12件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

庄内町議会 2020-06-09 06月09日-01号

総務文教厚生常任委員調査報告」 1 調査事件    ふるさと納税についての検証平成28年6月定例会報告) 2 調査目的    ふるさと納税についての意見達成状況調査し、その取り組みについて検証することとした。 3 調査経過    記載のとおりでございます。 4 検証結果  (1) 寄附金の拡大について [前回の意見]は割愛をさせていただきます。   

庄内町議会 2020-03-03 03月03日-01号

私から総務文教厚生常任委員調査報告を申し上げます。 「委員会調査報告書」 本委員会に付託された調査事件について、調査結果を別紙のとおり、庄内町議会会議規則第77条の規定により報告します。 「総務文教厚生常任委員調査報告」 1 調査事件    危機管理について 2 調査目的    記録的な集中豪雨による水害や土砂災害東日本大震災のような地震等の甚大な被害が発生している。

庄内町議会 2019-03-05 03月05日-01号

総務文教厚生常任委員調査報告 1 調査事件 がん予防について 2 調査目的 わが国では、一生のうち2人に1人はがんになるおそれがあると言われている。 本町では、がん検診受診率を高めるために、がん検診無料化を実施したことなどから、平成24年度までに受診率は格段に向上した。しかし、その後もさらなる受診率の向上を目指し、町民に勧奨してきたが、その伸び率は微増又は横ばいとなっている。 

庄内町議会 2018-06-05 06月05日-01号

総務文教厚生常任委員調査報告」 1 調査事件 婚活支援について(平成25年12月定例会報告) 2 調査目的 全国的な晩婚化未婚化は、少子化や人口減少社会の大きな原因になっている。庄内町では、「庄内婚活支援事業」「庄内街コン事業」等の事業展開を図っている。事業の進捗、及び成果について調査し、婚活支援について常任委員会報告した後の取り組みについて検証することとした。 

庄内町議会 2017-12-20 12月20日-05号

総務文教厚生常任委員会委員長(小野一晴) 定例会初日報告しました、総務文教厚生常任委員調査報告の件についてでございます。一部加筆修正をしていただきたいと思っております。 加筆修正する場所は、7ページ(5)コスト縮減についてでございます。当初は、(5)コスト縮減について、「後の事業費の増額は、事業に対する町民不信感につながる。

庄内町議会 2017-12-12 12月12日-01号

総務文教厚生常任委員調査報告」 1 調査事件 役場本庁舎工事発注について 2 調査目的 役場本庁舎工事発注は、透明性客観性競争性確保が原則である。加えて、コスト縮減と品質の確保が重要であり、地元業者受注機会確保することで、地域経済活性化に寄与することを目的調査することとした。 3 調査経過 記載のとおりでございます。 

庄内町議会 2017-06-13 06月13日-01号

鑑をめくっていただきまして、 「総務文教厚生常任委員調査報告」 1 調査事件 財政健全化について 2 調査目的 本町財政は、合併による普通交付税効果額縮減生産年齢人口減少に伴う税収減、大規模事業実施に伴う公債費高齢化に伴う扶助費等の増加など、財政健全化に向けて厳しい状況が予測されることから、将来に向け持続可能な財政運営を目指すために調査することとした。 

庄内町議会 2016-12-13 12月13日-01号

総務文教厚生常任委員調査報告」 1 調査事件 入札制度について 2 調査目的 本町入札制度は、合併以来10年間改革されていない。今後、役場庁舎の改築など大型事業を控えていることから、地元経済活性化を阻害することなく入札制度公正性透明性を高めるために調査することとした。 3 調査経過 記載のとおりでございます。 

庄内町議会 2016-06-14 06月14日-01号

総務文教厚生常任委員調査報告」 1 調査事件 ふるさと納税について 2 調査目的 本町ふるさと納税は、ふるさと応援寄附金として事業展開している。自主財源確保産業振興波及効果を高めるために調査することとした。 3 調査経過 調査経過においては、平成28年3月2日以降、中間報告以降の日程が追加されておりますので参照していただきたいと思います。 

庄内町議会 2015-09-01 09月01日-01号

総務文教厚生常任委員調査報告」 1 調査事件、2 調査目的については中間報告のとおりであります。 3 調査経過 平成27年5月29日より以降は、それ以降の日程でありますので、ご参照していただきたいと思います。 4 調査結果 [現況] [現況]においては一部、数字の部分が変更になっておりますので、その部分だけを申し上げます。 2行目の「遊休財産と判断されるものが32件」になっております。

庄内町議会 2015-06-12 06月12日-03号

また、当議会の総務文教厚生常任委員調査報告の中にもありました「元気でご長寿 4つのS」運動を合言葉に「元気でご長寿日本一まち」の実現を推進するということもしっかり書き加えられております。誠に中身の濃い、非常にすばらしい計画を作っていただいたと高く評価したいと思います。 そこで、これからなんですが、これを実践するため、町の食育推進計画との調整もあります。

庄内町議会 2015-03-03 03月03日-01号

総務文教厚生常任委員調査報告」 1 調査事件    健康寿命※の延伸について    ※健康寿命とは、健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間。 2 調査目的    本町で取り組んでいる「元気でご長寿日本一まちづくり実現のために、健康寿命延伸について調査することとした。 以下、中間報告書以後追加あるいは変更された部分についてのみ報告させていただきたいと思います。 

  • 1