30件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

天童市議会 2020-12-15 12月15日-03号

その辺自主防災会としても、避難所運営、どうしたらいいのかというところを勉強していても、あまりいかなかったということもあるので、これから感染予防のための避難所運営のあり方を、施設側地域と、そして、昨日出た防災の方や、市の担当者も含め、事前にやっぱり、災害があった場合、どう施設を使うのかという打合せはやっておく必要があるということで、今回も市の担当者を配置されたと思うんですけれども、やっぱり配置された

天童市議会 2020-12-14 12月14日-02号

避難所運営における防災役割についてでありますが、まず、防災とは、日本防災機構が認証する民間資格であります。防災資格を得るためには、日本防災機構が定める防災養成研修講座を2日間の日程で受講すること、また自治体日本赤十字社などが開催する救急救命講習を受講して、修了しなければなりません。そして、資格取得試験を受験して、合格をしなければならないわけです。

鶴岡市議会 2020-12-07 12月07日-04号

それから、議員さんの御質問のほうで、自助・共助・公助の重層的な取組についてということでございますが、これにつきましては、今年度防災安全課のほうといたしましても、地域アドバイザー制度の創設、これはこれまで自主防災講座を受講された方、さらに防災資格を所有されている方々にお声がけをしまして、22名ほど登録いただきまして、今年度にスタートし、十四、五回実績がありますが、こういった専門的な方々を各町内会、各自治会

村山市議会 2020-12-02 12月02日-02号

そのために、防災活用や、自主防災会育成が重要と考えます。考え方をお聞きいたします。 国が提唱した流域治水を受け、山形県でも9月15日、最上川流域治水協議会が発足しました。水を流す、水をためる、水を止める、そして水に備える。行政事業所地域市民も当事者として意識を持つことはとても重要です。 この協議会で、どんな要望、意見、そして話合いが行われたのか。

酒田市議会 2020-09-16 09月16日-04号

災害に強いまちづくりでありますけれども、ここ、私も先日コミセン避難所運営ということでおりまして、私も防災という立場で残ったのですけれども、一晩おりました。そのときに職員の方も本当によく動いてくださって、一生懸命住民方々に対応されておりました。正直言って物すごくスキル上がっているなと感じました。一生懸命されておりましたので、地域方々も喜んでおりました。 

天童市議会 2020-09-04 09月04日-03号

マイタイムラインリーダーには、防災時に地域リーダーになっている方や防災の方などが適任だとも言われております。 本市においても、このマイタイムラインのリーダー育成には行政が関わることも大事だと思いますが、再度伺います。 ○山崎諭議長 佐藤総務部長。 ◎佐藤雅総務部長 お答え申し上げます。 議員おっしゃるとおり、各地域リーダー育成、誠に大事なことだと思っております。

酒田市議会 2020-06-17 06月17日-05号

私は、実はこれ防災教本に載っている言葉でして、防災教本の中でBCPとBCMが並んであったものですから、マネジメントという言葉をそのときに覚えたのですけれども、事業継続マネジメントというそうですけれども、そのあたり、BCM事業継続マネジメントについてどのようにお考えか、見解を伺いたいと思います。 先ほどの話と同じになるんですが、やはり実際に働くのは職員であります。

鶴岡市議会 2020-06-09 06月09日-01号

これは、市の自主防災組織指導者ブラッシュアップ講座修了者の方、また防災資格を取得している方をアドバイザーとして市が委嘱するものでございまして、6月1日現在で18名に御登録いただいております。今後、防災講座防災訓練を希望する町内会団体等への派遣、避難所開設運営者として活動いただくということで、市民の皆様の防災意識の向上と地域の新たな防災リーダー育成につなげてまいりたいと考えております。 

酒田市議会 2020-03-13 03月13日-05号

それと、もし、職員の方も忙しいのでどうかとは思うんですが、防災研修をぜひ職員に取り入れてはどうかと思います。希望者でも構いません。 実は私が防災を取得したときには仙台で70人ぐらい、全員郵便局長さんでした。郵便局では、様々な研修を受けるんですが、防災も入っているんだ、地域防災リーダーとしての理念と合っているからということで、全員郵便局長さんでした。

