45件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

酒田市議会 2019-12-19 12月19日-04号

島民の75%以上が65歳以上だと、もう限界集落と言われているところでありますし、20年、30年先の計画ではなく、やはり10年、いや、5年先の計画という部分が大事かなと思っておりますので、私からは強く要望させていただきながら、私からの一般質問を終えていきたいと思います。 ○小松原俊議長 3回目は意見といたします。 4番、齋藤美昭議員一般質問は終了しました。 

天童市議会 2019-08-23 08月23日-02号

地盤については寺津地域全体が、ある意味では軟弱地盤といっても、これは言い過ぎではないと思っておりまして、これは今の寺津の実情、そして、限界集落とかそういうふうに言われる状況の中で、何としてもその点についてはクリアをしていただく。市の予算が増加することに対しては、これは英断を持って市長に対しても決断をしていただく、このことを申し上げてきたつもりでおります。 

村山市議会 2019-06-03 06月03日-02号

そして日本中がリゾート開発で湧き上がっていた1991年には、大野 晃教授による限界集落という概念が提唱され、さらに近時においては、いわゆる増田レポートによって消滅可能性都市消滅市町村地方消滅などさまざまな造語のもとに、その時々の農山村の社会状況、つまり農山村における3つの空洞化空洞化現象、1つは人の空洞化、つまり社会減少から自然減少へであります。

酒田市議会 2018-06-14 06月14日-04号

呼び方には批判もありますが、限界集落であり、区分としては危機的集落となっていると言われております。また、年齢構成を見ると、10代は1人しかいません。20代は9人、30代が4人という状況になっております。80歳以上が59人、内数ですが90歳以上が7人という状況であります。 私自身も飛島生まれでありますが、飛島を離れて35年以上になります。

天童市議会 2018-03-06 03月06日-03号

田麦野地区は1月末日で72世帯人口164人、そして65歳以上の人は95人、高齢化率は57.9%となっており、限界集落とされている50%を超して6割に近づいています。 年齢構成を見てもゼロ歳から54歳までが34人、55歳以上は130人であり、全体の80%を占めており、お年寄りの割合が多い地区でもあります。 高原の里交流施設ぽんぽこは、市立公民館も兼ねており、多くの地区民が訪れております。

山形市議会 2018-02-28 平成30年 3月定例会(第3号 2月28日)

先ほど市長答弁にあるとおりでありますが、まずはこれから先について、何らかの方策で1日も早く、そういうことについてはスムーズな宅地造成をし、そして限界集落にならないような、そういう立場をとってもらえれば大変ありがたいのですが、追っかけもう1回の市長答弁をお願いします。 ○議長渡邊元) 佐藤市長。 ○市長佐藤孝弘) お答えいたします。  

天童市議会 2017-12-07 12月07日-02号

10月末日で72世帯人口164人、そして65歳以上の人は94人、高齢化率は57.3%となっており、限界集落とされている50%を超して6割に近づいています。年齢構成を見ても、ゼロ歳から54歳までが34人、55歳以上は約30人であり、全体の80%を占めていることなどを考えると、あと10年で間違いなく危機的集落とされている高齢化率70%以上になるのではないかと思います。 

天童市議会 2016-06-10 06月10日-02号

平成の大合併は、2010年3月末で一応の終了を見ましたが、この大合併住民日常生活圏を越える広域な自治体の誕生から、中核的都市部周辺部化した旧市町村との地域間格差拡大をし、周辺部人口減少限界集落の問題などが指摘され、周辺地区の苦悩は深まっております。 天童市の現状はどうか。合併から派生した問題とは異なりますが、少なからず少子化問題は、この天童市にとっても今、喫緊の課題となっております。

酒田市議会 2014-12-17 12月17日-05号

転作の強化、米価の下落とともに、農村では高齢者だけの世帯の増加や少子化などによる限界集落化が始まり、地域を超えた小・中学校の統廃合、相まって農業離れによる若者の街なかへの移住など、子供たちの声が聞こえなくなっているのであります。 今ここにある危機農村集落衰退は酒田市の全体の衰退に即つながるのであります。そこで、これからの農村集落の盛衰に大きくかかわる農業方向性についてお伺いいたします。 

山形市議会 2014-06-17 平成26年 6月定例会(第2号 6月17日)

このままでは、これらの地域で住み続けようという住民が減少し、限界集落へとつながるのではないか。住宅の建築については優良農地での、開発行為は仕方ないとは思いますが、宅地の間にある農地優良農地とはいえない農振地域内の農地について、基準見直しを行ってはと思います。  また、昨今の社会情勢に合った農振地域については、見直しをする時期に来たと思いますが市長の御所見をお伺いします。

村山市議会 2014-03-04 03月04日-02号

最近、限界集落という言葉をよく耳にしますが、このままでは市全体が限界自治体とならないとも限りません。やる気がないとか盛り上がりがないとか言っていられる場合ではないと思います。再生のチャンスは今が限界と言えるかもしれません。あらゆる方策、施策を集中して、ぜひとも再生を実現すべきと考えますが、まず市長のご認識を伺います。 次に、放課後児童健全育成事業、いわゆる学童保育の問題についてお尋ねします。 

天童市議会 2013-09-03 09月03日-02号

今、平成の大合併によって集落数が大きくふえた自治体では、中核的都市部周辺部化した旧市町村との地域間格差拡大をし、限界集落の問題が議会で取り上げられる自治体もふえてきていることが指摘されております。本市にあっても、限界集落といった極端はことではないにせよ、地域住民から少子高齢化人口減少などの将来に対する不安の声があります。

酒田市議会 2013-06-19 06月19日-06号

また、集落維持が困難ないわゆる限界集落集落数と、10年以内の限界集落予想数はどのくらいあるのか、お尋ねをします。 現状でも、地区の行事や伝統芸能など共同の活動や維持継続が大変になっております。やめることは簡単ですが、やめれば復活はないと思います。これの維持継続自治会の大きな課題であり、市でも聞き取りや支援の方法を検討する必要があろうかと思います。考えをお尋ねします。 

鶴岡市議会 2013-03-01 03月01日-02号

また、合併当時も中心的な役割として合併協議会の中で御活躍いただいたと思っておりますので、いろいろと私が申し上げましたようなことはもう十分周知の上だと、こんなふうに思うわけでありますけれども、今こういう状況の中で、これは我々の鶴岡市に限らずだと思いますけれども、地方あるいはこの中山間地帯のその現状や、マスコミの報道などを見ますと、いわゆる過疎進行限界集落あるいは集落消滅、そういう残念な悲しい用語