586件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

山形市議会 2019-03-19 平成31年 3月定例会(第5号 3月19日)

さらに、加計学園の獣医学部新設をめぐっては、国家戦略特区を担当する内閣府や当時の官房長官獣医学部の早期開学を文部科学省に促したとされる文書が明らかとなり、愛媛県今治市、加計学園幹部が2015年4月に当時の首相秘書官と面会した際、秘書官が「本件は首相案件」、「国家戦略特区の方が勢いがある」と述べたと記された同県の記録文書存在が発覚した。

山形市議会 2019-03-11 平成31年産業文教委員会( 3月11日)

スポーツ保健課長  国のガイドラインには、スポーツ医・科学の見地から、トレーニング効果を得るためには、休養を適正にとることが必要であること、過度な練習がスポーツ障害、外傷リスクを高め、必ずしも体力、運動能力の向上にはつながらないと明記されている。また、部活動においても、より効率的、効果的な内容を考えながら行うということがガイドラインの内容になっている。

高畠町議会 2019-03-08 2019-03-08 平成31年第509回定例会第4号 本文

また、文部科学省は小中学校への持ち込みは原則禁止しておりますが、現状はどうなのか。使用するに当たっての注意などは指導されているのか。また、「スマホ禁止緩和検討」の記事も最近載っておりました。今後の対応など、お伺いいたします。  次に、LINEやFacebook、TwitterなどのSNSの使用率などを把握されているのかもお伺いします。  

高畠町議会 2019-03-07 2019-03-07 平成31年第509回定例会第3号 本文

そして、文部科学大臣も、これは文部科学大臣しょっちゅうかわるのでわかりません、これは2年前ですか、馳文科相は、4月20日に記者会見で、成績を上げるため過去問題の練習を授業でやっていたなら本末転倒と、点数を競争するための調査ではないと発言して、過去問の実施を授業に優先してやるべきじゃないという見解を出しました。私は、文科省だってはっきり事実をつかんで各学校までおろしているわけです。

山形市議会 2019-03-06 平成31年厚生委員会( 3月 6日 厚生分科会・予算)

保健所準備課長  村山保健所で行ってきた業務を引き継ぐとともに、シンクタンク機能として、市の保健統計データ等を科学的に分析し、市民健康寿命延伸が図られる政策立案を行っていくことを考えている。 ○委員  市民向けの公開講座を開催するなど、市民健康増進に対する取り組みはどのようなものを考えているのか。 ○保健所準備課長  市民健康につながるようなセミナーなども開催していきたいと考えている。

山形市議会 2019-03-01 平成31年産業文教委員会( 3月 1日 産業文教分科会・予算)

教育委員会管理課長  毎年、文部科学省の予算の中で、対象となる工事への交付金として行っているもので、今回は防災機能強化対策という意味合いから、前倒しでの対応となっている。 ○委員  3~4年前までは、築年数に応じて順次建てかえを検討していくという方針を何度も聞いてきたが、ここ一、二年は、築年数にかかわらず修繕で長寿命化していく方針になっている。

山形市議会 2019-03-01 平成31年総務委員会( 3月 1日 総務分科会・予算)

補助対象となる事業費、文部科学省の場合は3分の1が多く、足りない部分については、一定割合で起債も認められる。補助も起債も認められる範囲で予算計上している。国の補正予算では、緊急性があるものについては、一定割合しか認められない起債が、対象となるものの100%起こしてよい状況である。学校関係の補助金については、計上した額の内示があった。補助が決まれば、計上している額で起債の手続を行っていく。

山形市議会 2019-02-28 平成31年予算委員会( 2月28日)

全国的には先ほど武田委員がおっしゃったように、国民健康基礎調査の中でアンケート方式で、自分が自立しているといった期間を捉えて健康寿命と言っている例が多いのですけれども、やはりそれでは科学的ではないだろうということでございますので、山形市のスクスク(SUKSK)生活の推進のための指標としては、科学的に検証ができる、要介護2以上の方について健康でないといった指標をこれからも続けていきたいと考えております

山形市議会 2019-02-27 平成31年 3月定例会(第3号 2月27日)

先日、文部科学省のほうに、我々翔政会で勉強会に行ってきたのですが、国の方針といたしましては、幼児教育の無償化を少子化対策の一環として捉えていますが、山形市としては、少子化対策としての成果をどのように捉えているのかお伺いしたいと思います。  3点目は、負担軽減額の有効活用についてであります。  

山形市議会 2019-02-26 平成31年 3月定例会(第2号 2月26日)

それに伴い、文部科学省からも都道府県教育委員会等に対して別途通知が行われました。  教育長にお尋ねいたします。  通知発令後、山形県からはどのような指導があったのでしょうか。山形市も4月からこの通知に該当する中核市に移行します。山形市主体となってこの問題に取り組めますが、山形市としてこれからどのように取り組んでいかれるのか市長と教育長の御所見をお聞かせください。  

高畠町議会 2018-09-07 2018-09-07 平成30年第507回定例会第2号 本文

熱中症予防策として、文部科学省や山形県教育庁、学校保険を所管する日本スポーツ振興センターより熱中症指数計による運動指針が示されておりますので、各学校では、この指針を基本とする熱中症対策マニュアルを作成し、野外活動や外遊び、部活動の中止といった判断基準のもと対応しているところでございます。  

高畠町議会 2018-06-15 2018-06-15 平成30年第506回定例会第3号 本文

また、議員の皆さんも既にご案内のことと思いますが、本年3月、二井宿地区公民館が、文部科学大臣による「優良公民館」として表彰されました。  日ごろの体験活動や多世代交流事業、スポーツ振興事業などのさまざまな活動を行っていることが評価されたものと思い、その活動に改めて敬意を表したいと思います。  

庄内町議会 2018-06-07 平成30年  6月 定例会(第3回)-06月07日−03号

文部科学省の方から「内申書には記載せず」と明記されておりましたので、道徳授業については、高校進学については一切そこには記録が残らないということですので、評価には入らないということで付け加えさせていただきたいと思います。  今お話があった評価については、正直なところ、まだ今年の夏休み前の通知表が一番最初の実演となります。

高畠町議会 2018-06-06 2018-06-06 平成30年第506回定例会第2号 本文

4つ目は、総理のご意向と書かれていた文部科学省から出された文書が怪文書だと。しかし、これもあったことをないとすることはできないという前川次官でしたか、そのことによって政府も認めたと。5つ目は、首相補佐官でしたか、綾瀬さんという人が昨年度、国会に呼ばれて愛媛県の関係者とは会った記憶がないと。この間、5月、先月ですか、国会に呼ばれて、いや、実際は3回会ったと。首相官邸で会ったと。

庄内町議会 2018-06-06 平成30年  6月 定例会(第3回)-06月06日−02号

平成25年11月に政府インフラ長寿命化基本計画が策定され、平成27年3月には文部科学省所管施設等の長寿命化に向けた取り組みを推進するため、文部科学省としての行動計画が策定されました。その行動計画では、一連の必要施策の取り組みに一定の目処をつけるため、ロードマップとして、教育施設等の長寿命化計画策定の対象期間平成32年度までとしております。