庄内町議会 2020-03-03 03月03日-01号

また、各自主防災会住民から防災を輩出できるように、現在ある支援制度を拡充したうえで啓発すべきである。   イ 防災設備    (ア) Lアラート        発信する情報(避難勧告・指示)が、町の防災担当が直接発信していることが伝わるような切迫感のある文言も選択し、発信できるように、利活用連絡会を通して要請すべきである。

酒田市議会 2019-10-24 10月24日-06号

続きまして、防災を組み入れたコミセン自治会単位での計画訓練の実施についてお伺いいたします。 民間資格防災資格を取得する人がふえており、県内の防災資格取得者は1,512人おり、地域防災の担い手としてのニーズが高まっております。本県といたしましても、自己負担の2万1,500円以外にかかる費用を助成しており、資格取得を推進しております。 

鶴岡市議会 2019-09-05 09月05日-02号

本市防災登録状況についてお答えいたします。本市では、平成27年度から山形県が実施しております防災養成研修講座活用し、各自主防災組織からの希望者を推薦し、これまで延べ23名の方が防災の認定を受けております。それぞれの方が地元自主防災組織消防団職場等研修で得た知識地元のほうで活用しております。防災リーダーとして活動をいただいております。

村山市議会 2019-09-04 09月04日-02号

防災民間資格で、自治体や大学などの教育機関民間団体NPO法人日本防災機構の認証を受けて開く講座を履修した後、筆記試験に合格し救急救命講習を修了すれば取得できます。 防災に期待される役割は、主に2つあります。1つは、防災減災に関する知識や技能を生かして自分や家族の身を守ること、2点目は、初期消火避難誘導避難所開設など発災直後の対応でリーダーシップを発揮することであります。

天童市議会 2019-08-23 08月23日-02号

また、地域防災力を高めるため、防災訓練研修等支援や、地域防災リーダーとなる防災養成を行っております。 今後も、激甚化する自然災害から自らと家族の命を守るため、自らの命は自らが守る意識で主体的に行動していただけるよう、防災行政無線防災ラジオなどの情報伝達手段の整備や地域訓練研修などのさまざまな機会を捉え、地域住民を全力でサポートしてまいります。 ○赤塚幸一郎議長 笹原隆義議員

庄内町議会 2019-06-13 06月13日-02号

あと防災養成研修の参加を促し、防災今9名はおりますが、それも増やしていきたいというふうに思っております。 あと、平時における地域災害リスクの周知ですね。あと防災気象情報避難情報への理解、地区防災計画の作成、配布しますハザードマップ活用した避難訓練による避難場所避難経路の確認と災害発生における住民避難誘導地域防災力を強化するということです。

天童市議会 2019-06-05 06月05日-03号

これは、3月に行われた天童防災会でも、災害時の乳児対策という課題で話し合われました。 災害時の避難生活では、水分、食事が制限され、偏った食生活を強いられます。この状況が長期化すると、さまざまな健康問題が生じます。高齢者乳児、妊婦、病気の方には特段の食事配慮が必要です。実際に、東日本大震災から1カ月後の避難所では、栄養の配慮が必要な避難者の中で最も多かったのが乳児でした。

鶴岡市議会 2018-09-11 09月11日-04号

次に、防災についてであります。市は把握されている防災は現状19名ということでありますが、先般大阪北部地震の際に訪れた茨木市では、実際の避難所などの現場で地域防災リーダーとして市が提供したベストを着用した防災が大活躍しておりました。市に伺うと、年間六、七回市が主催する防災部会の研修会などで研修を積み、防災訓練などでも役割を果たしているというふうに伺いました。

庄内町議会 2018-09-06 09月06日-03号

それで、これを見たときに「自主防災組織強化計画」というのがありまして、その具体的に強化していく策としまして、自主防災リーダー及びサブリーダー育成というところがありまして、ずっといくと、民間の特定非営利法人日本防災機構による防災民間資格を取得するということもここで進めておりまして、「防災資格取得のための受講などの支援を検討する」と書いてあります。

天童市議会 2018-09-05 09月05日-02号

四つ目質問は、防災資格取得に対する補助金制度をお願いしたいということであります。 天童市でも少しずつではありますが、防災資格を取ろうという人が出てきております。しかし、県からの資格取得に対する補助額が減額されており、地区町内防災資格を取ろうとしていたが負担が増えたのでちゅうちょしているという話もありました。

  • 1
  • 2