1376件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

庄内町議会 2021-03-05 03月05日-04号

2、遊休農地について。 (1)遊休農地所有者に対し、農地中間管理機構に貸す意思があるかどうかを確認するなど、遊休農地発生防止に努めているようであるが、今後の対策をどう考えているか。 (2)遊休農地相続人の所在が不明の場合、農業委員会によって農地中間管理機構が借り入れることが可能となったが、本町の取り組みはどうか。 3、区長制度について。 

天童市議会 2021-03-03 03月03日-03号

次に、本市遊休農地解消について申し上げます。 遊休農地解消発生防止につきましては、遊休農地解消対策事業農地リニューアル支援推進事業などを農業委員会中心となって実施をいたしております。 令和年度遊休農地解消対策事業は、事業を行う借り手農家負担を軽減し、長期間遊休化した農地等の解消拡大するため、ふるさと納税の財源を活用した補助金等増額を予定しております。

天童市議会 2021-03-02 03月02日-02号

次に、周辺農地及び景観整備について申し上げます。 農業従事者高齢化労働力不足等により、全国で遊休地の増加が懸念されております。本市では、農業委員会中心に市や関係機関が連携し各地区での調査検討会を行い、遊休農地解消発生防止に努めております。農業委員会では県外先進地視察等により、団地化を含めた遊休農地解消事業について調査研究を行っております。 

天童市議会 2021-02-26 02月26日-01号

新しく農業を専業として始める方の経営を支援するために、農地借地権設定を行った認定新規就農者に対し、賃借料の一部を助成する事業を実施します。 遊休農地解消及び発生防止を図るため、伐採や伐根、整地等を行った農地借り手整地費用を助成します。 りんごの産地を守るため、ふるさと納税を活用し、追加防除により黒星病を封じ込める病害虫被害拡大防止事業を実施します。 

酒田市議会 2020-12-16 12月16日-05号

また、農地維持周辺部のコミュニティの維持とともに密接に関わっております。今の時代、担い手不足高齢化はまさに待ったなしの段階であると思いますが、当局の認識と考えを伺います。 初めに、中項目の1問目、本市農業の現状と課題を伺います。 戦後の農地解放から始まった集落単位での家族営農から、規模拡大グループ化法人化の経過を経て現在に至っていると思います。

庄内町議会 2020-12-15 12月15日-04号

この農地に関する証明、それとも少し関係があるんですが、これ1件、ここは前から1件と入っていたからとあるのか、今1件、両方改正するのか、これを見ても分からないです。例えばその後の36号も1件につき400円も前から入っている。文言の修正がほとんどないのに、この場合はアンダーラインが入っているとどういう意味なのか。

庄内町議会 2020-12-08 12月08日-01号

6款1項農業費は、4目作物生産安定対策費で、庄内町農林水産物等災害対策事業補助金1万6,000円は、令和2年の大雨被害への対応として農薬購入事業2件分の補助分補正、23ページ、7目水田農業構造改革事業費で、過年度補助金等返還金3万円は、平成29年度機構集積協力金交付を受けていた対象者が、令和年度に貸付した畑を解約し売却したため、補助金返還分として補正、12目農地費で、過年度補助金等返還金21

鶴岡市議会 2020-12-07 12月07日-04号

この食料安全保障地域食料システムは、農地など農業生産基盤の充実だけでなく、農場から食卓の皿まで、つまり食べ残し削減の消費行動まで含まれているのではないかと私は思います。 しかし、鶴岡の農業部門の具体的な計画を策定する ―― 市長が会長になっているわけですけれども ―― 本市農業振興協議会には、加工業者あるいは流通業者、あるいは実需者のそれぞれの代表が入っておりません。

山形市議会 2020-12-04 令和 2年産業文教委員会(12月 4日 産業文教分科会・予算)

○渡辺元委員   農地農業用施設災害復旧事業について、豪雨災害が多発する中、災害復旧にかかる経費は農業者にとって大きな負担になっていると思うが、負担割合に対する考え方はどうか。 ○農村整備課長   近年、豪雨による大規模災害が発生しており、今後も災害が多発することが想定される。

村山市議会 2020-12-03 12月03日-03号

昔は里山近くに住む農家や猟師が追い払う役目を果たしてきたのですが、山里で暮らす人が減り、また機械化により農地に姿を見せる機会も減少し、動物にすれば人間の圧力が感じられなくなったように思われます。 ブナの結実は、昨年に引き続き大凶作のようです。過去にも大凶作の年は目撃情報が増加する傾向があります。山に木の実がなければ人が住むエリアに出没が多くなるでしょう。 

村山市議会 2020-11-30 11月30日-01号

款農林水産業費、1項4目農地費381万6,000円の増は、豪雨災害復旧事業に対する補助金増額などです。 説明欄の3番になりますが、国の災害復旧事業対象とならない農地や、農業用施設の小規模被害復旧に対して、県と市が事業費の2分の1を支援する補助金について、申請件数が増える見込みのため増額するものです。 30、31ページをお願いします。 

山形市議会 2020-09-28 令和 2年産業文教委員会( 9月28日)

について         (2)山形市新生活様式対応支援補助金対象業種拡大に            ついて         (3)山形プレミアム観光券について         (4)令和年度山形農業集落排水事業会計資金不足比            率について         (5)令和年度山形公設地方卸売市場事業会計資金不            足比率について         (6)農地利用最適化推進委員

山形市議会 2020-09-25 令和 2年産業文教委員会( 9月25日 産業文教分科会・予算)

農村整備課長   災害復旧後も同じ場所で耕作を続けることが1番ではあるが、近隣農地の活用など、ほかの方策についても調査研究したいと考えている。 ○須貝太郎委員   環境部とも連携し、様々な分野から今後の災害可能性を研究してほしい。また、SDGsにも森林に関わる項目があるため、国への予算要求も含め、対応していく必要があると思うがどうか。

酒田市議会 2020-09-18 09月18日-06号

森林バンクと聞くと、私なんかすぐこう農地バンクを思い出すわけなんですけれども、同じように森林もいろんな情報を集めて、いわゆる売却をしたいという方を集めて、それから売りたいという方を集めてと、こうマッチングをしていくというようなイメージなんだと思います。