運営者 Bitlet 姉妹サービス
122件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-10 鶴岡市議会 平成 30年  9月 定例会-09月10日−03号 子供の自殺を防ぐために、さまざまな取り組みが進んでおります。しかし、特に夏休み明けや4月の進学、進級時には全国的には高い自殺率となっております。いじめを受けた子供は、親に話すこともできずに一人で悩んでいるケースが多数あると言われております。   本市では、相談窓口として鶴岡警察署のヤングテレホンや教育相談センター、また保護者に対し年2回程度いじめアンケートを実施されております。 もっと読む
2018-06-06 高畠町議会 2018-06-06 平成30年第506回定例会第2号 本文 この中でも、社会的な問題の範疇になる学校問題、つまり生徒の自殺について質問したいと思います。いじめによる自殺防止が重要な課題ですが、現在、高畠町立の小・中学校では、そのとられている対応についてお聞きしたいと思います。  大きな項目4番目になりますが、子育て支援についてお聞きいたします。  人口減少が激しい現代です。これを食いとめようと国を挙げて対策していますが、即効的な施策はなかなか出ません。 もっと読む
2017-12-13 川西町議会 平成29年 12月 議員協議会(12月13日)-12月13日−01号 左ページの下段、黒く囲っておるところでございますけれども、そこに記載していますとおり、社会生活を円滑に営む上で困難を有する子ども・若者につきましては、国の子供・若者育成推進大綱の策定に係る子ども・若者育成支援推進点検・評価会議でも言及されているところでございまして、困難を有する子供は、生まれてから現在に至るまでの生育環境においてさまざまな問題に直面した経験を有している場合が多く、貧困、児童虐待、いじめ もっと読む
2017-12-08 鶴岡市議会 平成 29年 12月 定例会-12月08日−03号 また、生徒同士の人間関係が固定化することによって、いじめが発生したら6年間引きずられるのではないかという心配する声もありますが、教育長さんの御意見をお聞きしたいと思います。   第3点は、中心市街地の活性化についてお聞きをいたします。 もっと読む
2017-09-13 庄内町議会 平成29年  9月 決算特別委員会-09月13日−03号 いじめ問題専門調査委員会に関しましては、年1回専門家の先生から来ていただきまして、町のいじめ防止の取り組みについてご説明をさせていただき、それについて専門家それぞれの視点で、取り組みについてのご指導、ご助言をいただいているところであります。 ◆石川武利委員 ただいまご答弁いただきました。  次に、年2回ほど実施している、子どもを対象にした、いじめに対するアンケート調査ございましたよね。 もっと読む
2017-09-08 庄内町議会 平成29年  9月 定例会(第4回)-09月08日−04号 ◎保健福祉課長 自殺対策予防について、実際の担当の方は健康推進の係の方が受け持っているということになるわけでございますが、そういった自殺対策の関係につきましては、講演会なり、自殺予防に対して専門の方の、大学の教授とかそういった方をお呼びして、町民に対して考え方なり予防に対する対応についての講演会等の案内をしながら普及を図っているというようなことでございます。 もっと読む
2017-03-08 高畠町議会 2017-03-08 平成29年予算特別委員会 本文 4 番(菊地英雄) 113ページでありますけれども、精神保健福祉経費ですか、ここに報償費として金額はそれほどでもないんですが、自殺対策事業ということで、ちょっとこれまでにはあったのかちょっとわかりませんが、昨年あたりにこういう名称がなかったと思ったのですけれども、特段そういう事情が起こっているといいますか、おそれがあるということであえてここで自殺対策というふうなことを書かれていらっしゃるのか、ちょっとそれをお もっと読む
2017-03-01 川西町議会 平成29年  3月 定例会(第1回)-03月01日−05号 一つ事例でございますけれども、ある中学校のほうで道徳の時間にいじめについて話をしたと。 もっと読む
2016-12-06 高畠町議会 2016-12-06 平成28年第497回定例会第3号 本文 あと、中学校1年生で不登校やいじめがふえると言われている中1ギャップ。こういった実態をどのように認識されたのかということも含めて、この7年間の経過を簡単にお聞かせ願います。 議 長(佐藤仁一) 丸山教育長。 もっと読む
