1131件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

山形市議会 2020-06-19 令和 2年産業文教委員会( 6月19日 産業文教分科会・予算)

このたびの学校給食用炊飯施設建設については、強引な進め方だという印象を持っている。炊飯業者工場設備老朽化に伴う新たな施設整備という単純な話ではなく、学校給食在り方に関わる問題である。これまで、どのような議論がなされ、このような結論に至っているのか。保護者にも説明はなかったと思うがどうか。

山形市議会 2020-06-16 令和 2年 6月定例会(第2号 6月16日)

回遊性の確保や街並み整備都市再生をすべきと思うわけでございますが、どういう進め方、霞城公園整備等と合わせながら、どのように周辺整備を図ればよいのか、考え方、市長の御所見をお聞きしたいと思います。  3番目でございますが、都市計画税使途について。  目的税たる都市計画税をもって、止まることなく投資的に都市再生まちづくりを継続しなければなりません。

庄内町議会 2020-06-09 06月09日-01号

以前にも説明をいたしましたが、加藤議員がご指摘のように、そしてご存知のように、庄内町議会としてこれまで定数等調査特別委員会を設置した報告書内容、それから町が設置して検討いただいた報酬等審議会内容、そのことについても当然議論はいたしましたし、記載の部分のとおりなのですが、その部分もこれからの議会の進め方の中では、来年度に実施する定数等調査特別委員会の中で、もっとじっくり分析をして検証していこうということの

山形市議会 2020-04-23 令和 2年総務委員会( 4月23日)

鈴木善太郎委員   これからの近代都市づくりを考えた場合、発展計画との整合性進め方をもっと研究する必要があると思うがどうか。 ○企画調整部長   国は災害に強い国土をつくるため、全国の自治体に対し、強靭化計画策定を強力に求めており、強靭化計画によるまちづくりをしている自治体へは優先して補助金を配分するとしている。

鶴岡市議会 2020-03-25 03月25日-07号

次に、森林整備に関しては、災害対応も含めて早めの対応が求められているかと思うが、積み立てた基金をどのように活用するつもりかとの質疑に対し、今後森林組合から、あるいは学識経験者等で構成するアドバイザリーボードを設置して、譲与税使途方針進め方等についての意見をもらい、鶴岡市林業振興協議会における協議を経て、林業活性化森林多面的機能維持保全に資する使い道を提案したいと考えている旨の答弁がありました

天童市議会 2020-03-18 03月18日-04号

議員皆さんは、このような進め方、けじめつけ方に疑問を持たないんでしょうか。普通の市民には説明できるのでしょうか。私は説明できるものではありません。 議員は、税金が適切に使われているのかをチェックするのが第一の使命だと考えます。議員皆さん、どうか今回は反対してください。 以上で反対討論といたします。 ○山崎諭議長 以上で討論を終結いたします。

酒田市議会 2020-03-13 03月13日-05号

ただ、県担当部局受水団体との間で、その進め方について、いまだ認識を共有するまでには至っておりません。 現在、国は都道府県に対して、令和4年度末までに水道広域化推進プラン策定を求めております。庄内地区では、平成30年度に実施しました広域連携シミュレーションにおいて、昨年6月に議員の皆様にも報告済みでございますけれども、垂直・水平統合導入が最も効果的であるとの検証がなされたところでございます。

高畠町議会 2020-03-12 2020-03-12 令和2年第515回定例会第5号 本文

最後に、探究型学習進め方についてお伺いいたしします。  1番目に、平成30年度から推進されてきた、高畠小学校における山形探究型学習推進プロジェクト事業推進協力校としての活動評価と、水平展開をどのように進められるのか、お聞きいたします。  2番目に、今回改めて新学習指導要領の中に、探究型学習重点推進が指針として示されたが、それをどのように受けとめ、今後推進されるのかお聞きいたします。  

山形市議会 2020-03-11 令和 2年予算委員会( 3月11日 総務分科会・予算)

また、教育的な効果よりも経済的な効果が先に立った政策となっており、初期投資については政府が予算化するが、その後の山形市の負担を考えると、このような進め方には疑問があるため、現時点では判断を留保し、採決に当たっては退席したい、との発言がありました。  大要以上の後、議第1号の付託部分については、退席者がいる中、採決した結果、全員異議なく可決すべきものと決定いたしました。  

鶴岡市議会 2020-03-06 03月06日-03号

研修会内容といたしましては、新学習指導要領に示されたプログラミング教育の概要と進め方説明したり、実際に模擬授業を体験したりするものです。小学校でのプログラミング教育は必修となったものの、新学習指導要領の中では教科や領域、学年、授業時間数が示されているものではございません。  そこで、本市では学校での実践に当たって、次のようにプログラミング教育を進めるように提案しております。

鶴岡市議会 2020-03-05 03月05日-02号

ぜひこの辺りその地域医療を考える市民会議の位置づけとともに、これからの進め方についてお尋ねしたいと思います。  以上、よろしくお願いします。 ◎健康福祉部長白幡俊) 全世代型全対象型地域包括ケア推進プロジェクトについてお答えいたします。  初めに、全世代対象型地域包括ケアと従来の地域包括ケアとの違いはとの御質問についてお答えいたします。

庄内町議会 2020-03-05 03月05日-03号

だということがあるならばまだしも、今回の1年かけて2回でしたが、検討会でも出されたところ、ほぼ了解し均衡を図るところでまずまとまったし、見直しもなったということであれば、やはり見直しもしたと、町はデメリットというよりメリットのことを打ち出して、職員の方たちが進めていっていただければと思いますが、今回新年度でやるとなりますが、今やっている人たちの5年に1回の切り替えというか、2期目になる時期もありますし、今年度地域進め方

山形市議会 2020-03-04 令和 2年全員協議会( 3月 4日)

最後に5、今後の進め方について、今後、この方針に基づき、厚生労働省を初め、各府省連携の上、今後の状況の進展を見据えて、関係者等に所要の通知を発出するなど各対策の詳細を示していくとしている。各対策の切りかえのタイミングについては、厚生労働省の考えを受け、自治体厚生労働省と相談して判断するものとし、地域の実情に応じた最適な対策を講ずることとしている。

鶴岡市議会 2020-03-03 03月03日-01号

本市森林資源活用方向性環境譲与税によりさらに強化する点、スピードを持って対応するための進め方を伺います。  また、次年度予算には公共施設建築予算も上がっておりますが、これまでの木質バイオマスエネルギー導入決定プロセス新設予定施設における木質バイオマスエネルギー利用検討状況を伺います。