3257件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

山形市議会 2018-12-27 平成30年産業文教委員会(12月27日)

行政の判断としてどうなのかと思う。  今までの学校建設では市産材を多く使用するようにお願いしていたが、総合評価結果にはそのような項目は見受けられない。どのように考えているのか。 ○商業高等学校事務長   要求水準書の中に最低限の要求ということで県産材をできるだけ多く使用することを入れている。なお、提案書の中には、県産の木材を多く使用した教室等の内装に整備するとの文言がある。

高畠町議会 2018-12-14 2018-12-14 平成30年第508回定例会第3号 本文

主な内容といたしましては、行政職給料表を平均で0.2%引き上げるとともに、勤勉手当の支給割合を0.05月引き上げて、年間の支給割合を1.85月とするものでございます。  以上、条例改正案件2件を一括してご説明を申し上げました。よろしくご審議の上、ご可決くださいますようお願いを申し上げます。

山形市議会 2018-12-14 平成30年全員協議会(12月14日)

平成30年全員協議会(12月14日) 全員協議会   日   時   12月14日(金) 13時25分〜14時01分 場   所   第7委員会室 欠席議員    なし 当局出席者   市長、副市長、上下水道事業管理者、教育長、各部長等、         各行政委員会の事務局長 座長席     渡邊 元 報告事項    1 山形市土地開発公社に対する債務保証の状況等について         2 平成

山形市議会 2018-12-10 平成30年厚生委員会(12月10日)

多頭飼育崩壊の場合、行政から最終的にボランティア団体に対応を求められても困難である。高齢者が具合が悪くなって困っているなど、猫1匹からでもボランティア団体に話がいくようになると、団体としては助かると思う。 ○委員   必ず連絡会を条例に規定する必要があるのか。

高畠町議会 2018-12-05 2018-12-05 平成30年第508回定例会第2号 本文

この間、幾度の制度の見直しや食糧管理法の廃止など、紆余曲折を経て平成30年産から行政による生産数量目標を配分しない方式に見直しをされました。  当町においては、水稲以外の作物、具体的にはブドウやラ・フランス、サクランボ、野菜などの生産振興を進め、既存産地の拡大や新たな産地の形成を図り、農業所得の向上に寄与しており、大きな効果があったものと考えております。  

酒田市議会 2018-12-01 平成30年 12月 定例会(第5回)

しかし、事業運営や安全性・公平性の確保など行政が責任を持って行う業務については、今後とも委託によらず行政が行うべきものと考えている」としました。 そこで、民営化についての考え方についてお尋ねいたします。 次に、鶴岡市に計画されている中高一貫校についてお尋ねいたします。 鶴岡南高校と鶴岡北高校が統合して、中高一貫校とすることが計画されています。

天童市議会 2018-09-21 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月21日−資料

が記録された個人番号カード(行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律(平成25年法律第27号)第2条第7項に規定する個人番号カードをいう。)を使用して、多機能端末機(電子情報処理組織と電気通信回線により接続された民間事業者が設置する端末機で、利用者自らが必要な操作を行うことにより証明書等を自動的に交付する機能を有するものをいう。)

山形市議会 2018-09-21 平成30年厚生委員会( 9月21日)

○委員   保健衛生行政の一元化の部分で、国民健康保険加入者のデータ等を分析し、健康寿命の延伸を目指すため、シンクタンク機能の体制整備を図るとのことだが、具体的にどのような内容なのか。 ○保健所準備課長   保健医療監を中心に、データ分析を行い、市特有の傾向を見極めながらシンクタンク機能としての役割を果たしていきたいと考えている。 ○委員   外部委託は検討しているのか。

天童市議会 2018-09-21 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月21日−04号

●出席した事務局職員                          事務局長補佐(兼) 佐藤 雅   事務局長       清野正人                          議事係長        事務局長補佐(兼) 横倉ひとみ             蜂谷幸太   調査係長        庶務係長                          庶務係(兼) 村山広子   調査係行政主査

