216件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

山形市議会 2019-03-11 平成31年環境建設委員会( 3月11日)

社会保険への加入は最低限必要なことであるが、業界側の考えはどうか。 ○管理住宅課長  市としても重要な事項と考えている。業界側も社会の常識として取り組むべきものと認識しており、将来的には評価対象として対応できると考えている。  (4)豪雪への対応について  道路維持課長から、別紙資料に基づき報告があった。

山形市議会 2019-02-27 平成31年 3月定例会(第3号 2月27日)

さらに、就労者は新たな所得税や社会保険料を納めるようになり、それまでの税金を使う人から税金を納める人に変化するという、行政にとってもすばらしい利点があります。また、ほかの事例の中で参考に申し上げますが、がん検診受診者の向上という成果を目的とした場合、SIBは早期発見者が増加するという点では医療費が抑制されるという利点が発生します。

山形市議会 2019-02-26 平成31年 3月定例会(第2号 2月26日)

このような日々変化する医療の中で、その医療の公定価格である診療報酬については、多くは国の中央社会保険医療議会(中医協)、あるいは国会で論じられ、その専門性やわかりづらさから地方議会で論ぜられることは極めて少ない現状であります。当山形市は、この4月より中核市となり、地域医療への責任以前に比べて格段に増すということもあり、今回あえて、市長へ見解をお伺いいたしますのでよろしくお願い申し上げます。  

庄内町議会 2018-09-05 平成30年  9月 定例会(第5回)-09月05日−02号

今後予定されています大型事業や社会保険関係費の増加等により将来の負担が年々大きくなっていくことから、各種施策の精査を的確に行い、効果的・効率的な財政運営に努めていただきたいと考えております。  国民健康保険特別会計他5特別会計の歳入歳出決算は、それぞれ黒字決算となっておりまして、事業内容も目的別に適切であったと認めたところでございます。

小国町議会 2018-09-05 平成30年第6回定例会(第1日) 本文 2018-09-05

今回の補正は、前年度退職者医療交付金について、実績に基づき社会保険診療報酬支払基金への精算返還が生じましたので、所要額を措置しました。  歳入につきましては、前年度繰越金を計上し、収支の均衡を図りました。  続いて、議第58号「平成30年度小国町下水道事業特別会計補正予算(第2号)案について」御説明申し上げます。  

庄内町議会 2018-09-04 平成30年  9月 定例会(第5回)-09月04日−01号

2項徴税費は1目税務総務費で、納税相談員の8月からの産前産後休暇取得により納税相談員報酬76万7,000円、一般職員分社会保険料等12万2,000円をそれぞれ減額するものでございます。また、申告相談の補助として、11月から3月まで臨時職員を配置するため臨時職員社会保険料11万7,000円、一般事務賃金75万円をそれぞれ追加するものでございます。

庄内町議会 2018-06-05 平成30年  6月 定例会(第3回)-06月05日−01号

8目地域振興費は、立川地域観光振興係で臨時職員の配置を予定しておりましたが、正職員が配置となったことから、4節共済費から臨時職員社会保険料等32万4,000円、7節賃金から一般事務賃金178万3,000円をそれぞれ減額するものでございます。8節報償費は、新規事業として、庄内町移住世帯向けの食の支援事業に係る経費として、記念品等13万円を追加するものでございます。

庄内町議会 2018-03-15 平成30年  3月 予算特別委員会-03月15日−04号

平成30年度の被保険者数は3,077世帯ですが、平成29年度と比較すると92世帯の減でありますが、1人ずつ保険には入っていなければならないわけですが、これは社会保険などに移った方が多くなったせいなのか。分析をされているのかお伺いいたします。  また、軽減対象者7割・5割・2割の対象者は、それぞれ何世帯で積算されているのかをお伺いいたします。

庄内町議会 2018-03-07 平成30年  3月 定例会(第2回)-03月07日−02号

1款総務費につきましては、1項1目一般管理費において、平成30年度からは被保険者証の更新をこれまでよりも1ヵ月早い、8月1日に行うために5時間パート職員を2ヶ月間雇用する費用として、報酬と社会保険料等を合わせて25万円を新たに計上してございます。  なお、この全額は県から交付される見込みのものでございます。  13・14ページをお開き願います。  

小国町議会 2018-03-07 平成30年第3回定例会(第2日) 本文 2018-03-07

社会保険国民健康保険であったり、ほかの健康保険組合であったり、後期高齢者保険であったりというような、3体ありますけれども、なかなかやっぱり若い方々、また国民健康保険の方々というのはほかの病院に行っているような傾向がございます。ただ、後期高齢者の場合ですとほとんど町立病院を受診されているというような傾向が見て取れると考えております。

山形市議会 2017-09-27 平成29年予算委員会( 9月27日)

次に、委員から、放課後児童支援員等に係る処遇改善事業費補助金について、研修に対する補助ではなく、人件費の補助なのか、との質疑があり、当局から、今回の補助金は人件費と社会保険料に充当できることになっている、との答弁がありました。  次に、委員から、どれくらいの人が補助を受けられるのか。臨時職員の方も対象になるのか、との質疑があり、当局から、想定している放課後児童支援員の人数は164人である。

山形市議会 2017-09-22 平成29年厚生委員会( 9月22日 厚生分科会・予算)

○こども福祉課長   今回の補助金は人件費と社会保険料に充当できることになっている。 ○委員   ほとんどの方がこれから研修を受けるのか。 ○こども福祉課長   研修は、県が主体となって実施しており、これを受講している指導員がいる。これまでの研修受講実績や指導員の経験年数によって補助基準が変わることになる。 ○委員   どれくらいの人が補助を受けられるのか。また、臨時職員も対象になるのか。

庄内町議会 2017-09-14 平成29年  9月 決算特別委員会-09月14日−04号

この内訳としましては、ご本人にお支払いする給与等の金額に、雇用主側が負担をしなければならない社会保険料、また厚生福利費等を含んだ金額がすべて対象になるという金額でございます。なお、対象者数につきましては、2園合わせまして3名分ということで積算されております。 ○決算特別委員会委員長 小野一晴委員、よろしいでしょうか。

庄内町議会 2017-09-11 平成29年  9月 定例会(第4回)-09月11日−05号

民間では社会保険なり、いろんな待遇も改善しながら、何とか雇用といいますか、求人を確保したい、こういう形になっております。  ですから、まずは環境が違っているというふうなことが一点ありますし、それから本町の仕事のやり方というものも、今国の方も働き方の改革ということで、いろいろな考え方をしております。

高畠町議会 2017-09-06 2017-09-06 平成29年第502回定例会第2号 本文

指導員の給与については、固定給である月給と時給の方がおり、社会保険と労災保険についても加入、未加入と分かれております。雇用保険については全指導員が加入しております。  議員のご質問にもありましたが、指導員の知識技術の向上、さらに資格研修を終了した専門性などを鑑み、運営委員会の運営状況や今後の計画等と照らし合わせ、保護者会や運営委員会とともに検討させていただきたいと考えております。