19件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

庄内町議会 2021-03-05 03月05日-04号

(1)遊休農地所有者に対し、農地中間管理機構に貸す意思があるかどうかを確認するなど、遊休農地発生防止に努めているようであるが、今後の対策をどう考えているか。 (2)遊休農地相続人の所在が不明の場合、農業委員会によって農地中間管理機構が借り入れることが可能となったが、本町の取り組みはどうか。 3、区長制度について。 

鶴岡市議会 2020-12-04 12月04日-03号

この制度でありますけれども、農地法に基づき、農業委員会農地所有者に対し農地中間管理機構協議すべきことを勧告した農業振興地域内の遊休農地対象になるものでございまして、通常農地固定資産税評価額売買価格掛ける0.55 ―― これは限界収益率でございますが ―― となっているところ、これの対象農地につきましては、この0.55を乗じないこととなりまして、結果的に通常より1.8倍の課税の評価額となるというものでございます

村山市議会 2020-09-04 09月04日-04号

その目的を達成するために、農地所有者耕作者意向の把握、中間管理機構と連携した活動を行うこととなっております。つまり新規就農者向け農地をマッチングすることも農業委員会の仕事であります。そのことを確認した上で、3つの論点から下限面積の別段面積農用地区域内外を問わず引き下げるべきだと考えます。 1つ目の理由は、新規就農者にとって50アールは妥当なのかという点です。

鶴岡市議会 2020-06-15 06月15日-04号

次に、県道たらのき代鶴岡線播磨付近環境整備草刈り等について、周辺農地所有者が自発的に年に何度も草刈りを行っております。この実態をどのように捉えているのか。 また、農地に面した県道草刈り農地所有者が従事しており、管理箇所は傾斜がきつく、草刈りは難儀を要するところが多く、危険等も感じながら作業に従事していることが当たり前のようになっている。

村山市議会 2018-09-07 09月07日-04号

農業者高齢化集積により維持する農業者が大変少なくなっておりまして、農道の草刈り作業等農地所有者地域住民にお願いして維持している状況であります。「地域地域で守る」を合言葉に地域一体で実施している状況でありますので、この主な活動について教えていただきたいと思います。 ○議長 柴田農林課長。 ◎農林課長 では、活動内容について申し上げます。 

天童市議会 2017-08-30 08月30日-02号

今、農地賃借利用集積に当たって、政府は農地中間管理事業を重視し、農地所有者地域に多額の協力金を用意して、その活用を準備しています。しかし貸し出し先を公募により決定する仕組みに農地所有者がなじめないことから、思いどおりには進んでいません。農地賃借には、農業経営基盤強化促進法に基づく利用権設定という道もあり、農地中間管理事業活用するかどうかは、関係者の話し合いと納得で決めるべきであります。 

村山市議会 2017-06-01 06月01日-02号

それで、その農地所有者のほうから、買収になれば、三角田になり耕作できないと。そうなれば、このバラ回廊道路そのもの事業には反対するというふうなことも聞こえてくるわけです。 市の事業計画には、土地改良区のほうでは全面的に協力したいというふうなことでありますけれども、農地管理をしている者としては、小さく不整形の田では誰も耕作しなくて、耕作放棄地になるのはもう見えてくるわけです。

鶴岡市議会 2014-09-24 09月24日-05号

農地所有者、農家参加を排除し、市町村長任命による少数から成る委員会に改変するとしていますが、それは独立行政委員会である農業委員会市町村長下請機関に変質させる危険性があり、容認できないものであります。 今農業の現場は、農産物価格の低落や担い手高齢化など困難を抱え、農政の転換を切実に求めております。

鶴岡市議会 2014-06-16 06月16日-03号

改革案では、市町村農業委員会公選制を廃止し、行政庁への意見建議業務から除外するなど、農地所有者、農家参加を排除し、市町村任命制で定数は半減するとしています。 それは農業者の主体性を失わせ、独立行政委員会である農業委員会市町村長下請機関に変質させるものです。農業委員が担ってきた農地利活用のあっせん、耕作放棄地不法転用監視指導など、機能が失われる可能性があります。 

天童市議会 2014-06-10 06月10日-02号

担い手への農地利用集積は、これまで農業委員による地域における農地の出し手と受け手の掘り起こしや、遊休農地所有者への意向調査など、地元に密着した活動により支えられてきたものであります。 このたび設立されました農地中間管理機構においても、農業委員会が持つ農地対策担い手対策機能を十二分に発揮していただくことが重要であると考えております。 

酒田市議会 2010-12-06 12月06日-02号

2つ目は、農業委員会役割は言うまでもなく農地法に基づき農地売買や賃貸、農地転用に対する許可、あるいは耕作放棄地解消のためのパトロールや農地所有者に対する指導など、いわゆる農地の番人としての役割があります。ある農業委員の方に伺いますと、これだけの戸数があって、これだけ減らしていいのかという思いがある、細かく農地監視ができるのかという声を伺いましたが、私も同感であります。

鶴岡市議会 2009-06-15 06月15日-04号

第2点目として、耕作放棄は一義的には農地所有者である耕作者自身の問題でありますが、担い手高齢化不在化が進んできていることや鳥獣被害拡大土地条件不利性等により努力で埋められない生産性格差があることなど担い手への農地利用集積政策だけでは難しく、農林水産省はことしの4月より耕作放棄地解消対策を継続するとともに、新たに耕作放棄地再生利用緊急対策をスタートさせております。

鶴岡市議会 2009-06-09 06月09日-01号

土地利用型の農業等について担い手農家規模拡大を行いつつ効率的な経営を実現するためには、小規模の農家高齢農家等からゆだねられる農地を面的にまとめ、担い手農家に貸し付ける取り組み、いわゆる面的集約を進める必要があり、農地集積加速化事業はこの取り組みを加速することを目的とするものでありまして、具体的には農地貸し出し手への交付金として21年度から23年度までの3年間に面的集約につながる貸し出しをした農地所有者

鶴岡市議会 2008-06-13 06月13日-03号

そのほか除草等が主になるわけでございますが、県のマイロードサポート事業で約2.1キロメートルの区間におきましては、近隣の農地所有者あるいは隣接します集落の方々の御協力をいただいているという状況でございます。それから、市道善宝寺湯野浜線につきましては、市道でございますので、点検、清掃、草刈りは直接市が対応しておるという状況にございます。  

鶴岡市議会 2005-03-07 03月07日-02号

するとしまして、遊休農地対策都道府県基本方針市町村基本構想へ位置づけること、所有者が不明の遊休農地について報告により特定遊休農地である旨の記述を可能にすること、遊休農地の借り入れ、借り受け協議対象者として、農地保有合理化法人に加え新たに市町村特定農業法人を追加すること、買い入れ、借り受け協議の不調の場合は都道府県知事調定、裁定による利用権設定をすること、遊休農地管理について市町村による農地所有者

  • 1