2016-12-06 川西町議会 平成28年 12月 定例会(第6回)-12月06日−04号 次に、いじめの実態について、ご説明させていただきます。本市の小・中学校で認知されたいじめの件数は、平成27年度123件となっております。いじめについては「いじめ防止対策推進法」に伴い、いじめを受けた子供が苦痛を感じたものをいじめと認知しております。   もっと読む
2016-09-29 川西町議会 平成28年  9月 一般会計決算審査特別委員会(9月29日)-09月29日−01号 まず、05の地域福祉活動支援事業のところの決算成果報告書の中で、自殺防止対策事業として取り組みをされたということで書いてあります。 もっと読む
2016-09-06 高畠町議会 2016-09-06 平成28年第495回定例会第2号 本文 今、日本で起きている社会での孤立化、虐待、生活苦や病気・介護疲れからの自殺、一家心中、孤独死など、新聞・テレビでの報道が私たちにとっても遠い事柄ではなく、とかく「貧困」という言葉が日常語として扱われるようになりました。この世界第3位という経済規模であるにもかかわらず、所得格差の拡大やワーキングプアなどが背景となって日本の貧困率は特に高いと言われています。   もっと読む
2016-06-17 鶴岡市議会 平成 28年  6月 定例会-06月17日−03号 平成23年の大津市中学生いじめ事件と平成24年の大阪市高校生体罰自殺事件が契機となり、平成27年4月より地方教育行政の組織及び運営に関する法律が改正され、教育委員会制度が58年ぶりに大きく変わりました。 もっと読む
2016-03-02 川西町議会 平成28年  3月 定例会(第1回)-03月02日−05号 このリーフレットで実証データからも、いじめ、不登校、既に小学校時代から傾向が見られる生徒に出現する傾向があると指摘をされています。さらに学校に対する不安感を持っていた児童が不登校になる傾向があるという指摘も反証されているんですね。   もっと読む
2016-02-29 川西町議会 平成28年  3月 定例会(第1回)-02月29日−03号 近年叫ばれています子供の貧困課題、シングルマザーの生活困窮実態、平成20年、そのときの自殺者が3万人を超えたと報道されたときから、平成26年には2.5万人を超えているといった統計上は減少しているとはいえ、依然多い若者の自殺者数など、こういった社会情勢の反映が川西市にどのように波及しているのか、その実態をどのように把握されて、将来を見据えた市民本位のまちづくりを進めようとされているのか。 もっと読む
2015-09-15 高畠町議会 2015-09-15 平成27年第490回定例会第2号 本文 それから、24時間相談ダイヤルや「山形いのちの電話」などのこういう子供の悩みや自殺防止などについてのシステムがあるという話でございますけれども、こういうポスターみたいなのがなかなか私、学校に行っても見つけられないわけでございますけれども、掲示しているのかどうかお聞きしたいと思います。 もっと読む
2015-09-07 川西町議会 平成27年  9月 定例会(第4回)-09月07日−04号 高齢者の貧困の特徴として、先ほど言いました低年金と合わせて低所得、貯蓄がない層が多い、定年後も住宅ローンが続く、人間関係が少ないというふうなことが言われており、誰もが貧困に陥る可能性がある社会構造に今なっており、ここを解決できないと自己責任化し、貧困は本人の問題だと思い、自分を責めて終わってしまい、高齢者の自殺も減らないというような悪循環に今現在陥っているところです。   もっと読む
2015-09-04 川西町議会 平成27年  9月 定例会(第4回)-09月04日−03号 毎年9月1日の子供の自殺数が突出して高いという状況には、いじめや学業不振、交友関係、家庭問題等、多くの原因が潜在していることと思いますが、これらの問題に対して教育関係者の迅速な対応が求められます。 もっと読む
2015-08-28 天童市議会 平成27年  9月 決算特別委員会-08月28日−02号 下の成果と書いてあるところでありますが、中段よりちょっと下に、要支援群、不登校やいじめの対象となる可能性のある児童数の数が減少、または誰もいない状況を維持しているというふうにあるんですが、数値からすればどういうことかなというふうに思ったので、その辺を御説明をお願いします。 ○山口桂子決算特別委員長 長岡学校教育課長。 もっと読む
2015-08-24 天童市議会 平成27年  9月 定例会(第3回)-08月24日−03号 その自殺事件といいますか、自殺と思われる事件が発生してから1年半以上たっております。本格的な調査を始めて、いろいろ問題も出たのかなというふうに思います。その関係者、いじめに関係する方々には卒業、転校、転勤、退職というような方々もいらっしゃるかと思います。時間の経過とともに事件の風化が懸念され、調査委員会の調査も多分難儀を重ねたのだろうというふうに思います。   もっと読む