2682件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

山形市議会 2020-09-30 令和 2年決算委員会( 9月30日)

次に、委員から、山形高齢等消費者被害防止ネットワーク会議は、どのようなメンバーによる会議なのか、との質疑があり、当局から、福祉関係部門では長寿支援課、障がい福祉課社会福祉協議会民生児童委員連合会地域包括支援センター老人クラブ連合会防犯部門として市民課市防犯協会消費生活部門として市民相談課消費生活センター、オブザーバーとして警察からも出席いただき情報交換等を行っている、との答弁がありました

山形市議会 2020-09-28 令和 2年産業文教委員会( 9月28日)

渡辺委員   電子マネーも普及してきており、お得感のある事業だが、複数のアドレスがあれば一人何口でも購入できることや、手続が煩雑で時間がかかり高齢が置き去りにされていること、利用可能な事業所が231事業所のみであったこと、登録の際に不具合が生じたことなど、公平公正さの面からも事業終了後に検証を行い、次の戦略に役立ててほしい。

山形市議会 2020-09-23 令和 2年厚生委員会( 9月23日 厚生分科会・決算)

○武田聡委員   高齢外出支援シルバー定期券事業について、ここ数年の実績等傾向はどうか。また、免許返納関係について、どのように捉えているのか。 ○長寿支援課長   高齢外出支援事業であるシルバー定期券補助については2つの目的があり、1つ目が閉じこもりの防止外出のきっかけを作ること、もう1つ免許返納者には増額して補助し、適切に免許を返納してもらうことである。

山形市議会 2020-09-18 令和 2年厚生委員会( 9月18日 厚生分科会・決算)

○浅野弥史委員   高齢へのインフルエンザワクチン助成について周知していくとのことだが、執行率が予想より低かったため周知していくということか。また、希望者が多かった場合は、予算増額等も検討しているのか。 ○健康増進課長   高齢へのインフルエンザワクチン助成については、新型コロナウイルス感染症の影響もあることから、できるだけ多くの方に周知が必要と考えている。

天童市議会 2020-09-18 09月18日-04号

令和2年9月18日(金曜日)午前10時開議第1 諸般の報告第2 認第1号 令和年度天童一般会計決算第3 認第2号 令和年度天童国民健康保険特別会計決算第4 認第3号 令和年度天童用地買収特別会計決算第5 認第4号 令和年度天童市財産区特別会計決算第6 認第5号 令和年度天童介護保険特別会計決算第7 認第6号 令和年度天童市民墓地特別会計決算第8 認第7号 令和年度天童後期高齢医療特別会計決算

山形市議会 2020-09-17 令和 2年決算委員会( 9月17日)

後期高齢医療事業会計でございます。最下段が歳入合計となりますが、予算現額は32億7,469万4,000円、1つ飛びまして、収入済額は32億7,742万3,171円、不納欠損額は259万2,640円、収入未済額は2,884万4,640円であります。  22・23ページをお願いいたします。

山形市議会 2020-09-16 令和 2年 9月定例会(第3号 9月16日)

基本構想におきましては、高齢や障がい者などが日常的に利用する生活関連施設が集積している駅東側を中心としたエリア約16ヘクタールを重点整備地区に設定し、北山形駅構内へのエレベーター設置や周辺の歩道への視覚障がい者誘導用ブロック設置信号交差点改良公園園路段差解消などを進めることとしております。  

天童市議会 2020-09-04 09月04日-03号

(1)高齢福祉、障がい者福祉について。 新型コロナ長期化により、高齢や障がい者の日常生活にも大きく影響しております。感染を防ぐために自宅に引きこもる、外出を制限する、日頃楽しく活動していた趣味、スポーツ活動なども自粛する、友達との会話もできないなど、制約は計り知れません。そのために体の不調につながったり、ストレスをため込んだりと身体的にも悪化する場合もあるとの報告があります。 

山形市議会 2020-08-26 令和 2年産業文教委員会( 8月26日)

田中英子委員   障がい者や高齢が在宅でもできる取組を検討してほしい。 ○渡辺委員   他自治体におけるオンライン方式によるマラソン大会開催実績はどうか。 ○スポーツ保健課長   他自治体では、名古屋ウィメンズマラソンオホーツク網走マラソン札幌マラソン金沢マラソン、いわて盛岡シティマラソンなどがオンラインで開催されると聞いている。

山形市議会 2020-06-24 令和 2年予算委員会( 6月24日)

まず、委員から、高齢施設等における非常用自家発電設備整備に係る経費補助について、希望した10施設補助するとのことだが、希望していない、整備されていない施設はどのくらいあるのか。また、現場確認等により実態把握は行われているのか、との質疑があり、当局から、医療的配慮が必要な入所者状況等を踏まえ、事業所より希望を聞いているため、現時点において必要なところは整備されていると考えている。

山形市議会 2020-06-22 令和 2年産業文教委員会( 6月22日)

歩いて町を巡っている人が多いが、高齢は歩き続けるのがつらいときもある。ベニちゃんバスも走っているが、毎回100円ずつ支払うとなると結構な金額となるため、一日乗車券なども検討してほしい。 (3)一般財団法人山形コンベンションビューロー令和年度決算及び令和2年度事業計画等について  観光戦略課長から、別紙資料に基づき報告があった。

山形市議会 2020-06-19 令和 2年総務委員会( 6月19日 総務分科会・予算)

地域介護福祉空間整備等交付金について、災害等による大規模停電に備え、非常用自家発電設備整備する高齢施設等10施設補助を行うとのことだが、医療的配慮が必要な方が入居している施設はどのくらいあるのか。 ○財政課長   市内には約136施設高齢施設等があると捉えている。これまでも補助を行っており、今回補助する10施設も含め、整備済み施設は87施設となっている。

山形市議会 2020-06-18 令和 2年予算委員会( 6月18日)

続きまして、第2項国庫補助金につきましては、高齢介護施設等での非常用自家発電設備などの整備・更新に係る地域介護福祉空間整備等交付金及び小学校の臨時休校の延長に伴い、家庭での保育協力から利用者保育料が減額となった放課後児童クラブへの支援のために子ども・子育て支援交付金を増額するとともに、街路事業公園整備事業及び市道の新設改良維持補修に係る事業を推進するため、国からの補助内示に基づき、社会資本整備総合交付金

山形市議会 2020-06-17 令和 2年 6月定例会(第3号 6月17日)

一人暮らしの高齢世帯が多い村木沢では、地域の足の確保を目指し、村木沢の交通問題を考える会を立ち上げ、様々な検討を行っています。スマイルグリーン号というすばらしい地域密着地域の足があります。これをほかの地域にも普及すべきだと常々考えておりますので、この点について市長の考えをお聞かせください。  (2)福祉有償運送事業の充実について。