38件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

天童市議会 2020-03-02 03月02日-02号

ここ最近のコロナウイルスなどの影響計画が危ぶまれておりますけれども、政府観光振興策目標として、2020年の訪日外国旅行者数を4,000万人にすることを掲げております。 人の行動や移動につきましては、現在の社会、人々の多様な価値観情報化社会の発展、少子・高齢化、そしてまた核家族など様々な影響で、移住・定住や観光行動におきましても、変化や多様化といった流れになってきております。

天童市議会 2019-12-10 12月10日-02号

本市インバウンドの動向につきましては、訪日外国旅行客の増加台湾から山形空港へのチャーター便の運航もあり、台湾を中心に年々増加しております。 また、今年の10月30日、タイから仙台空港への直行便が5年7カ月ぶりに再開されたことに加え、来年には東京オリンピックが開催されるなど、今後もインバウンド増加が期待できるところであります。 

山形市議会 2019-10-15 令和元年 9月定例会(第3号10月15日)

「国においては、明日の日本を支える観光ビジョンを掲げ、2020年には、訪日外国旅行者数を4,000万人、訪日外国旅行消費額を8兆円、地方部での外国人延べ宿泊者数を7,000万人泊という目標を定めて、観光を国の重要な戦略の柱と地方創生の切り札として位置づけ、観光先進国の実現に向けた取り組みを進めている。

鶴岡市議会 2019-09-25 09月25日-05号

私は、そのとき政府は、東京オリンピックパラリンピックを見据え、訪日外国旅行者の目標を4,000万人掲げていると。本市には可能性に満ちた観光名所が数多くあると。例えば羽黒山、善寳寺等、アメリカのアリゾナ州、またセドナのようにパワースポットとして海外に発信すれば、世界中から人を呼び込むこともできる。鶴岡庄内だけで長期滞在する価値のある一流観光拠点にすることができると。

鶴岡市議会 2019-06-07 06月07日-03号

この制度は、観光庁を窓口としている訪日外国旅行者受入環境整備緊急対策事業費補助金宿泊施設バリアフリー化促進事業でございます。平成30年度の実績といたしまして県内では16の宿泊施設補助対象となっておりまして、本市におきましては湯野浜の宿泊施設補助金を活用し、47の客室の出入り口に79カ所の手すりを設置する対応をしたと伺っているところでございます。

村山市議会 2019-03-07 03月07日-04号

訪日外国旅行者も、平成15年度は524万人だったのが平成25年には1,036万人と右肩上がりになり、平成30年は3,119万人と3,000万人を突破いたしました。 今では、東京五輪パラリンピック開催の2020年に訪日観光客を4,000万人の目標を掲げております。今後、どんどんと外国の方が日本に入って来る数字でございます。 そこで、市長にお伺いをいたします。

天童市議会 2018-06-14 06月14日-02号

2020年の東京オリンピックパラリンピックに向け、政府訪日外国旅行者を4,000万人に増やす目標を掲げていて、宿泊受け皿づくりとして期待されております。 首都圏などでは、いわゆる闇民泊の横行、民泊利用者による騒音やごみ出しなどの近隣住民とのトラブルの増加などを踏まえ、一定のルールを定めることで健全な民泊サービス普及を図ることを目的としております。 

鶴岡市議会 2017-09-04 09月04日-04号

政府は2020年までに訪日外国旅行者数を4,000万人、2030年までには6,000万人を目標にしています。庄内鶴岡は、日本遺産に登録された修験道聖地出羽三山生まれかわり聖地羽黒善宝寺など、名立たる観光名所があります。これらを国内外にパワースポットとして情報発信することにより、羽黒の宿坊や田麦俣の古民家などは、1年先まで予約のとれない宿泊施設に生まれ変わる可能性に満ちています。

山形市議会 2017-06-26 平成29年産業文教委員会( 6月26日)

中野信吾委員  │髙橋昭弘委員今野誠一委員   │ │   │丸子善弘委員          │斎藤淳一委員           │ ├───┼────────────────┼─────────────────┤ │   │【大阪府泉佐野市】       │奈良奈良市】         │ │   │外国人観光案内所拠点   │・「奈良南観光案内所」に    │ │   │ した訪日外国旅行

  • 1
  • 2