612件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鶴岡市議会 2020-03-06 03月06日-03号

こうした森林学習は、郊外地の学校での取組にとどまっている面がございますことから、教育委員会学校とも連携しながら、市街地学校での取組についても検討してまいりたいと考えております。  次に、林業従事者の育成についてお答えします。チェーンソーを使っての伐採作業は重大な事故につながりかねないことから、安全な操作や作業法を事前に身につけた上で行うことが重要であります。

村山市議会 2020-03-05 03月05日-03号

ただ、さっきも言ったように県立高校でありまして、ほかの市町村にも県立高校いっぱいありますね、興譲館とか移転しました、郊外に。新庄北も移転しました。そういうところは、やっぱり郊外にありますから、私は行ったことはありませんので道路はよく分かりません。だけれども遠くなったから、ここを市町村道路を造ってくれというのは聞いたことがないんですね。そのために道路を造ってくれと。

鶴岡市議会 2020-03-05 03月05日-02号

また、今年度からは新たに郊外地の家庭に配慮し訪問型を新設したところ、自宅での学習支援の応募があり、現在5世帯を対象に平日の夕方に実施をしております。  次に、課題といたしましては、登録数57名に対しまして、実際に御利用される児童生徒数が平均10名前後と利用率の低い状況にあります。各家庭において、保護者の都合や児童生徒の習い事、部活動など、様々な事情があると推察しております。

酒田市議会 2019-12-19 12月19日-04号

場所郊外になってしまうということで、御不便を感じてしまう御利用されているお客様、こういった方もおられるとは思いますけれども、豊かな自然の中で入浴施設を御利用いただいて、気分転換健康増進を図っていただきたいと考えているところでございます。 酒田市の観光に与える影響でございます。 本市で把握している市内宿泊者受け入れ可能人数、現時点で22施設1,865人となってございます。

鶴岡市議会 2019-12-09 12月09日-04号

次に、洪水ハザードマップ見直し進捗状況につきましては、ことしの3月26日に山形県から、県管理河川の内川、青龍寺川、倉沢川、赤川の一部の新たな洪水浸水想定区域図浸水深が公表され、ハザードマップの作成を10月から11月までの2カ月間で市街地の一から六学区と川沿い郊外地区ごと住民説明会意見交換会をそれぞれの地区1回から2回実施し、一通り意見を聞き終えているところでございます。

小国町議会 2019-12-06 令和元年第7回定例会(第2日) 本文 2019-12-06

また、今ほど申し上げました郊外線3路線循環線に加え、現在、金目線、足中線、白沼線の3路線デマンド型乗り合いタクシー運行しております。今後は、利用実態地域構造の変容などを踏まえながら、デマンドタクシー運行のあり方や運行地域の拡大などについて検討を重ね、より利便性の高い町営バス運行体制確保に努めてまいります。  

山形市議会 2019-10-29 令和元年決算委員会(10月29日)

次に、委員から、青少年非行防止対策事業について、青少年の集まる場所繁華街から郊外に移っているが、見直しは検討しているのか、との質疑があり、当局から、市内繁華街だけではなく、周辺公園近くやカラオケボックスショッピングセンターに加えて、天童市や仙台市などでも他市との合同街頭指導を行うなど、実情に合わせて行っている、との答弁がありました。  

山形市議会 2019-10-18 令和元年産業文教委員会(10月18日 産業文教分科会・決算)

委員  青少年非行防止対策事業について、青少年の集まる場所繁華街から郊外に移っているが、見直しは検討しているのか。 ○社会教育青少年課長  市内繁華街だけではなく、周辺公園カラオケボックスショッピングセンターに加えて、天童市や仙台市などでも他市との合同街頭指導を行うなど、実情に合わせて行っている。 ○委員  子ども安全情報配信システム登録者をふやす方策は考えているのか。

鶴岡市議会 2019-09-03 09月03日-01号

72ページからの結びでありますが、本市下水道事業は未普及地区の解消に向け、郊外地や沿岸部施設整備を進めてきました。また、羽黒中央地区浄化センターへの処理施設統廃合事業が完了しております。当年度決算事業総収支は、中段より下のほうですが、総収益が54億2,757万円、総費用が53億7,197万円となり、差し引き5,559万9,000円の純利益となっております。

天童市議会 2019-06-05 06月05日-03号

また、目的地への人の動きを見ると、平日については山形市の中心市街地へ集中し、休日については大型店舗が立地する郊外拠点に集中する傾向が示され、天童芳賀地区に市外からも人が集中することが確認されました。 これらの調査結果につきましては、各課で情報を共有し、市の総合計画都市計画マスタープランなどの計画立案基礎資料や各施策の参考資料として活用してまいります。 ○赤塚幸一郎議長 三宅和広議員