運営者 Bitlet 姉妹サービス
378件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-05 高畠町議会 2018-12-05 平成30年第508回定例会第2号 本文 日本では米、麦、牛・豚肉、乳製品、砂糖の重要5項目を除き、農産物のほぼ全ての品目で関税がいずれゼロになることから、輸入品の急増に備える守りの対応に加え、海外で人気が高い和牛や果物の輸出等、農産物の輸出戦略も求められることになります。  このTPP11の経済規模は、GDP合計が世界の13%を占め、5億人の自由経済圏になると言われております。 もっと読む
2018-09-21 高畠町議会 2018-09-21 平成30年第507回定例会第3号 本文 しかし、各都道府県とも家庭用需要を志向した画一的な品種開発を目指し、外食・中食産業用や輸出用などの多様な需要に対応する品種や生産コストを下げる品種の開発にはほとんど取り組まれていない状況にあること。 もっと読む
2018-09-12 天童市議会 平成30年  9月 決算特別委員会-09月12日−03号 その他というふうなことで、自己保全管理地が98.6ヘクタール、あと加工用米、輸出用米99.1ヘクタール、土地改良通年施行、こちらが24.1ヘクタール、あと調整水田などとなっております。 ○山崎諭決算特別委員長 三宅委員。 もっと読む
2018-09-07 鶴岡市議会 平成 30年  9月 定例会-09月07日−02号 加茂港も加茂港史によれば、往時は船を所有する廻船問屋が十数軒、船を所有しない附船問屋も十数軒あり、庄内藩の海の玄関口として、時代によって品目は変わるようですが、米、清酒などを輸出し、水産物、木綿などの衣料関係品、砂糖などを輸入する港として、北前船寄港地の中でも重要な港であったわけですが、これまでこの日本遺産に加わってこなかった背景、経緯について御説明願いたいと思います。    もっと読む
2018-09-01 酒田市議会 平成30年  9月 定例会(第4回) 本市ソバ栽培振興につきましては、昨年9月定例会の一般質問でも触れさせてもらいまして、それに続くわけでありますが、本市のソバ栽培の現状を見ますと、本市基幹産業としての農業の中で、米の生産量を調整し、代替作物としての中で戦略作物として取り組む中で、みどり農協管内での本市が取り組む面積で、飼料米や輸出用米を含む加工用米がそれぞれ1,000haで、それに続く大豆が約640haであります。 もっと読む
2018-06-18 鶴岡市議会 平成 30年  6月 定例会-06月18日−03号 4つ目、稲作主体の農家にとって非主食用米の生産も所得を確保する上で重要な取り組みと考えるが、加工米、飼料米、輸出米等の非主食用米に対する財政的な支援の状況について伺います。   次に、園芸振興について伺います。この冬は大雪で、剪定作業もおくれ、大変心配されましたが、市の農道除雪支援もあり、剪定作業、防除作業とも無事に終わりました。大変ありがとうございました。 もっと読む
2018-06-13 鶴岡市議会 平成 30年  6月 定例会-06月13日−01号 日本では、人口減少によって国内市場の縮小が続いていることから、農産物の海外輸出を積極的に考えていく必要があると思います。欧米を中心に海外のスーパーではグローバルGAPの認証取得を農産物の取引条件として求めるケースが多くなっていますし、日本のようにこの野菜は安心、安全ですと口や文字で示すだけではだめであります。 もっと読む
2018-03-07 村山市議会 村山市議会 会議録 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月07日−04号 同時に、農業経営では、規模拡大や多品目、農産物輸出など複雑化している今後の農業経営には、生産工程を適切に管理するために、GAPの認証の取得は経営改善を図る上で重要な課題になっております。  GAPの認証の取得には、この課題の中で一番何といっても食品の安全、環境の保全、労働安全の3つの観点から厳格な管理を定め、生産者がその基準に合った生産工程の管理や改善を行う取り組みにあるのであります。 もっと読む
2018-03-05 村山市議会 村山市議会 会議録 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月05日−02号 米価を高値で安定したものとなる取り組みについてでありますが、まずは輸出であります。減反政策の前に、なぜ輸出の道を選択しなかったかがいまだに不思議なのでありますが、現在、米の輸出が増えている背景には、日本食、食文化がユネスコ無形文化遺産、世界遺産に登録され、世界的に日本食ブームが巻き起こっていることが米の輸出を後押ししていると言われております。   もっと読む
2018-03-05 鶴岡市議会 平成 30年  3月 定例会-03月05日−03号 まず初めに、来年度に取り組みを計画している鳥獣被害対策や輸出について、また林業などについての、その内容をお尋ねいたします。   次に、農業は観光などと同様に、本市、酒田市、そしてまた庄内町など、近隣地域が一体となった取り組みが必要と思いますが、市の見解についてお尋ねいたします。 もっと読む
