2448件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

高畠町議会 2020-03-13 2020-03-13 令和2年予算特別委員会 本文

9 番(数馬治男) 去年はいろいろエアコンの関係で、議会も含めていろいろお話をして、国の事業とかいろいろあったわけですけれども、そういうのが出なかったというのはあれなのかな、単年度で文科省も終わりにしたのかわかりませんけれども、もう少し継続してやってほしかったなというふうに思います。  

高畠町議会 2020-03-12 2020-03-12 令和2年第515回定例会第5号 本文

総務課長(冨樫雅彦) この3月定例議会に、当初予算として防災マップ見直しの予算も計上させて、提案させていただいているところです。4月すぐに発注すれば、出水期前にでき上がることは可能でございますが、実は今回の台風19号で被災した状況も含めて新しい防災マップの見直しの中に盛り込んでまいりたいというふうに思ってございます。

高畠町議会 2020-03-09 2020-03-09 令和2年第515回定例会第2号 名簿

する条例の制定について 日程第18 議第29号 高畠町附属機関設置条例の設定について 日程第19 議第30号 高畠町職員勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例の制定について 日程第20 議第31号 高畠町特別職職員給与に関する条例の一部を改正する条例の制定について 日程第21 議第32号 高畠町一般職職員給与に関する条例の一部を改正する条例の制定について 日程第22 議第33号 議会

高畠町議会 2020-03-09 2020-03-09 令和2年第515回定例会第2号 本文

本日、令和2年3月定例議会が開催されるに当たり、令和2年度における町政運営の基本的な考え方並びに主要な施策等について、私の所信を含め申し上げます。  なお、施政方針の全文につきましては、さきにお配りしております令和2年度施政方針の冊子をごらんをくださるようお願いを申し上げます。  

山形市議会 2019-12-13 令和元年総務委員会(12月13日 総務分科会・予算)

小田賢嗣、佐藤清徳、今野誠一、        石澤秀夫、鈴木善太郎、長谷川幸司 欠席委員   なし 当局出席者  総務部長、財政部長、企画調整部長消防長、職員課長 委員長席   佐藤秀明 審査事項   1 議第108号 令和元年度山形市一般会計補正予算      〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 1 議第108号 令和元年度山形市一般会計補正予算  〇歳入  〇歳出 第1款議会

山形市議会 2019-12-13 令和元年12月定例会(第4号12月13日)

次に、議第104号山形市基本構想に係る議会議決に関する条例の設定について及び議第106号山形市監査委員条例の一部改正については、当局の説明を了承し、それぞれ全員異議なく可決すべきものと決定しました。  次に、議第107号山形市公の施設に係る指定管理者の指定の手続等に関する条例の一部改正について、その主な質疑を申し上げます。  

山形市議会 2019-12-13 令和元年予算委員会(12月13日)

議第108号令和元年度山形市一般会計補正予算のうち、総務分科会の付託部分については、一委員から、一般職に対して異議はないが、議会費の議員期末手当の引き上げについては同意できないため、採決に当たっては退席したい、との発言があり、退席がある中採決した結果、全員異議なく可決すべきものと決定しました。  以上で報告を終わります。   

山形市議会 2019-12-13 令和元年環境建設委員会(12月13日)

○委員  蔵王コミュニティセンターにおいて議会報告会を実施した際、民間事業者の方から、競争入札に係る等級別格付区分はCランクであるが、工事を受注する際、A、Bランクによる工事ではないのに、提出しなければならない書類が多く、簡素化できないのか。負担が大きいため不調となるのではないか、との意見があった。工事に係る提出書類は、等級区分に関係なく統一しているのか。

山形市議会 2019-12-12 令和元年議会改革検討委員会(12月12日)

そもそも、社会で進めている女性活躍推進と議会での環境整備は結びつけるべきことであり、矛盾があってはならない。そのような内容も盛り込み、地方議会からも発信していくということにしてはどうか。 ○委員(緑政会)  三役で、各会派の意見を集約したものを示してもらい、再度、協議してはどうか。

山形市議会 2019-12-11 令和元年全員協議会(12月11日)

山形市基本構想は、平成18年12月に議会議決を得て策定したが、その後13年が経過し、その間、中核市への移行など、山形市の状況は大きく変化している。そのような状況を踏まえ、山形市では、新たな理念を盛り込むべく、山形市基本構想の変更について検討を進めている。  資料中の下線及びに網かけをしている部分が新たに追加を予定している内容となる。