125件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

庄内町議会 2018-06-06 平成30年  6月 定例会(第3回)-06月06日−02号

幹部らと協議した結果、直接重機による水路からの排雪をするしか方法がないとの判断に至りまして、近くの現場事務所に置いてありました建設会社の重機を借りて、社員である消防団員が第2種苗センター事務所付近の水路から雪の排除を行いました。夜8時半、その結果、水位上昇がないことの判断に至ったことから、解散をしております。  

庄内町議会 2018-03-15 平成30年  3月 予算特別委員会-03月15日−04号

その際、現実では、種苗センターに今お勤めの社員の方々での対応は人数的に厳しいというようなお話もございましたので、委託料には人件費的なところも見ておりますので、その予算と、また種苗センターの施設、体制、そういったことを踏まえながら、関係機関とより良い方向を調整していきたいと考えております。

庄内町議会 2018-03-07 平成30年  3月 定例会(第2回)-03月07日−02号

また、これを達成するための各種施策として、若者の正規社員化を進める、地方大学定員増加や交付金の増額を行う、女性が活躍しやすくなるための保育環境の改善や負担の軽減を図る、地域公共交通網形成や地方創生交付金を確保し、地方にあった事業の推進を図ることなどに予算を計上しています。  さて、本町は、合併から14年目を迎える事となりました。

天童市議会 2018-03-06 平成30年  3月 定例会(第5回)-03月06日−03号

また、先ほど質問の中でも言ったんですけれども、派遣社員になっていて、住居付きの派遣社員というのも、天童市の場合、大きい会社がありますので、大分いらっしゃるようです。そういった方々が、もう雇い止めという形で、あとはいいですよというふうに切られた場合に、アパートを出てくださいというふうに言われると。そういったことがありますが、そういった相談というのは、市のほうには来ているでしょうか。

天童市議会 2017-12-08 平成29年 12月 定例会(第4回)-12月08日−03号

今の社会情勢は雇用形態が複雑で、臨時職員、パート職員、派遣社員などとして働いている保護者は、子どもが急にぐあいが悪くなったときに、急に休むことにより雇用に対する不安を常に抱きながらも、子どものためにはどんなことがあっても休んで迎えに行くのが当たり前の社会でした。  しかし、核家族世帯の増加や共働き世帯の増加などの理由によって、急に会社を休むことができない立場の人も多くいることが予想されます。  

庄内町議会 2017-12-01 平成29年 12月 全員協議会-12月01日−01号

これが、3社JVとして、3社全部地元だったとしても、庄内町の町民以外の社員もいらっしゃるでしょうから、当然100%にはならないわけです。先程の、地元業者、要は町外の鶴岡市や酒田市では、なかなか本社機能がない企業は入りづらい。ただ、わが町の場合は、本社機能がなくても入れる状況になっているので、ある意味不公平ではないかということは毎年要望いただいていることは理解しております。

庄内町議会 2017-09-07 平成29年  9月 定例会(第4回)-09月07日−03号

ただ、迎えの時間なども考慮すると、今まで通り余目ではできたのですが、鶴岡市に通って正社員として働くのは難しいということで相談を受けたことがあります。特に若年層、こういった子育て世代の20代から40代前半ぐらいまでの方々は、やはり子育てのことを考えると、できれば近くで働きたいという要望は多くあるはずです。  

庄内町議会 2017-06-16 平成29年  6月 定例会(第3回)-06月16日−03号

私の経験上でいきますと、そこの工場に出入りするときは、部品の納入なんですが、車も専用の車でなければいけないだとか、あとは、直接納入する場所に入っていけなくて、その工場とはまったく別、原材料の保管しているところとまったく別の厚生棟という別棟があって、社員もみんなそこに最初入るんです。

天童市議会 2017-06-15 平成29年  6月 定例会(第2回)-06月15日−02号

民間では労働契約法などが改正され、有期雇用を無期雇用に転換できる仕組みや正社員への登用制度がつくられているところであります。  この5月に地方公務員法改正案が国会で可決され、地方自治体で働く非正規公務員会計年度任用職員という新たな仕組みが導入されることになりますが、市としての考え方について質問いたします。  

庄内町議会 2017-03-21 平成29年  3月 定例会(第1回)-03月21日−06号

その結果、正規職員の採用を控え、派遣社員やパート社員による就労が増大しております。本町においても、合併当時は約300人の職員がおりましたが、現在は250人前後になっております。  そのことは、合併効果行政改革を進めてきた当然の推移と考えておりますが、反面、嘱託職員や臨時、パート職員の就労も増加しました。

庄内町議会 2017-03-15 平成29年  3月 予算特別委員会-03月15日−03号

また、このBIMセンターの中で新規に採用した方、それから既存社員の方も含めて、BIMに関する技術の習得ですとか研修なんかを受けながら、実際にOJT、それから業務を請け負いながら技術の研鑽に努めているところでございまして、また、この事業の中で交流の部分といったところでございますが、平成28年度には2回ほど、東京で大手、準大手ゼネコン関係者、設備工事会社、あとはBIMのソフト会社、それからITベンダー、

庄内町議会 2016-09-08 平成28年  9月 定例会(第6回)-09月08日−03号

◆14番(上野幸美議員) 具体的に、減収になる部分ということについてもそうですが、現実的に、町立の保育園に聞きましたら、民営化ですくすく保育園や余目保育園を委託したときに、正社員で迎えるからということで町立の方からはかなりそちらの方に移行した人たちもいたということでありました。

天童市議会 2016-03-07 平成28年  3月 定例会(第7回)-03月07日−03号

あるいは外食の社員食堂とか何とかでは使えないという話も聞いているわけでございまして、そういうふうな農業産業、あるいはまた、将棋駒もそうですけれども、あるいは天童木工さんのものづくり大賞をいただいているわけですけれども、この前、天童木工さんにお邪魔したら、もう各県から材木送ってよこして、例えばその木でテーブルをつくってくれとか、いろいろな、今要望が来ているんだと。

庄内町議会 2016-03-03 平成28年  3月 定例会(第2回)-03月03日−03号

町内の業者であることや、あるいは正社員として1年以上雇用すること、あるいは賃金を遅滞なく支払うこと、そして税の滞納をしていない事業所であることなど、いくつかその条件がつくとは思いますが、雇用の場の確保、戻ってくるにはこれが非常に大事でありますから、ですから、新たに正規雇用した町内の業者に対して、事業所に対して、これも仮称でありますが、雇用促進奨励金、この交付が検討できないだろうかと考えたところでありますが

庄内町議会 2015-09-03 平成27年  9月 定例会(第3回)-09月03日−03号

民間は自分たちで決められるというところもあるのかもしれませんが、町が少子化対策として一番推し進めなければならないのは、やはり子どもが産める状態にありながら、そういう整備をきちんと周知して、これだけ非正規職員の中で、町の嘱託職員に限ればですが73人、臨時職員が15人でパート社員が113人です。合計で201人のうち女の人が171人いるんです。