2018-02-28 鶴岡市議会 平成 30年  3月 定例会-02月28日−01号 地域農産物の販売促進では、農産物の高付加価値化を図り、販路拡大を推進するため、高等教育機関などとも協力、連携しながら調査研究を進めるとともに、海外への輸出に向け、香港での市場調査への支援などに取り組んでまいります。   環境保全型農業につきましては、推進計画に基づき全市的な取組を促進するとともに、農産物認定認証事業を継続して実施します。 もっと読む
2017-12-11 鶴岡市議会 平成 29年 12月 定例会-12月11日−04号 今後は、最近の人材確保をめぐる状況や東アジアとの経済交流への対応など、外国人労働者の活用や地域産品の輸出拡大など、新たな課題も生じていることから、地域の企業や商工団体等との連携を密にしながら的確に施策を講じてまいります。    もっと読む
2017-12-05 鶴岡市議会 平成 29年 12月 定例会-12月05日−01号 また、県においても庄内地域農水産物等輸出促進会議を設置し、酒田港や庄内空港を活用した輸出拡大について検討するため、先進事例の収集や情報共有を図る動きがあり、本市としても日本貿易振興機構(ジェトロ)や山形県国際経済振興機構などの支援機関とも連携しながら海外展開支援に引き続き取り組んでまいります。    もっと読む
2017-09-19 庄内町議会 平成29年  9月 定例会(第4回)-09月19日−06号 一方、その間でございますが、農林水産省の方からは米の輸出について、2019年度に現在の10倍の10万トンにする目標を設定いたしました。国内の米需要が減り続ける中で、期待を集める米の輸出の拡大を官民挙げて取り組むということだと思います。いずれにいたしましても、本町の水田農業の根幹を左右するものであり、農業団体一体となって農政の確立を図ることが極みではないかと個人的にはこう思っております。   もっと読む
2017-09-19 鶴岡市議会 平成 29年  9月 決算特別委員会-09月19日−02号 次に、鶴岡産農産物支援輸出事業補助金に関し、イタリア・ミラノへの輸出の内容と成果、また課題をどう捉えているかとの質疑に対し、ミラノへの輸出については、鶴岡産農産物等がミラノ万博で好評を博したことを受けて、鶴岡農商工観連携推進協議会の事業として取り組んだもので、加工食材16品目をミラノのレストランに提案し、モニタリングを行った。 もっと読む
2017-09-19 鶴岡市議会 平成 29年  9月 定例会-09月19日−05号 次に、農家は収入保険制度への不安もあることから、米の直接支払交付金や日本型直接支払制度の拡充といった安定的農業が続けられる施策を強く求めているものと認識しているが、紹介議員の見解はとの質疑に対し、農業を取り巻く環境は厳しい中にあって、農家は生産過剰ぎみの米のみに頼らず、米以外の作物導入や食料用米であっても輸出などで、その生産を支えていく努力もしていかなければならない。 もっと読む
2017-09-11 高畠町議会 2017-09-11 平成29年決算特別委員会 本文 8 番(数馬治男) 216、217ページで上のほうの細目6、高畠ブランド推進経費ということで、委託料、海外輸出展開可能性調査事業ということでありますけれども、先ほどのご説明の中というか、有機栽培のつや姫の可能性を調査した事業だということですけども、その事業の中身について輸出展開の可能性がどうだったのか、そういう実績といいますか、検討といいますか、その辺のことについてお聞きしたいと思います。 もっと読む
2017-08-31 鶴岡市議会 平成 29年  9月 定例会-08月31日−02号 次に、県と航空会社、宅配業者が協定を締結し、庄内空港からの輸出に取り組んでおりますが、その利用状況、課題、今後の取り組みについて伺います。平成23年には、季節運行として東京往便の5便化が実施されましたが、やはり通年5便化や利用しやすい運行ダイヤ、大阪便の復活やLCCの誘致を望む声をよく聞きます。また、国際化の対応としてチャーター便の誘致などの取り組みと課題について伺います。    もっと読む
2017-06-19 鶴岡市議会 平成 29年  6月 定例会-06月19日−04号 ◎企画部長(高坂信司) お茶の栽培への支援ということでございますけれども、少し経過振り返りますと、松ヶ岡では開墾に当たりましてお茶の栽培にも、当時その開墾の時期ですけれども、絹と並び日本を代表する輸出品であったということもありまして、お茶の栽培にも取り組んだところでありますが、気候などの要因からだと思いますけれども、なかなか良質な製品が得られなかったと。 もっと読む
2017-06-15 鶴岡市議会 平成 29年  6月 定例会-06月15日−02号 交付金を活用した事業の一例といたしまして、重点施策の一つに位置づけておりますユネスコ食文化創造都市の高度ブランド化による観光、農業等の成長産業化といたしまして、パリでの観光プロモーションやフランスメディアを招聘してのファムトリップ、在日フランス人を対象としたモニターツアーなどのインバウンド対策、ミラノへの農産物の試験輸出などに取り組んでおります。 もっと読む