412件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鶴岡市議会 2020-03-24 03月24日-06号

農業競争強化支援法が制定されたが、競争強化を目的に民間事業者に対して開発した種子やその生産に関する知見等を提供するよう明記されており、国自らが流出しやすい状況をつくっていると考える旨の答弁がありました。  質疑を終結して討論に入り、反対の討論賛成討論がそれぞれ1件ずつありました。討論を終結して採決の結果、賛成少数で不採択すべきものと決しました。  以上、御報告申し上げます。

酒田市議会 2020-03-17 03月17日-06号

それが国際競争を持ち、日本農業の生き残る道のように示されてきました。 そこで質問といたしまして、(1)農地中間管理機構農地バンク)と人・農地問題解決加速化支援事業(人・農地プラン)についてお伺いいたします。 農地中間管理機構(以降、農地バンク)は、農地を貸したい人と農地を借りたい人や団体の橋渡しとして、平成26年3月に設置された農地中間受皿的機構です。

酒田市議会 2020-03-13 03月13日-05号

項目の1点目は、「港」の物流機能により産業競争が高いまちについてであります。 代表質疑の中でも議論がありましたが、私も、酒田の経済の柱は酒田港中心とした産業競争をつけて元気であることだと思います。 私たち市民の会は、1月に東京で開催されました山形酒田港ポートセミナーin東京に出席してまいりました。

酒田市議会 2020-03-03 03月03日-03号

次に、「港」の物流機能により産業競争が高いまちについてお伺いをいたします。 トラック運転手不足トラック輸送における労働時間規制等を背景に内航海運における雑貨貨物輸送増加傾向にあると言われています。 1万t級のRORO船の場合、積載量20t程度で150台程度積載でき、大量輸送に適していますが、一方である程度の貨物量が集まらないと新たな航路設定はされにくいようであります。 

鶴岡市議会 2019-12-20 12月20日-06号

査 主 査  齋 藤 正 浩         調 査 係 主 事  白 幡 麻 実             議事日程議事日程第6号    令和元年12月20日(金曜日)第 1  議会第20号 「あおり運転」に対する厳罰化とさらなる対策強化を求める意見書提出            について              (提出者 富樫正毅議員 外3名)第 2  議会第21号 スマート農業実現による競争強化

山形市議会 2019-12-04 令和元年12月定例会(第3号12月 4日)

商工観光部長山口範夫) 計画区域内から迂回をせずに直接国道13号へ乗り入れるということは、新たな産業団地企業を誘致する際、非常に大きな競争ということになるかと思います。また、立地企業利便性も非常に高めることになるかと考えております。実現可能性については、関係部局と検討して協力しながら進めてまいりたいと考えております。 ○副議長(長谷川幸司) 中野信吾議員

鶴岡市議会 2019-09-09 09月09日-04号

その1つが(仮称)食文化創造都市鶴岡返礼品登録制度の創設でありまして、これは本市返礼品の中で特に実績の高い商品対象に質、量などをさらに高めてもらえるものを設定いたしまして、PR強化することで競争を高めていこうとするものでありまして、現在、より魅力の高い商品設定、造成に向けまして農林水産部商工観光部ほか関係専門部署と連携して調整しているところでございます。  

天童市議会 2019-08-21 08月21日-01号

県の事業採択等に伴う園芸大国やまがた産地育成支援事業費補助金及び畜産経営競争強化支援事業費補助金計上が主なものであります。 四つには、商工費増額であります。県と連携して実施するがんばる商店街応援事業費補助金計上であります。 これらの補正に係る財源としましては、国庫支出金県支出金、諸収入等を充当するものであります。 

天童市議会 2019-06-04 06月04日-02号

その後、安い外国産の木材が輸入されたことによって国産の部材は価格競争を失い、採算が合わなくなった森林は放置されてしまい、広大な荒廃林が至るところに存在するようになってきました。 

鶴岡市議会 2019-03-04 03月04日-03号

国は、競争強化輸出拡大などを柱に国内対策を措置する方針を講じておりますが、生産現場の不安や懸念は深いものがあります。日本関税撤廃率はTPP11、EPAともに全体で94%でありますが、農林水産品については82%の関税撤廃と低く抑えられています。相手国側は99%の関税撤廃率と理解しています。まずはこのことに注目すべきではないかと考えるところであります。  

山形市議会 2019-02-28 平成31年予算委員会( 2月28日)

こちらは、国内外における競争強化や将来への飛躍を目指す市内中小企業製品づくり技術導入、新たな分野への参入を支援するための補助金、また、ビジネスマッチングサポート事業費につきましては、企業販路開拓拡大を行う際の重要な役割を担う見本市等への出展を促進し、すぐれた製品技術PRすることに対する支援のための補助金を、支援枠拡大して実施するための経費など、所要額計上したものでございます。  

天童市議会 2019-02-28 02月28日-01号

同目37ページの右側、説明の欄の上の項目畜産振興一般に要する経費のうち、畜産経営競争強化支援事業費補助金増額につきましては、畜産経営体規模拡大生産性向上経営効率化のため、山口地区において機械導入等を行う事業者支援するものであります。 次に、同表中、6款1項5目農地費について申し上げます。