天童市議会 2018-09-18 平成30年  9月 予算特別委員会-09月18日−01号

●出席した事務局職員                          事務局長補佐(兼) 佐藤 雅   事務局長       清野正人                          議事係長        事務局長補佐(兼) 横倉ひとみ             蜂谷幸太   調査係長        庶務係長                          庶務係(兼) 村山広子   調査係行政主査

天童市議会 2018-09-14 平成30年  9月 決算特別委員会-09月14日−05号

●出席した事務局職員                          事務局長補佐(兼) 佐藤 雅   事務局長       清野正人                          議事係長        事務局長補佐(兼) 横倉ひとみ             蜂谷幸太   調査係長        庶務係長                          庶務係(兼) 村山広子   調査係行政主査

山形市議会 2018-09-14 平成30年厚生委員会( 9月14日 厚生分科会・決算)

○委員   市職員の障がい者枠の募集は行政職のみであり、障がい者が働ける環境をふやすためには、委託業者や指定管理者などでの障がい者の雇用が進むよう市全体で考えなければならない問題であり、障がい福祉課としてもかかわってほしい。次に、障がいを理由とする差別解消推進事業について、障がい者差別解消支援地域協議会を開催しているが、その成果はどうか。

天童市議会 2018-09-13 平成30年  9月 決算特別委員会-09月13日−04号

●出席した事務局職員                          事務局長補佐(兼) 佐藤 雅   事務局長       清野正人                          議事係長        事務局長補佐(兼) 横倉ひとみ             蜂谷幸太   調査係長        庶務係長                          庶務係(兼) 村山広子   調査係行政主査

天童市議会 2018-09-12 平成30年  9月 決算特別委員会-09月12日−03号

●出席した事務局職員                          事務局長補佐(兼) 佐藤 雅   事務局長       清野正人                          議事係長        事務局長補佐(兼) 横倉ひとみ             蜂谷幸太   調査係長        庶務係長                          庶務係(兼) 村山広子   調査係行政主査

高畠町議会 2018-09-12 2018-09-12 平成30年決算特別委員会 本文

上下水道課業務係長(今野寿一) システム変更の委託料につきましては、今年度から、まだ稼働していますが、本月中から置賜広域の行政組合で取りまとめて行っておりますシステムの変更がただいま進められております。水道料金のシステムです。その関係の構築費の委託料ということでなっているものがこの委託料の部分のうちに含まれているシステム変更となってございます。以上です。

高畠町議会 2018-09-11 2018-09-11 平成30年決算特別委員会 本文

婚活事業、行政でも私どもでもやった時期もありましたが、なかなか追いかけて成果を、なかなか検証できないものであります。今そういった60万円の補助金で民間の方が一生懸命なされているという部分に対して補助をして応援していきたいというような状況であります。

天童市議会 2018-09-11 平成30年  9月 決算特別委員会-09月11日−02号

番 結城義巳委員  15番 後藤和信委員  16番 山崎 諭委員 17番 石垣昭一委員  18番 鈴木照一委員  19番 伊藤護國委員 20番 水戸 保委員  21番 伊藤和子委員  ●欠席委員     なし  ●出席要求による出席者職氏名 日程所属職・氏名9月11日(火)総務部部長 遠藤 浩、地方創生推進監(兼)市長公室長 大木 真総務課課長 湯村耕司、課長補佐(職員係長)山口 淳、 課長補佐(行政係長

鶴岡市議会 2018-09-11 平成 30年  9月 定例会-09月11日−04号

例えば学校が古くなってきたことは一目でわかりますが、道路や水道管などの老朽化は、行政の担当者はわかっていても、行政全体では共有できていない、住民にとってはあって当たり前、安全で当たり前との意識が非常に強い、住民は常々リスクと隣り合わせで生きている実情をほとんど認識していないのではないかと思います。