159件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

酒田市議会 2020-03-13 03月13日-05号

また、毎年開催しているポートセミナー、今回は武田議員からも御出席をいただいたということでございますが、このポートセミナーのほか、酒田港コンテナ船運航している船社に対して、安定運航航路拡充の要請も行っておりますし、その際には可能な限り日程を調整して、県と市のトップが同席して実施をしているところでございます。 

山形市議会 2020-03-06 令和 2年予算委員会( 3月 6日)

規模災害対応に向けましては、緊急消防援助隊の出場と訓練に要する経費及び大型テントの更新に要する経費などを計上のほか、消防防災活動機動力を確保するため、山形防災ヘリコプター運航連絡協議会への負担金を計上しており、また、市民レベル防災活動推進に向けて市民防災センター運営管理に要する経費などを計上したものであります。  

鶴岡市議会 2020-03-03 03月03日-01号

羽田発着枠政策コンテストにつきましては、これは県などの地方自治体と航空会社共同で実施する需要開拓や、運航コスト削減のための施策などに関し、優れた提案を行った路線に対して発着枠が付与される制度というふうに承知をしております。評価基準につきましては、航空会社地域が互いにリスクを共有する仕組みが考えられているかなど、広範囲にわたる観点が審査される内容となっております。

酒田市議会 2020-02-28 02月28日-02号

令和元年8月に就航した成田空港線は、1日2往復への運航拡充につながるように、庄内空港利用振興協議会中心利用促進に取り組みます。 本市独自の航空機利用促進対策としては、庄内空港発着分LCC航空券について、市内旅行代理店市民を対象として窓口販売した場合に補助を行います。 また、中小IT事業者による首都圏への航空機利用を支援することで、テレワークなどの新たな雇用を本市に呼び込みます。 

天童市議会 2020-02-27 02月27日-01号

仙台空港におけるバンコク線運航が再開されたことから、タイをターゲットにしたインバウンド促進特産品販路拡大を図るため、現地でのプロモーション事業を展開します。 山口西工業団地については、区域南側の第2期造成工事を実施します。今年度実施した北側の第1期造成分については、今年秋に分譲を開始し、積極的な企業誘致により早期の完売を目指します。 

天童市議会 2019-12-10 12月10日-02号

本市インバウンドの動向につきましては、訪日外国人旅行客増加台湾から山形空港へのチャーター便運航もあり、台湾中心に年々増加しております。 また、今年の10月30日、タイから仙台空港への直行便が5年7カ月ぶりに再開されたことに加え、来年には東京オリンピックが開催されるなど、今後もインバウンド増加が期待できるところであります。 

鶴岡市議会 2019-12-03 12月03日-01号

あわせまして、LCCを活用した本市観光プラン情報発信に一層取り組んでまいりますとともに、本年10月から庄内空港への台湾チャーター便運航、仙台空港へのタイ航空定期便就航、こうした動きがございますので、アジア諸国など新たな誘客拡大を目指してインバウンド促進に向け、積極的に取り組んでまいりたいと考えております。  

酒田市議会 2019-10-02 10月02日-02号

RORO船運航するに当たりましては、港湾専用施設の新設は必要はありませんけれども、埠頭や臨海道路利用に当たっては、国・県・港湾利用者協議をしていく必要があるのではないかなと思っております。 RORO船トレーラーが走行する道路についても、現状でコンテナトレーラーが走行できる基準を満たす道路であれば、同様に走行可能であると考えております。 

鶴岡市議会 2019-09-26 09月26日-06号

委員会は、東北横断自動車道酒田線日本海沿岸東北自動車道建設促進庄内空港運航拡充及び施設整備促進羽越本線複線化高速化羽越新幹線整備促進についての調査研究を目的として設置されました。  このたび開催された第3回委員会では、日本海沿岸東北自動車道進捗状況及び庄内空港羽越本線状況について当局から説明を受け、その後質疑、意見交換を行いました。  

鶴岡市議会 2019-09-03 09月03日-01号

県は、国際的な航空ネットワーク拡充を図っていく上で、本県空港滑走路が2,000メートルのため海外航空会社安全基準を満たさないなどの理由運航を断られるケースがあることから滑走路延長を課題としており、本調査事業の2,568万7,000円はインバウンド機能強化推進事業費5,268万7,000円のうち、空港機能強化検討調査国際チャーター便誘致拡大及び国際定期便就航誘致に向けた滑走路延長等県内空港

酒田市議会 2019-06-17 06月17日-05号

格安航空会社ジェットスタージャパン庄内成田空港運航が8月1日より始まります。LCC成田空港発着県内初であり、ジェットスタージャパン就航は、東北初であります。今までの誘致活動が実を結んだことは非常に喜ばしいことであり、短時間、低料金で首都圏まで移動できることは、若年層搭乗客の掘り起こし、ビジネス観光に新たな需要開拓が望めるものと考えられます。

鶴岡市議会 2019-06-06 06月06日-02号

県では、台湾からの定期チャーター便運航隣県等と連携した広域周遊プロモーションなどの成果によりまして、台湾、中国、東南アジア諸国が高い伸びになったとしております。県内の4つの地域別では村山が最も多く、13万202人、次いで庄内が4万5,260人、最上が1万8,290人、置賜が1万4,880人であり、庄内地域が県全体に占める割合は21.7%となっております。

鶴岡市議会 2019-06-04 06月04日-01号

庄内空港では、8月1日よりジェットスタージャパン株式会社による成田空港との間を往復する新規路線運航されることとなりましたが、既存の庄内羽田線に加えて、このたび庄内成田線就航することにより、若年層ビジネスでの新たな需要開拓東京オリンピック・パラリンピックの開催に向けたインバウンドをはじめ国内外からの観光誘客の一層の拡大が期待されます。  

酒田市議会 2019-03-04 03月04日-03号

本市では平成28年度の鳥海山・飛島ジオパーク認定、それから国内外クルーズ船入港増加、さらには平成29年度の日本遺産北前船寄港地認定、さらには庄内空港でのLCC就航ですとか、仙台空港での国際便増便、さらには庄内空港への台湾チャーター便運航など、誘客を図るための条件や素材は大変そろってきているわけでありますけれども、観光事業を全体的に統括をして、市内に点在する観光施設素材を連携させる