42件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

高畠町議会 2019-03-06 2019-03-06 平成31年第509回定例会第2号 本文

高等教育機関である大学との連携した取り組みについては、福祉分野や地域づくり分野において立教大学東北芸術工科大学を中心として連携事業を展開しております。特に、立教大学とは20年来にわたり友好的な関係を築いてまいりました。今後も立教大学との関係を強化をし、福祉教育の分野においてまちづくりに生かす取り組みを展開したいと考えております。  

高畠町議会 2018-03-08 2018-03-08 平成30年第504回定例会第3号 本文

特に高等教育では、異常に高い学費に学生、父母、関係者は苦しみ、給付型の奨学金制度を求めてきました。今年度より、経済的事情で進学を断念せざるを得ない者を後押しするという政府の説明から、給付型の奨学金が導入されました。支給者はわずか2万人ということで落胆の声が上がりましたが、とにかく教育基本法の4条「教育の機会均等」が尊重され、実現への一歩と言えます。  

高畠町議会 2018-03-07 2018-03-07 平成30年第504回定例会第2号 本文

高等教育機関である大学との連携した取り組みについては、福祉分野や地域づくり分野において立教大学東北芸術工科大学を中心に展開しており、特に立教大学とは、平成10年度から20年間にわたり友好的な関係を築いてまいりました。この節目の年に当たり、立教大学とのさらなる関係性を構築し、まちづくりに生かす取り組みを展開したいと考えております。  

山形市議会 2016-03-14 平成28年総務委員会( 3月14日)

私は、大学等の高等教育機関を充実させ、卒業後に働く場所が周辺にあって、豊かな市民生活を完結できるような取り組みが必要なのだと思う。仙山交流などはその次にする問題だと思う。一番は、出入りのある世代への手当てである。 ○企画調整課長   まず、国立社会保障・人口問題研究所の推計は、あくまでも現状での推計なので、この推計どおりにはならないように施策に取り組んでいきたい。

庄内町議会 2014-12-12 平成26年 12月 定例会(第8回)-12月12日−03号

農林課長、そういったことをこれからも検討を重ねて、こういった県の出先機関、それと併せて山形大学学部等の高等教育機関と連携をとりながら、研究・検討していく必要があると思いますが、いかがですか。 ◎農林課長 普及センターとはこれまでも連携はかなりよくしておりますし、農協とも農業再生協議会事務局員という立場もありますので、連携はよくしているというふうに自分では思っております。  

山形市議会 2014-12-08 平成26年産業文教委員会(12月 8日)

○委員   経済的困窮で高等教育が受けられないことから負の連鎖が起き、それが原因で貧困の連鎖が起こっていることが広く認められている。大学専門学校の入学金や学費が高く、貧困家庭子供ほど進学率は低くなっているのは明らかである。せっかく山形市が50年以上も奨学金制度を続けてきたことからも、別枠ででも奨学金制度を残してほしいとの思いがあり、ぜひ検討してもらいたい。

山形市議会 2014-09-10 平成26年 9月定例会(第3号 9月10日)

今後蔵王温泉観光誘客に向け、どのような取り組みを進めていくかにつきましては、高等教育機関との連携を図りながら、さらに地元と一緒になって検討をしてまいりたいと考えております。  蔵王診療所跡地等の活用についてでございます。  元蔵王診療所につきましては、老朽化しており危険であることから、建物の解体撤去を予定しております。

山形市議会 2012-02-23 平成24年全員協議会( 2月23日)

北華大学は、1999年に、吉林市内にあった4つの高等教育機関である吉林師範学院、吉林医学院、吉林林学院、吉林電気化高等本科学校が統合され、設立された総合大学で、日本語学科は1学年50人で4学年合計200人の学生がおり、山形大学地域教育文化学部と姉妹校になっている。具体的な展示品の移設先の案としては、図書館内の日韓閲覧室等及びロビーの利用の説明があった。そのほか、会議室や講義室等を視察した。  

山形市議会 2011-12-21 平成23年全員協議会(12月21日)

瓜生山学園は,平成22年度に学校教育法に基づく第三者評価機関である日本高等教育評価機構からの認証評価を受けており,財務も含めて大学基準を満たしているとの評価を得ており,文部科学省が認定した機関が「学校教育法で求める基準を満たしている」と評価した財務状況を理事会として了承しているものであると述べられている。

山形市議会 2011-09-27 平成23年全員協議会( 9月27日)

○企画調整部長   当時山形市内に山形大学1校しかなかった高等教育機関を誘致したいとの思いから開学に至った大学であり,この20年の間に優秀な人材も多数輩出している。統合については十分に注視しながら,よりよい方向に進むよう取り組んでいきたい。 ○議員   芸工大の理念が存続するのであれば,市長は,市民の不安を払拭するための最善の努力をすべきだと思うがどうか。 ○市長   最善の努力をしていきたい。

山形市議会 2007-03-01 平成19年予算委員会( 3月 1日)

第1目企画総務費の主な内容でございますが,各種施策を推進するための企画及び調整に要する経費として,大学などの高等教育機関との調整・支援に要する経費,公共交通を中心とした交通対策の推進や調整に要する経費,仕事の検証システムの推進に要する経費,そして市民活動支援センターの運営管理に要する経費を計上しております。  

山形市議会 2007-02-27 平成19年 3月定例会(第2号 2月27日)

これまで県の高等教育機関というものを,こういった形で金澤市長さん以来つくって,それを発展させてきました。これから少子化の影響,あるいは既存の大学定員割れというものも懸念され,現実的にもう起き始めております。こんな中で財政状況等からも,2つ目の大学というのは現時点では難しいと考えております。  

山形市議会 2006-11-30 平成18年12月定例会(第1号11月30日)

あと高等教育機関の誘致・設置。そして東北芸工大とかという,具体的に取り組んではきました。でも今までその5次総からずっと言い続けていることなんですが,5次総のときは確かに23万ですよね。それでここをどうやって埋めていくんですかという具体的な人口増加のための施策というのが,山形市の施策の柱になってなかった。一つ一つ現実的にはやってきてるんですが,でもきちっとした柱には打ち立てられてなかったと。

山形市議会 2006-03-06 平成18年予算委員会( 3月 6日)

第1目企画総務費の主な内容でございますが,各種施策を推進するための企画調整に要する経費,大学などの高等教育機関との調整・支援に要する経費,公共交通を中心とした交通対策の推進などに要する経費,仕事の検証システムの推進に要する経費,第7次総合計画の策定に要する経費,及び市民活動支援センターの運営管理に要する経費を計上しております。  

山形市議会 2006-03-01 平成18年 3月定例会(第3号 3月 1日)

今後とも地域経済の活性化の視点から,産学官の連携は必要であり,特に高等教育機関における知識,あるいは人材を生かした連携,協働はますます重要になるものと考えております。今後もできることから進めながら,常態的な組織の必要性等について,産業界のご意向も踏まえながら,検討していきたいというふうに考えております。  

高畠町議会 2005-12-11 2005-12-11 平成17年第424回定例会第2号 本文

過去65年間、教育においては経済復興と成長を目標として、初等・中等教育高等教育を通じて経済の拡大を担う企業官庁等に就職して滅私奉公のできる人材が大量に見出されてきました。効率性のための画一性を追求した社会の強化とともに、それらの目標は一応達成されたものの、急激に変わる世界の環境変化になかなかリーダーシップをとる者があらわれず、大変な犠牲を今若い人たちに強いております。