推進事業、94ページの新産業創出地域基盤事業、高等教育機関連携促進事業、96ページのがんメタボローム研究推進事業、日本遺産魅力発信推進事業、98ページの食文化創造都市推進事業などの経費であります。    もっと読む
2018-03-07 庄内町議会 平成30年  3月 定例会(第2回)-03月07日−02号 また、がんや自殺などによる壮年期の死亡は、家庭基盤をゆるがし、地域社会を担う人材の損失となる大きな問題と言えます。このため、「健康しょうない21計画(第3次)」に基づき、壮年期死亡の減少、健康寿命の延伸を図ります。  具体的なことについては、下記をお読みいただきたいと思います。  [重点4]「安全・安心日本一のまちづくり」  安心・安全は、その町の住みよさに大きく関わり、生きる上で最優先事項です。 もっと読む
2018-03-06 鶴岡市議会 平成 30年  3月 定例会-03月06日−04号 中でも高額な医療機器につきましては、計画的に更新することが必要であり、平成26年度には電子カルテシステム、高性能のCT、27年度には手術用の顕微鏡、28年度にはがん治療に使用します放射線治療機器、そして29年度には超音波診断装置などを更新したところでございます。今後も順次年次計画により、必要な整備を進めてまいりたいと考えております。   次に、人材、接遇などのソフト面についてお答えをいたします。 もっと読む
2018-02-28 鶴岡市議会 平成 30年  3月 定例会-02月28日−01号 健康づくりの面では、総合保健福祉センターを拠点に、健康、医療、福祉の総合力が発揮されるよう、健康教育・相談事業など所要の予算を計上したほか、がん検診受診率向上を図るため、日曜日がん検診の拡充を行います。    もっと読む
2018-02-28 天童市議会 平成30年  3月 定例会(第5回)-02月28日−01号 4款1項1目保健衛生総務費につきましては、中学生ピロリ除菌事業等委託料やがん検診等の健康診査委託料が主なものであります。  次に、162ページであります。  2目予防費につきましては、乳幼児や高齢者を対象とした予防接種委託料が主なものであります。  次に、260ページであります。  10款4項1目幼稚園費につきましては、私立幼稚園就園奨励費補助金や運営に対する施設型給付費が主なものであります。   もっと読む
2017-12-21 川西町議会 平成29年 12月 議員協議会(12月21日)-12月21日−01号 要は健診、予防という活動が、今、重要視されているのに、指標の数値が下がっているということに対して、こんな設定の仕方は私はあってはならないというように思っておりまして、それ以外の項目でも、肺がんの男性もそうですし、肺がんの女性もそうですし、大腸がんの男性もそうであります。 もっと読む
2017-12-08 鶴岡市議会 平成 29年 12月 定例会-12月08日−03号 特に採算性だとか医師確保の面などで民間の医療機関による提供が困難と思われる不採算医療であるとか、がん治療などの高度先進医療の役割を果たしながら、一方で市民からのさまざまな苦情であるとかトラブルだとかというものにも対処しつつ議会では安定した経営基盤の確立を強く求められると。こういった状況の中で懸命に仕事をされております病院関係各位の御努力には頭が下がるような思いがいたします。 もっと読む
2017-12-07 鶴岡市議会 平成 29年 12月 定例会-12月07日−02号 次に、サイエンスパークの全体的な評価ということでありますけれども、サイエンスパークの評価につきましては、先端研の活発な活動により、世界最先端のメタボローム解析技術を初めとする数々の成果が生まれ、こうした先端技術を基盤に、ベンチャー企業の誕生とともに、国立がん研究センターや理化学研究所などの研究機関の拠点の開設、食産業や農業振興への波及、高校生、大学生を初めとする人材育成、市民の健康づくりなど、多面的 もっと読む