10件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

山形市議会 2020-03-19 令和 2年予算委員会( 3月19日)

委員から、不登校児童生徒対策事業について、令和2年度から、Q−アンケート小学校3・4年生にも拡充して実施するとのことだが、不登校児童の低年齢化が進んでいるためなのか、との質疑があり、当局から、小学校5・6年生ごろから不登校がふえてくるが、小学校3・4年生はギャングエイジと言われる、大人になる過程で自分を出し初める年代であり、アンケートにより早期子供たちの心の状況を捉えるため、小学校3・4年生にも

山形市議会 2020-03-06 令和 2年予算委員会( 3月 6日)

次に、不登校児童生徒対策として、子供心理的状態傾向を把握するためのQ−アンケート実施対象をこれまでの小学校5年生から中学校3年生までの児童生徒に加えて、新たに小学校3・4年生にも拡大し、不登校未然防止早期発見につなげていくための経費を計上しております。  256・257ページをお願いします。

酒田市議会 2020-03-03 03月03日-03号

そのため、小学校中学校の教員が互いに授業を参観したり、それから、参観しただけでは分からない、特に大切なデータを共有する、例えば端的な話、学力テスト状況というのは自分学校の中だけで閉じていないで、その中学校区ごとに全て見える化していく、それから、それぞれの学級状態がどうなのか、学級満足度をはかるQ-アンケートというのがございますけれども、そういった状態が今どうなっているのかというそういった

酒田市議会 2019-06-13 06月13日-03号

生徒指導についてですけれども、平成27年度より実施しております実態調査、Q-アンケートというものですが、これは子供たち学校生活における満足度学級集団状態を調べることができる質問紙でございますけれども、このQ-アンケートを分析してみますと、特に小学校において先生方指導が強い、バランスの問題なんですけれども、先生方指導がやや強めという管理型の傾向が残っているということでございます。

山形市議会 2018-03-08 平成30年産業文教委員会( 3月 8日 産業文教分科会・予算)

委員   新たに、Q-アンケート実施するとのことだが、対象とするのは何年生で、いつごろの実施予定なのか。 ○学校教育課長   小学5、6年生と中学1~3年生を対象とし、5月末から6月の実施を予定している。 ○委員   短期交換留学事業について、この事業はいつから行っているのか。また、ほかの姉妹都市と行っていないのはなぜか。

鶴岡市議会 2015-12-04 12月04日-03号

例えば、授業の基盤となる安定した学級づくりを進めるためのQ-アンケート実施、わかる・できる授業づくりにつなげる授業づくりアドバイザー派遣事業においては、特に算数・数学の学力向上及び活用力の育成を目指した授業づくり研修会開催デジタル教材ICT機器活用した指導法研修講座開催小中連携の強化を目的とした各ブロック研修会実施など、多様な施策を進めております。 

鶴岡市議会 2014-12-04 12月04日-02号

学校からの校内研修会への講師派遣依頼につきましては、これまで特別支援教育発達障害の理解に関する研修が中心でありましたが、加えて今年度はQ-アンケートの検査結果の見方や今後の支援に向けた活用の仕方というテーマでの派遣依頼や、いじめ問題に対応したより効果的な教育相談の進め方につきましても複数の派遣依頼がありました。

  • 1