25件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

酒田市議会 2019-12-19 12月19日-04号

本市でも平成29年から平成33年度までの5年間、酒田食育地産地推進計画策定され、平成26年度から平成31年度までの酒田っ子すくすくプランにおいても、郷土料理を取り入れたり、地元食材を使い、食や郷土への関心を高めますということが示されております。小項目の1点目として、本市の乳幼児を対象とする幼児教育保育における食育はどのように推進されているのか伺います。 

酒田市議会 2019-09-30 09月30日-01号

酒田っ子の学力の向上のため、教育委員会高等教育機関等と連携して英語教育や異文化交流などグローバル化に対応した各種教育プログラムの実践を後押しします。 3、市民参画意識の醸成。 私の市政運営根本理念は「人が財産」であります。まちにぎわいを創出するためには、市民地域づくりに参画し、市民一人一人がそれぞれの力を発揮できる風土をつくっていく必要があります。 

酒田市議会 2019-03-14 03月14日-05号

その先人の精神は、ぜひこれからも語り継いでいただきたいと思っていますし、酒田っ子の礎となってほしいと考えております。今後、本市まちづくり人づくりの中で広く知らしめる仕組みづくりも必要と考えます。所見をお聞かせください。 ③良質米の産地としてです。 市のホームページによりますと、本市平成27年度時点で水田面積が9,795haとあります。かつては1万haを超える面積を有していました。

酒田市議会 2018-09-03 09月03日-02号

昨年9月に、市内の子育て世帯1,015世帯対象に、酒田っ子すくすくプラン中間年に伴うニーズ調査を行ったところ、「希望どおり保育サービスを利用できている、またはできた」と感じている市民は、平成25年調査時の62%に対して79%に上がったところでございます。また、若者が酒田生活子育てをしたいと感じる割合は、平成25年調査時の35%に対して45%に上がっております。

酒田市議会 2017-09-22 09月22日-06号

一般質問前者でも話題になりました長岡市の公園にあります全天候型子育て支援施設の例かと思いますけれども、そこでも一定程度御答弁さしあげましたが、雨でも、あるいは雪の中でも関係なく子供たちが楽しく遊べる全天候型の遊び場、これにつきましては、酒田っ子すくすくプランのアンケートでも市民皆さんの要望が多くて、市民関心は高いんだなと、このように認識をしているところでございます。 

酒田市議会 2017-03-21 03月21日-05号

次に、2項目めとして、未来に向かう酒田っ子体力運動能力向上についてお聞きします。 (1)全国体力テストの結果についてお聞きします。 昨年末に全国体力テストの結果がスポーツ庁のほうから発表されました。山形県のみの平均値では、全ての学年で前年度の点数を上回ったといううれしいニュースが飛び込んできました。

酒田市議会 2016-12-14 12月14日-04号

また、酒田っ子はぐくみ事業というのがございますけれども、その中には幾つか非常に注目すべき事例があるなと見ているところです。例えば第六中学校のように、地元で働く先輩が直接学校に出向いて、仕事や生き方について話をしていただいております。大変ありがたいことだなと思っているところです。 

酒田市議会 2016-09-23 09月23日-04号

平成27年度4月からは子ども子育て支援の新制度に合わせて策定した酒田子ども子育て支援事業計画酒田っ子すくすくプランに基づき、子供の幸せの実現と豊かな子育て環境を目標に、子供子育て支援に対しての家庭支援するため取り組みを充実させていきますとされておりますが、子育て支援に対しての御所見伺います。 (1)のイクボスについてであります。

酒田市議会 2016-03-17 03月17日-07号

山形県におきましても、関連予算が引き上げるなど、ひとり親家庭に対しての支援を強化しており、本市でも酒田っ子すくすくプランでもひとり親家庭に対する支援充実として重点課題に掲げられておりますが、どのような認識であるのかお伺いをいたします。また、山形県では、ひとり親になったときの全ての支援事業が一覧にまとめてあるしおりがありますが、本市でも作成してはいかがでしょうか。お伺いをいたします。 

酒田市議会 2015-10-20 10月20日-05号

市長といたしましては、中学校高等学校に積極的に出向いて、中学生や高校生の皆さん地域づくりへの思いや課題を共有する機会を設けることで、酒田っ子の政治や行政への参画意識の高揚に努めていく必要があるのではないかと考えているところでございます。 次に、体育施設有効利活用についてというお尋ねがございました。 

酒田市議会 2011-03-01 03月01日-02号

また、心身ともにたくましい酒田っ子を育成するため、鳥海高原家族旅行村における自然体験学習充実方策について検討するとともに、ふるさとを愛する気持ちをはぐくむため、既存の歴史文化施設整備活用と、新たな施設整備などについて検討をします。 次に、市民一人一人が生き生きと暮らしていけるよう、各種市民活動活発化を図ります。 

酒田市議会 2009-12-16 12月16日-04号

教育委員会では、生涯学習部分では青少年宿泊講座酒田っ子チャレンジ冒険団、こういうようなことも企画しておりますし、学校教育部分では、大きな部分飛島いきいき体験事業を進めております。総合学習の中では、特に五、六年生は、ほとんどすべての小学校において何らかの宿泊も含めた自然体験学習を実施しております。施設は、今のように飛島に行く学校もあります。

酒田市議会 2009-12-09 12月09日-02号

しかしながら、ことしは山王まつり、酒田の大火の復興からは酒田まつりということで名前が変わりましたけれども、その祭りが始まって以来400年を迎え、そのにぎわいは往時をしのぐほどで、酒田っ子の心意気を示したと、こういうふうに思っています。このまちの底力を見せたのではないかと、このように私も感じております。

酒田市議会 2008-03-07 03月07日-04号

このような教育を通じて、さらに学びたい、他の役に立ちたいと意欲的に活動できる、元気でたくましく、個性豊かな公益の心が広がる酒田っ子をはぐくんでいきたいと考えております。 

酒田市議会 2006-06-22 06月22日-06号

これから策定が進む酒田市の総合計画の中にも、この郷土を愛し、公益の心を持って人のために、世のためにお役に立ちたい、そういう気持ちを持った子供を育てていく、こういうことをぜひ盛り込んで、御家庭、そして地域の方と一緒になって、酒田を愛し、誇りに思える酒田っ子をはぐくんでまいりたい、こういうふうに思っております。 以上であります。

  • 1
  • 2